肉欲企画。

twitterやってます。

2012年02月10日

2012年02月08日

認識は実在を定義し、実在が認識を規定する

国内外のエロ動画サイトに訪問し、無修正のポルノヴィジョンを閲覧することがしばしばあるのですが、最近それらの動画を見るにつけ、フェラチオシーンにおいて『これなら俺の方が上手い』といった純度100%ホモライクな感想を抱く機会がいや増しており、ちょっとそれはどうなんだと思った結果、いま、キーボードを叩いている次第です。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 02:21 | Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月31日

心の旅

『ホームセンター』
『プロ仕様』
『材料店』

これらの単語を耳に、あるいは目にし、心躍らないオスはいない。そこには実に原初的な興奮が眠っているからだ。

彼らは巧妙なやり口で、僕らに潜む "心のあそび" をくすぐってくれる。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 00:14 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月25日

2012年01月22日

世の中にたえて異性のなかりせば 春の心ものどけからまし

間もなく春が訪れる。

春、それは出会いと別れの季節。

これを読んでいるあなたにも、まだ見ぬ誰かとのステキな出会いがあるかもしれない。

春、それは誰もが浮かれポンチになる季節。

出会いそのものが素敵であっても、対象の人間性まで保証してくれる訳ではない。浮かれ狂ってしまったあなたの脳髄は、目の前の人間のクズさ加減を見誤ることも、しばしばあることだろう。

春に結ばれ、初夏に別れるカップルが多いのは、概ねその辺りに原因がある。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 23:43 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月20日

中折れライフハック

皆さんグーテンターク、肉欲です。
早速ではありますがお便りを紹介します。

・・・

[件名]
お暇があれば回答願います

[本文]
本日十年来の友人と席を挟み飲んでいたところ、一つの議案に対し口論となりました。互いに而立を超え、若かりし頃のようにはいかず、いざ行為に及ぶに至って中折れした際に取るべき男の有様について、友人は言い訳無用、一言詫びて寝る。私は責務を果たすべき(ク○ニしろよオラァ!)。と互いの意見の相違に歩みよりは無く、結論には至りませんでした。お暇があれば肉欲殿の意見を伺いたく、メールさせていただきました。


続きを読む
posted by 肉欲さん at 04:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月17日

トラ・ウマ・スイッチ

絶妙な瞬間、というものがある。

とある対象について、そのもの自体は好ましく思っているのに、時として "絶妙な何か" が介在することにより、対象のことを愛でられなくなる。

僕たちには、そういう瞬間が確かにあるのだ。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 03:30 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月13日

ドラえもん のび太とサンタ大戦 6


前回→サンタ大戦 5
 
最新更新分までを含めた全文はコチラ

続きを読む
posted by 肉欲さん at 03:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月11日

ミートする感覚

股の緩い人間が好きな俺である。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 05:08 | Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月08日

この世はバラ色の ボンボンみたいね

完成された変態について、僕はそれほど興味を持てない。

何がしかの性的傾向が萌芽する瞬間。
あるいは芽吹いてから、成長する最中の様子。

そいつを垣間見る方が、何だか胸がトキメイてしまう次第だ。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 04:30 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月26日

吾唯足知

願いは言語化しないと叶わない、という珍説を耳にした。真偽はともあれ、今年もそろそろ終わりを迎えるので、ひとつ来年の抱負とばかりに、この胸に鎮座まします切なる願い、夢を言語化していこう、具体的にはニ点ばかり明文化しておこう、そう思いパソコンを開きました。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 04:13 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月24日

メリーだ!

散々ブログにて『気をつけろ、リア充どもはクリスマスにセックスしまくっているんだぜ』みたいなことを書いてきた僕ですが、実際のところ2001年から2010年にかけて、オフ会をしていた2006年を除き、全てのクリスマスを女性と過ごしていました。割と普通にセックスしてました。この件については本当にスマンコ。謝るわ、メンゴメンゴ。

さて謝罪も済み、皆さんからの許しを得られたところで、本題に入ります。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 01:17 | Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月22日

僕と酒 1

僕と酒との付き合い遍歴をここに記そう。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 03:27 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月21日

ドラえもん のび太とサンタ大戦 5

 
最新更新分までを含めた全文はコチラ

続きを読む
posted by 肉欲さん at 00:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月20日

手っ取り早くモテたいあなたに

女性にモテるにはどうしたらいいのか?という問題を考えたとき、それはとても難しい命題のようにも思われる。が、視点を変えてみればさほど複雑なテーマではなくなる。特定の誰かに好かれたい!この主張に対する解決方法は導き辛いものの、とりあえず誰かにモテたい!というのであれば、意外とイケる可能性が高いからだ。
 
続きを読む
posted by 肉欲さん at 04:03 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月19日

2011年12月15日

僕は投げる。貴女は受ける。球はもう消えた。

皆さんグーテンターク。肉欲です。

11月から12月に至るこの短い間に、僕におかれましては

『「チンポ美味しい?」とか、間違っても女に訊くなよ』

並びに

『女に対し「ヘヘ、こんなにも濡れてるじゃねえか」とか、絶対に宣言するなよ』

という、人生を生きるにあたっては比較的どうでも良い類の進言をカマしてきたのですが、一応間もなく年の瀬を迎えますので、今日はその辺りの議論に対する暫定的総括を行なってまいりたい、そう考えております。

なお、上述した議論に類似して、過去 『確認を迫る男たち』 という日記において「どうして男たちは『どこに入れて欲しいの?』とか聞いてきやがるのか」 この問題に対し鋭いメスを入れたこともございますので、お時間に余裕のある方は、そちらも併せてご確認下さったうえ当日記を読んで頂ければ幸いです。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 03:17 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月11日

クリスマスが今年もやって来る

間もなくクリスマスがやって来る。この時期になると、インターネット上では決まって『リア充死ね!』というテンプレートのようなファッションdis(=これ書いとけば笑いとれるだろ?という安直な姿勢から発せられる罵倒)が巻き起こりますが、僕はいい歳なのでそういうことは書きません。書いたところで僕の状況が好転するはずもないからです。あと、そういう方々は『どうせあいつらはクリスマスにかこつけてセックスするんだろ?!』といった悪罵を放つものの、それはちょっと間違っています。彼らはクリスマス「にも」セックスをしているだけで、基本的に年がら年中セックスをしています。別にクリスマスだからセックスをする、ということではないし、たぶん今日もあなたの好きな人は、魂が燃え尽きるような表情で洗ってないポコチンをねぶりあげています。ですので、もしも罵詈雑言を展開したいと願う方がいらっしゃれば 『クリスマスだからってセックスしてからに!』 という文言はやめて、もっと正確に 『クリスマスだから、普段3回で済ますところ、4回くらいするんだろ!』 かかる表現を用いるように心がけましょう。繰り返します。奴らは、1年365日、セックスを、している。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 02:51 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月10日

2011年12月08日

その駅が、その駅になるとき

ひとりでいる時間が好きだ。

それは別に『誰かと一緒にいたくない』ということではない。

友人と共に過ごす時間はかけがいのないものだ。
また、寂しがりやな僕は、出来る限り誰かと一緒にいたいと思うことが多い。

だけど、それとは全く別の意味で、ひとりの時間は尊い。
誰かと一緒にいる時には見えなかった、見ることのできなかった世界。

それはひとりの時間の中にだけ、ひっそりと佇んでいる。

続きを読む
posted by 肉欲さん at 03:56 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

メールフォーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。