肉欲企画。

twitterやってます。

2006年04月26日

2006年04月25日

ブログの女王〜第一回ベストブログコンテスト〜

目指せ賞金100万円!
書籍デビューのチャンスも!

shiromaru.jpg



続きを読む
posted by 肉欲さん at 19:13 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

コメントの多い日記

普段は大して気にしないんですが、たまにブログを眺めながら

「やっぱたまにはコメントとかドカンと欲しいよな」

と乙女のように思うこともあるんですよ。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 12:05 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月24日

ホールインワン

ミスアメリカ:ケンタッキーの20歳女子大生に栄冠


20060425k0000m030001000p_size6.jpg

続きを読む
posted by 肉欲さん at 18:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

生協の白石さん

現在、ブログ界隈のトップに君臨する『生協の白石さん』。
なんでも書籍化までしたらしいですね。
すごいことだと思います。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 10:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月23日

おススメの記事集

どうも。気付いたらブログ始めて1年半とか経過してて色々日記がたまってきました。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 21:07 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月22日

夢 で、 会いま しょう

いやー焦った焦った。さっき自分のブログの方を見たらなんか12000HITしててね、ホント驚きのあまり陰毛がゴッソリ抜け落ちるかと思ったよ。陰毛にアデランスイブモアしなきゃなんなくなるところだったよ。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 19:48 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月19日

診療所の昼下がり

こうまでハイテク化した社会の中で、あえてAVをレンタルする必要性なんて全くないじゃないですか。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月18日

N/YOU

この間健康診断があったんです。
久しく健康診断なんて受けていなかったので、まあ一つ戯れに受けてみますかってことで参加しました。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 20:07 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月16日

肉欲悩み相談室

今日はひとつ悩み相談にでも乗ろうかな。お前何様だよ、と思う向きもありましょうが、その意見に対しては一言、ごめんなさいと申し上げるにとどめておきましょう。うひょひょ。
続きを読む
posted by 肉欲さん at 16:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月08日

セレモニア

先日、大学院の入学式だったんですよ。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 22:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月05日

夜のウィンドサーフィン

街を歩いていると時々チャリンコで二人乗りしているカップルを見掛けるじゃないですか。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 18:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月31日

乳輪

諸事情あって鹿児島に引っ越しました。というわけでどうもこんにちは。鹿児島からハッサク!(鹿児島の方言で『乳輪大好き!』の意味です)

続きを読む
posted by 肉欲さん at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月09日

世界まる見え無修正!

時間の濃度がどんどん薄くなっていく日々。

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。そんな無内容な言葉を無批判に受け入れることに馴れてしまった我々。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 10:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月06日

プレミアム

バカの大足、と言いますが僕もご他聞に漏れず大足で、それどころか手まで大きく、更に悪いことに視力まですこぶる良い、だなんておよそバカたり得る要素をフルスペックで搭載しております。バカの申し子。

とりわけ視力は2.0だとか言う前人未到のアンビリーバブルな数値をマークしており、おかげで眼鏡・コンタクトとは無縁の生活を過ごしております。

お分かりの通り、眼鏡やコンタクトというのは存在それ自体にエロスがモンマリと内包されている訳で、だからそれらと無縁の生活を送っているというのはとりもなおさずエロスを放棄している、ということになります。こんなにエロい僕なのに。

一応説明しておきますと、まず眼鏡ですが、近年は『眼鏡萌え』などという巨大なマーケットが構築されているそうです。瞳に移るは街行くある男性。その彼に、理知的に装着されている黒ぶち眼鏡。なんてジーニアス…。素敵!濡れる!抱いて抱き締めて!およそこんなところでしょうか。ハッキリ言って不潔ですが、でもこれがエロス。

また、僕は見たことがありませんが、世にはびこる女教師モノのAV、あれだって女優さんは皆眼鏡を掛けてますよね。

眼鏡を掛けた女教師が颯爽と登場。アラ田中くん、これは何かしら、タンジェントかしらねえ、ち、違います先生、それは僕のコサインなんです…!お黙りこのふにゃふにゃベクトル野郎!あふぅ!三角関数ぅぅ!!

