肉欲企画。

twitterやってます。

2008年04月21日

半パンデイズ

 
 
先日、紀伊国屋書店の中を散策しているとどこか遠い所からガキどもの叫び声、上品に言い換えれば年若い人たちの肺活量溢れるボイスが僕の鼓膜を優しくノック。すわ何事?と思いながら足を運ばせると、そこには遊具を用いて楽しそうに遊ぶ元・精子な方々の御姿があった。その脇には彼らの製造責任者と思しき方々の影もチラホラ。『産地直送』――僕の脳裏にそんな言葉が踊って浮かぶ。

こんな論調を続けているとPTAの人たちにスリリングなお叱りを受けそうなのでこの辺りで止めておくけれど、とにかくも僕は久方ぶりに児童図書が並ぶ棚の前に立っていた。泣いた赤鬼、エルマーのぼうけん、はれときどきぶた。いずれも僕がショタだった時代に狂ったように読み耽っていた本ばかり。何と懐かしい……久しく目にしていなかった様々な絵本を見ているうち、胸の中にノスタルジックな想いが激しく交錯する。脳裏に浮かぶのは、今はもう戻れない日々の思い出ばかり。それは確実に切なくて苦しくて、名状しがたいもどかしさをひたすら僕に与えてくれる。

絵本の隣には子供向けの雑誌が並べられていた。めばえ、マミイ、ベビーブック。表紙を飾るアンパンマンのアルカイックスマイルが、二日酔いの僕の心にヘビーなパンチを浴びせかける。

『♪何のために生まれた』

突如、僕の脳内にアンパンマンの悪魔的な歌声が流れ始めた。『菓子パンの俺ですら地球の平和を守っているのに、お前ときたら……』妄想の中のアンパンマンはまるで鬼軍曹のようだった。僕に向かって説教をたれつつ、マイルドセブンの煙を思い切り吐きかけてくる。すいませんアンさん……でも最近の不況でどうにも……僕は地面に這いつくばりながら自虐的に笑う。顔を上げると、視線の先ではバタ子がクチャクチャとガムを噛みながら、気だるそうな様子でアイシャドーを引いていた。バタ子のミニスカートから伸びるスラリとした二本の脚。僕は思わずその肌の白さにゴクリと息を呑む。その視線に気付いたのか、アンパンマンは見せ付けるようにバタ子の尻を撫で回し始めた。『どうだい、俺のアンパン痴のテクは』『フフ、ジャムにする?バターにする?それとも、あ・ん・こ?』目の前で繰り広げられるピンクな情景を眺めながら、僕は己の中に罪深い欲求が首をもたg

そんな感じで児童図書の並ぶ地帯に赴いたところ、目の前に『小学六年生』というド直球な雑誌があった。皆さんも覚えているかもしれませんね、昔から存在する例の小学生向け雑誌です。価値観の多様化した現代にあって、雑誌名が『小学●年生』などである場合それは即座に犯罪のフレグランスが漂いそうなものなのですが、僕の目に飛び込んできたのは極めて健全な書誌。大きなお友達とは無縁の世界のブツ。

で、まあ興味本位でそのブツを手に取ってパラパラと読んでみたところ、その内容ときたら僕の想像の遥か斜め上。僕的には雑誌の中にドラえもんがババンと出てきて『今日は川にいるいきものの生活を見てみよう!』とかいう企画、あるいは高橋名人あたりが『レッツチャレンジ!はじめての16連射』みたいな特集を組んでいるものとばかり思っていたけど、現実は全然違って

『特集!120%かわいく見える写メの撮り方★』

みたいなアビスが広がっておった。仔細に紙面を見てみると『正面から真っ直ぐに写真を撮るとスラッとして見えない。斜めからポージングしちゃおう!』だの『一番可愛く見える角度は斜めから撮った時!上目遣いを駆使しちゃおう♪』だの、まあ正直に申し上げて飢えたメス犬のような文言が乱発されておりました。おい、ウソだろ?まだ小学六年生なのに、アンタそれはあまりにも。

一般的に女性の方が精神年齢が高いと言われている。で、あるとするならば小学六年生の女子たちがちょっと早めに異性に興味を持ったとしても、それは別段不思議なことではないのかもしれない。好奇心が旺盛であることは悪いことではないし、カワイさを追い求めその果てに恋愛をすること、それは何も特別なことじゃない。

でも……果たしてこれでいいのだろうか?『カワイイ写メの撮り方』、確かに大切なスキルかもしれないが、それよりももっと大事なことが他にあるんじゃないのか?ある、絶対にあるはずだ!僕は断言したい。

「それは具体的に、なに?」

僕の話をすれば、そうですね……例えば終わったドラクエのレベル上げとか、ミニ四駆のシャーシを限界まで削るとか、あるいは牛乳のフタでオセロを作るとか、駄菓子屋で買った火薬玉を乗用車のタイヤ部分にセットするとか――分かるだろ、そんなテイスト。理屈じゃなくて魂、いわゆるソウルの部分でさあ。

「それって誰か得するの?メラとか唱えてて偏差値上がるの?」

乾いてんなぁー、もう!よろしいか、人生において大事なのは『楽しいか/そうでないか』のラインであって、決して『得をするか/損をするか』じゃあない。そして、これは経験則になるのだけれど、往々にして無駄な遊びというものはかなり高い確率で楽しいものである。

確かにプログラミングされた世界の中で炎の魔法(いわゆるメラ)を唱えても、それは世界に何の動静も与えないだろう。損か得かで考えれば、大切な時間を浪費し、電力を消費し、睡眠時間を磨耗する破滅的な行いだ。でもそれが楽しいんだ!理屈ではないのである。また、そんな作り物の世界に没頭できるのだって、ある面からすれば感受性があるからこそではないだろうか?ちょっと苦しいけれど、そんな説明だって無理じゃない。

そこにあって、カワイイ写メの撮り方講座。悪いとは言わないが、少しだけ想像してみて欲しい。部屋の片隅でキメ顔を作りながら、幾十幾百枚もの写メ撮影に没頭する小学六年生の姿を。

(カシャ!)(違う、こうじゃない……!)
(カシャ!)(いいえ、本当のアタシにはもっとスピリチュアルな何かがあるはず……!)

どうだろうか。僕には措置入院が必要なケースだと思われて仕方がない。メラを唱えている男子の方がよほど健全である、と言えるだろう。

「違うの!女の子は可愛くなることが楽しいし、生きがいなの!だからそういうのだって必要なことなのよ。そんなことも分かんないの?」

女性の側からこんな返しがきたとして、僕は論理を尽くしてパーフェクトにそいつらを封殺する自信がある。この場合、あなたは説得的な調子でこう言ってあげればよい。『お前の話は聞いてない。これからも聞く予定はない』。完了である。是非使ってみて欲しい。

確かに女性が美を求める気持ちも分かる。好きなあの人のために可愛くなりたい!そう願う気持ちは等しく尊いし、またその心それ自体が既に美しい。誰かのために努力をする、その時あなたは確実に輝いていることだろう。応援するから頑張って欲しい案件だ。

しかし、むやみやたらと外面の美醜に拘泥すること。その精神は果たして美しいのだろうか。輝いているのだろうか。あるいは、成人に近付けば自然に備わるであろう『可愛くなりたい』という欲求、その目覚めを過度に早い段階に設定する必要があるのか。どうにも僕はそのあたりのことが心配だ。

僕が小学六年生の頃といえば、お古の半ズボンを華麗に着こなし原野を疾駆、一番関心事項は『ミニ四駆をどれだけ速く走らせることができるか?』であり、主食は専らうまい棒めんたいこ味。それが虚飾ない僕の小学生時代である。自分を格好よく見せたいだとか、チヤホヤされたいなんてことは少しも思わなかった。

その一方で、僕の通う小学校にはいわゆる『イケてる』グループも存在していた。ランドセルを放棄し、髪を伸ばし、禁止されているはずの長ズボンを履き、ミニ四駆で遊ぶ僕らを侮蔑する。昼休みはバスケ、放課後はゲーセン。そんなアイツらのことだ。また女子に関して言えば、髪の毛をヘアピンで過度に装飾し始め、あるいは昼休みに矢沢あいを読み、また放課後になればアイプチで遊んでいた彼女たちのことだ。いずれも、僕の住む世界からは遠く離れた場所にいた。