およそこんなところでしょうか。不潔ですが、でもこれがエロス。


次はコンタクトレンズですが、これは装着時よりもむしろ落とした時が重要です。

おもむろにコンタクトを落とす彼。困ったなあどうしよう。アラお兄さん、どうなすったの?いやコンタクトを落としまして。アラアラそれは大変、手伝ってあげるわ。あっ、これじゃないかしら?あっ、これです!ありがとうございます。お礼にお食事にでも行きましょう!→おもむろにセックス

とかまあ、こんなところでしょうか。ハッキリ言って不潔ですが、でもこれがエロス。


非常にざっくばらんな説明でしたがお分かり頂けましたでしょうか。つまり眼鏡、コンタクトはすこぶるエロスでして、『人を見たら泥棒と思え』という言葉がありますが、これからは『眼鏡を見たら変態と思え』、この言葉を標榜していきましょう。








私信

一昨日眼鏡を買いました(^O^)
posted by 肉欲さん at 16:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月02日

肉チキン

中野の家から電車に乗ると、刹那、チキンの香ばしい匂いが鼻腔を貫き、おや、ここはビュッフェかな?と思った。

しかし電車界の頭領、ドンである新幹線からも食堂車が放逐されている昨今、こんな都会のいち私鉄、丸の内線にビュッフェなど存在しないことは自明で、じゃあこの匂いは一体?と小首をかしげながら左を見ると女子高生、アダルトビデオ風に言うと女子校生、が座席にモンマリと腰掛けチキンを食らっていた。実に豪放に。その隣では中心部にマグロかなにかを加工した具の入った握り飯を食べている女児がいた。その隣の婦女は何も食べてなかった。

僕はこれを眺めながら考えた。

チキンと言えばまあ聞こえはいいけれど、実態としては獣の屍肉なわけで、それをこんな開かれた場所でかつ食らいかつ飲み込むなんていうのは、これは危険思想の人なのかな?

確かに近年、女児のモラル低下が嘆かれ始めて久しく、特に指摘されるのは電車での化粧。これに対して僕は別段否定的感情は持ってないのですが、冷静な考察を与えるとすれば化粧をする姿を晒すというのは変身の課程を外に向かってオープンするということで、これは非常にまずい。

というのも往年のヒーロー・スーパーマンなどはその変身する姿を秘して公せずというポリシーを一貫させており、その為にどうしたかというと彼はヒーローであるにも関わらず場末の電話ボックスなどでコソコソと着替える、などの苦難の時を経てようやくと華々しく活躍する、というのが定型だった。

また往年の名作・タイガーマスクでも同様のポリシー、いやことによると更に上を行く熾烈な変身意識が作品を支配しており、彼は終生その虎を模したマスクを外さなかった、どころか死に際してもマスクを着けていたところ、

『このまま絶命してはタイガーマスクは自分だとバレバレちゃうかな』

と思い最後の力を以て脱マスク、川に放り投げて子供の夢を守ったのである。

このように変身へは多大なる労力と職業意識が求められるのだけど、翻って彼女たち。電車という衆人環境で臆面もなくメーク、これは言うまでもなく返信への冒涜で、例えばスーパーマンの中の人がバレバレっていう状況と同じっていうか、人々はスーパーマンの正体が分からないからこそ

『お願い!スーパーマン!!』

とある意味偶像崇拝的な感情を抱くところ、スーパーマンが寸暇を惜しんで電話ボックスで着替えるのは面倒だから、ちょっとマックで着替えよう、なんて思ったが最後である。僅かの手間を惜しんだばかりに、スーパーマンはその中身がTOTOに勤める田中さんだと露見し、まあ田中さんってのは小遣い3000円の平均的なヒラリーマンで、尊厳なんてものは微塵も残されてない中肉中背の彼のことで、だから一般の方々はマックから出て来たスーパーマンを見て一言、ああ田中じゃん、くらいの感慨を抱くに止どまるのはもとより、かつては憂事に際して

『お願い!スーパーマン!!』

と登場を嘱望された彼も、田中ってバレてるので事件が起こったら

『何しよるんなら。はよ来いや田中』

と、その扱いは学級の生きもの係よりぞんざいになり、つまりかつての崇拝は全くなくなるのです。電話ボックスを面倒くさがったがばかりに。

だから電車で化粧をするってのはこれと同じ結果を招きかねない、ということを言いたかったのですが果たしてこれが冒頭のチキンのくだりとどう繋がるのかと言えば、そりゃむしろこっちが教えて欲しいくらいです。
posted by 肉欲さん at 13:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月26日

肉弾セックス

今日のこと。

本日もまた居酒屋にてバイトだったのですが、突如店に闖入者がやって来て焦った。

後々にそれは客だと分かったんですが、何が驚いたかってその人の顔がバッファローとシーモンキーを足して20で掛けたような途方もない顔面でして、また一体いかなる禍事か、その顔面を搭載しているバディーは震えるほどマッシブで、おそらくかつての横綱・曙くらいでしたらかるーく撲殺できそうなくらいスーパータフな体だったんですよ。
しかも、それがまあ、女性でしてね。