僕の古い友人にケンジ君という人物がいる。今でも懇意にしているが、当時のケンジ君はいわゆる『イケてる』グループに所属していた。ただ、実家がお隣同士だったので僕らの縁はしぶとく続いていた。そして、たまに二人で遊ぶ時などは僕の知らない世界、すなわち『イケてる人たち』の日常生活を垣間見ることになる。僕が『いやー、トライダガーXがね……』とTAMIYAなトークをカマしていると、ケンジ君はしばしばこんなことを語ったものだ。

「この前の放課後さぁ、俺ら皆で田辺のオッパイ揉んでさぁ」

断っておくが真実のお話である。ちなみに全て実名であることも付記しておきたい。バレたらどうするの?そんな心配の声が届きそうであるが、そんな時は全てを解決するマジカルワードが用意されているので問題はない。『マジゴメン』。全て解決だ。

とにかくも、イケてる人たちは乳を揉んでいた。もちろん、十代の性欲というのは暴走機関車のようなものであり、だから乳以外にもたくさんの余罪があった。とりわけ最もインパクトが強かったのは『当時小六の女子に、己のチンポを試験管ばさみでつまんでもらった』というアトミック級のエピソードであろうか。ロリ・ショタ・ハードM、全ての性的嗜好を一挙に満たす夢の寺子屋、まさにヘブン状態である。ふざけるな。rarでくれ。

本当の話ほどウソに聞こえるというが、これを読んでいる人にしてみても『そんなことあるわけないじゃん』とお思いになるかもしれない。僕としても以上の話は実体験ではなくあくまでも伝聞であり、その意味からすれば真実性には乏しい。ただ、僕としてはケンジ君が伊達や酔狂で『試験管ばさみ』というクレイジーなアイテム名を持ち出したとは、どうしても思えない。また、そんなウソをつく意味も見出せない。プレイの一環として、『敢えて』の試験管ばさみ。人としての、モノが違う。

いや、今日は別段ケンジ君の精力の強さを語りたいワケじゃない。若い時分にあってただひたすらにモテたい!チヤホヤされたい!目立ちたい!そんな妄念を抱くこと、それは非常に危険なことなのではないか…と僕は思うのである。たとえばケンジ君たちのグループは僕らの学校の中でかなりイケている部類であった。そして女性社会のパワー関係において、それらイケている人たちと交流を持つことは直接的なステータスに繋がる。『あんなイケてる人らと交流のあるアタシたちもイケてるでしょ?』というそんなロジック、それは確実に存在する。

しかし、小学生だ。未だまともな分別もない頃である。同時に、分別はないにも関わらず性欲だけはキチンとある。子供だから…と侮ってはいけない。ヤツらは獣の皮を被った獣、すなわち獣なのだから。ソースは当ブログの過去ログにおけるコメント欄でも参照して欲しい。答はきっとそこにある。

よって、何ら美学も持たずただ漠然と『イケてる自分になりたい!』と盲目的に願い、そればかりに生活を支配されること。それは大変危険なことなのではないだろうか。それによって確かに外見的には可愛く(あるいは、美しく)なるかもしれないけれど、きっとそこにおいて量産されるのはひたすらに愛のないセックスだけだろう。気持ちいいかもしれないが、おそらく充実感はない。達成感はあっても、きっと満足感はない。どれだけ求めても満たされないココロ、まるで海水を飲んでいるみたい!というアレだ。どれだ。

話が拡散しそうなのでまとめるが、とにかくも。僕が小学生の当時には携帯電話なんて誰も持っていなかったけれど、根底に流れているマインドは今も昔もある程度変わらないだろう。『かわいくなりたい!』そんなことを心に抱く女子は、今も昔も変わらず存在し続ける。ただ、望むらくは自然発生的にそんな願望を抱いてくれれば……ということだ。本や雑誌、あるいはテレビなどから後付け的、刷り込み的に歪な価値観(≒モテることが至高である、みたいな考え方)を植えつけることはやっぱりいただけない。十分な判断力の備わっていない状態で生き急いでしまっては、思わぬ事故に遭遇することもあるだろう。実にリスキーなのだ、あらゆるシーンで。