差別的であることは多分に理解はしておりますが、しかし理性を超えた部分、つまり本能において僕は彼女に恐怖した。
おいおい、人間最終兵器みたいな女だな、と思いながら僕はブルブルと震えつつ、その人、生物学上はおそらくヒト科のメスにギリギリ分類されるであろう彼女に、焼酎の緑茶割りなんかを持ってったんですよ。


したらなんか会話が聞こえてくるので、ほう、こいつ人語を解するか、なんて思いながら耳をそばだてるとどうもなんかセックスの話をしてるんですね。変な棒入れる方のアレ。

いや、別に僕はセックスに対して否定的感情はないし、ていうかむしろ好意的には捉えておりますけど、まあ仮にこの女性をケメ子としたところ、どう考えてもケメ子とセックスには接点がなさそうな雰囲気っていうか、たとえて言うなら紀宮さまが公式会見で


『あー、早くシャブ打ちてえ』


なんて皇室スマイルでおっしゃる、それぐらいの衝撃があったのですよ。

というのも、僕としてもケメ子が実際になにがしかの動物と対戦、もといセックスする場面を想像してみたんですが、まあその想像された絵ってのが良く形容しても『セックス』じゃなくて『交尾』だった。『種付け』とかそんな感じだった。もっと正直に言わせてもらえれば、あんたPRIDEですよPRIDE。まさに超獣決戦。戦いのワンダーランド。

そんな戦闘民族みたいな人が、いやむしろ世紀末覇者みたいな人がセックスの話をしている、しかも内容としては


『あたしも昔はバリバリセックスやってたわー』


だなんて内容なんだよ。思わず、おや今日は四月一日かな?とカレンダーをめくって暦を確認せずにはいられないくらいアバンギャルドなんだよ。

その後もケメ子は猛然とした勢いでセックスの話をベムベラベロと続けていたのですが、さすがに周りにいた客の存在を勘案すると気恥ずかしくなったのか、壊れた拡声器のように喋っていたのが少しトーンダウンし、ケメ子は突如としてセックスのことを


『にゃんにゃん』


だとか呼び始めたのだから始末に負えない。細木数子を73発殴って素肌にヒ素を塗りたくったような悲壮な顔面のケメ子。それが突如として


『あー、しばらくにゃんにゃんしてないなー☆』


ですからね。僕にはその言葉がマントラに聞こえたよ。ほんとイメージにそぐわないというか、JAROを呼びたくなるというか、ケメ子の野郎一見して


『週末の楽しみは猪を素手で捕まることです!』


みたいな範馬勇次郎ばりのオーラを漂わせておきながら、臆面もなく

『にゃんにゃんしたいなー☆』

ですからね。あまりの衝撃に鼓膜がアビスに吸い込まれるかと思ったぜ。


でもまあフリーセックスの時代だし、そういうのもアリかなー、いくらケメ子といえなー、なんて思いながら5杯目の焼酎緑茶割りをケメ子のところに持って行きつつ、ふと目を下の方にやったんです。

するとまあローライズだかローションプレイだかは知りませんが、最近流行のそんなズボンを着用した代償ですか、ケメ子のケツが、いやケツというか臀部?が、モロリと外界に向かってアウトブレイクしていた。その光景に思わず朝青龍を想起した僕は、動悸息切れなどの深刻な疾患に襲われ、健全にバイトすることもままならない、今日はそんな一日でした。
posted by 肉欲さん at 01:48 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月10日

魔都 島根

島根と言えば蕎麦、それも出雲蕎麦がとみに有名ですが、せっかくのことですので本日は午めしに出雲蕎麦を食べに行きました( ^ω^)

頼んだのは

湯であげ蕎麦 \500

という代物で、蕎麦にしちゃ高いといった印象でしたが、出雲ですし仕方ありません。

それなりに美味しかったのですが、なんかゆっくり楽しめなかったっていうか、隣りに座ってたおっさんが贔屓目に見ても、色んなものを差し引いて見ても、まあキチガイの人だったんです。

確認しますが僕の入ったのは完膚なきまでに蕎麦屋。なんですが、僕の隣のキチなガイにしてみたら、まあ蕎麦とかあんまり関係ないらしくって13:00にして既に熱燗が、熱燗のみが、彼の前にうず高く積み上がってた。酒の力なのか何なのか、それとも彼の世界は既に98%くらい涅槃に旅立っているのか、僕が心静かに蕎麦をすすってるのに彼は一人酒に向かってブツブツ語り掛けてます。

それがまた、部長の馬鹿野郎!小泉死ね!みたいな内容なら、まあ有り得るかなとも思いますが、なんかおっさん、しきりに芝生の話をしてるんです。酒に向かって。

東京ドームの芝生はいい、実にいい、とか、国立競技場の芝生は天然で素晴らしい、だとかそんな内容。下手したら芝生でオナニーの一つでもこなせるんじゃねえの?ってくらい芝生、芝生、芝生の話。気付いたら熱燗も5本目。どんだけ飲んどんねん。

これにはさすがに店員さんも訝しがったのか、見兼ねてそのおっさんに何やら喋り掛けてました。

「おじさん、芝生がどうしたんね?」

「おう、ワシ、甲子園に出たいんじゃあ!」



おっさんそれは無理。
posted by 肉欲さん at 20:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

振り返ればベンツ

皆さん、一人旅と聞けば何を思い浮かべるでしょうか。傷心・流浪・隠遁・郷愁、えーと後はなんだろう、4つというのは納まりが悪いなあ。定型としては3とか5に納めたいところですが、まあ一旦そこのところは留保して先を急ぎたい。

ご存じの通り『天下の放蕩野郎』『稀代の穀潰し』『ミジンコ以下』など政界、財界からの呼び声も高い僕は、10月、11月、12月と様々な都市を、気付けば一人練り歩いてました。毎月末にJALとかANAとかJRなどから請求される常軌を逸した運賃に、

「何でこんなことに…!」

と、膝を叩きながら、さめざめと泣いた夜も一度や二度ではありませんが、その辺りは太公望もおっしゃった通り、覆水盆にノーリターン。イットイズノークライングスプリット牛乳。目は前にしか付いてない。だから後悔はしてない。

多少話は逸れましたが、つまり今年は結果的に様々なチャレンジの年であった、といった万感の思いを抱いてます。
ホストに行ったり、犬vs妊婦の掛け合いを見たり、痒み止めを某所に塗ったり、ハッキリ言ってこれらを思い出しながら自分で書いている今、携帯の画面が涙で霞んで見えなくなりました。でも過去は変えられませんし、だからこんな汚れたアタイでも、皆が変わらず愛してくれることを、棒太郎は信じています(太ももをチラつかせながら)。

また勢い良く話が逸れましたが、本題本題。一人旅です。この三か月で様々な都市、具体的には熊本・京都・大阪・兵庫・静岡・広島・山口・島根を訪れました。ああ、列挙された都市を読み返してみて

『やっぱり俺、キチガイかな』

と思わないでもなかったですが、その疑問に関しては強靭な精神力でねじ伏せて先を急ぎます。

広島・山口・島根に関しては旅じゃなくて帰省という別途目的があったので様相を異にしておりますが、他の地方は完全に旅です。

そろそろ僕が如何に『一人旅界』の権威であるかお分かり頂けたかとは存じますが、その権威を以てして皆さんに宝石のような言葉を授けたいと思いますので良かったらうがい手水に身を清め、正座して拝聴して下さい。

と、『そうやって大上段に構えながら、実質大したことは言わないんだろこのクラミジア野郎』なんて皆さんからのソウルフルな言霊が聞こえてきそうですが、実際そうだと言うのだから僕にも始末がおえません。一人旅で得たものがあったのか、という疑問に対しては極めて明確に『ありません』としか言えない。むしろ失ったものは山の如しで、数々の巡礼の影響からか現在の僕は福沢、樋口はおろか野口すらもこの財布からフェードアウトしつつあるという窮状。

これはまさしく一人旅が喚起した悪夢でありましょう。全く資本主義社会の負の構造には身震いするしかないな、というのが率直な意見です。常人であればこの惨状に憤怒・激昂して破壊活動(怒りに任せてエアーキャップをプチプチと潰すなど)に身を委ねるところですが、崇高な僕は何とか己を抑えることに成功しました。げに恐ろしい。

一人旅の何が辛いって、この腐敗した日本政府は何を狂ったのか未だ僕に対して普通免許を交付を為さないという暴挙を平気で継続している点にあります。東京に無批判に住み続けている方々に理解を求めるのは難しいかもしれませんが、地方に行った時に車がない!というのは、納豆を食べたいのに醤油がない!という状況に、これ、そっくり、英語でいうとクリソツ、な訳です。そういうもどかしさ。分かるかしら。

ということで日本政府のゴミどもにおかれましては、一刻も早く僕に免許を交付すること望みます。僕が自動車学校に行ったことがないという事実はこの際些細な問題ですしね。大事の前の小事と言いますか。ついでに北朝鮮に米を送る暇があったら僕に車を便宜してくれたら嬉しいかな。ベンツかベントレーないしジャガーあたりで辛抱するから。あと麻布あたりに一軒家も欲しいかな。姉歯に発注してもこの際文句は言わん。




今一人で島根におりますが、つまり一人旅してホテルにいても、結局はこの程度の日記を書くに終始するんだ、という事実をリアルに感じて頂ければ無上の喜びです。
posted by 肉欲さん at 01:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年12月04日

ジェニファー

「ぶっ殺してやんよ!!」

そう叫んだジェニファーは、股間からいきり立ったイチモツを取り出した。天空に向かってそびえ立つ黒光りする『ソレ』は、AK47・通称カラシニコフの如き迫力を誇っている。ジェニファーを見つめながら、イメージしてみた―――――死……死……死……―――――死。
死のイメージが、僕の前頭葉を浸食していく。

「待てジェニファー、これは誤解なんだ。頼む、聞いてくれ」

「だまらっしゃい!!」

叫んだ。刹那、暁の空が白に染まった。閃光が網膜に爆ぜる……視界を取り戻した僕の目には、跡形もなくなった西東京市が広がっていた。

「なんてことを……!!」

Invisible and Chalkly Atom beam(見えない白の原子光線)、通称『イカビーム』だ。決してそれがイカ臭いからそんな名前になった、だとかいう安易な理由で名付けられた訳ではないことはご理解頂きたい。まあ、実際にイカ臭いんだけれども。

「見ろ!西東京市がメチャクチャじゃないか!!」

「いいのよ。あんな三多磨人が住む区域なんて。家畜にも劣るわ」

「それは言い過ぎだ!どうしようもない多磨の人間にだって、人権はあるんだぞ!」

「黙れ!見ろ、これがラピュタの雷だ!」

「やめてぇー!みんな、逃げてぇーー!!」

ジェニファーが再び叫んだ。
次の瞬間には埼玉が消し飛んだ。


(さいたまー!)

(さいたまさいたま!!)


そんな、古のアスキーアートの叫び声が聞こえた――気がした。

「ああっ!さ、埼玉が!……埼玉が跡形もなく……!!
…でも、まあ、いっか。埼玉だし」

僕の良いところは、この切替えの早さだと自負している。

「さて、説明してもらいましょうか。これがなんなのかをね!」

ジェニファーは、右手に握っていた袋を床に叩き付けた。袋のラベルに踊る文字は、『片栗粉』。片栗粉の、袋だ。

「た、ただの、片栗粉じゃないか。何をそんなに怒って…」

するとジェニファーは言葉を遮るように左手に持っていた容器を差し出した。その中に入っていたのは、ドロドロの片栗粉だった。そう、イカの香りが添えられた。

「……片栗粉X(エックス)ね」

「……」

片栗粉X……古代アステカ文明で発明されたとされるオーパーツ。それが何故ここに…いや、皆まで言うまい。誰が作ったのかは、僕が一番知っている。

「ああ、そうさ。君の言うとおりだよ。それは片栗粉Xだ」

「やっぱり…。でも、あなたまさかこれを使っては」

「オナニー、したよ」

「……!!」

空間が凍り付くような感覚に襲われた。狂気の焔に彩られていたジェニファーの瞳が、徐々に色を失っていく。
時が、見える。

「なんで……なんでなの?」

『オナニー』とは、伝説のアトランティスと共に海に沈んだ、禁断の技法だ。『オナニー』をした者は、想像を越えた快楽に包まれ、生きながらにして涅槃を味わえるのであるが、反面、一度その技を手にした者は、その身朽ち果てるまで行為に耽る。そう、まさに天使で悪魔の、業(わざ)。

「あなただってそれが禁呪なのは知ってるでしょう?!『オナニー』をしてしまうと、一度に三億もの生命が奪われるのよ?」

「知ってるよ」

「それを知ってて、なぜ!」

「もう、うるさいなあ」

僕は緩慢な動作で、持っていたナイフを使いジェニファーの頸動脈を切り裂いた。

「理由なんてないんだよ。気持ちいいからするだけだよ。君なら分かってもらえると思ったんだけどな」

鮮血を撒き散らしながらゆっくりと倒れ込むジェニファー。僕はその返り血を浴びながら、無意識に恍惚としていた自分に気付いた。そして、いきり立ったものを掴むと、何度も飽くことなく、オナニーをした。



(完)


という作品を片手に芥川賞に殴り込みをかけようと思うんですが、誰か校正してくれませんか?ちなみに片栗粉Xは本当に存在するので興味のある人はGoogleしてみてねo(^-^)o
posted by 肉欲さん at 18:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

メールフォーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。