打算的になるのはもっと大人になってからでいいはずだ。結局小学生の頃にどれだけモテを体現しても、結果として待っているのは放課後に試験管ばさみでティーンのチンポを挟むことを強要されるという事象でしかないのである。うらやまけしからん。wmvでよこせ。

色に狂うのはもっと後からでいい。女の子がどんな遊びを好むのかは男兄弟の中で育った僕にはよく分からないが、イメージでいえばリリアンを編み、こっくりさんで盛り上がり、洗濯機のフタを開けながらちょっとお父さんのパンツは別にしてよ!とシャウトする、そんな小学生像が僕の中の真実だ。いつブラジャーを装着しようか…程度の悩みは抱いても構わないが、試験管ばさみの使い方すら間違ってしまうような冥府魔道に足を踏み入れてはならない。どれだけポップティーン誌に『いま、試験管ばさみがマジでマスト!』と書かれていようとも、である。

性道徳の崩壊が嘆かれる昨今だ。僕は社会の父親的存在として、これら試験管ばさみ関連の問題に意欲的に取り組んでいきたい。これを読んでいる方の中に小学生のご兄弟を抱える方がいらっしゃるのであれば、本日の僕の日記をプリントアウトして通読させてみてほしい。きっとご兄弟の中で何かが変わることだろう。下の兄弟を持たない僕からの切なる願いである。


人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 23:20 | Comment(27) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
全くもって同感です。
世も末ですな。
Posted by at 2008年04月21日 23:43
使用済み試験管ばさみzehi.isodekure
Posted by at 2008年04月21日 23:49
つまるところ「試験管ばさみ」ってことですな(*`д´)b
Posted by くろだ at 2008年04月21日 23:53
いいこと書くな〜。同感や
Posted by at 2008年04月21日 23:54
そんで脳ミソがスポンジ状になるまで教育した上でドラッグでキメキメになったところを大人の小学六年生が颯爽とファックすればみんなハッピーなんだぜ!
Posted by ジェニー at 2008年04月22日 00:05
なんたることか。げに恐ろしきは人の欲よ。僕の小学生のときはBOOKOFFでエロ本立ち読みだったのにファック!
Posted by at 2008年04月22日 01:40
Hanachuって雑誌もかなりきてますよ…ぜひ読んでブログかいてください笑
Posted by at 2008年04月22日 03:21
無性にドラクエVIやりたくなった
Posted by at 2008年04月22日 06:45
すばらしい。本当に、無駄に生き急ぐと大切な物を無くしてしまいます。
Posted by at 2008年04月22日 07:17
是非マイブラザー達に枕元で睡眠学習させたいと思います
Posted by DIE at 2008年04月22日 07:54
人がクロノトリガーを狂ったようにプレイしてる時に友人が乱れた交尾をしていたという小学5年生時代を思い出しました。
親戚の子にも茶髪にピアスしてるのもいればディア×イザ以外認めない!とシャウトとする子がいたり、前に相談した弟が男に目覚めたのも小5だった。
自分の周りでは小5が人生の分かれ目のようです・・・。
Posted by Sim at 2008年04月22日 09:01
肉欲くん、興奮しすぎて
「つまんでもらんだ」になってますよ。
わざとだったらごめんなさい。

【肉欲より】
オー!修正しましたw
Posted by at 2008年04月22日 09:30
つまり、これを小学生に読ませ、結果、試験管挟みに狂うティムポが量産され、それを僕がデジタルな形に録画する訳ですね

わかります
Posted by at 2008年04月22日 10:07
小学校とかエロ本を見つけて隠れて読んでも、処理方法も知らんかったからモンモンするしか無かったのに!
Posted by at 2008年04月22日 10:44
試験官挟みはサイズ的にも調度良いね。
Posted by at 2008年04月22日 12:44
wmaだと音楽の拡張子だよ

【肉欲より】

オーマイゴッド…
Posted by at 2008年04月22日 13:20
試験管はさみでキャッチ・淫・ザライ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・
Posted by ado at 2008年04月22日 19:06
昔上級生にティムポをしげしげ眺めさせられたのを思い出しました。もうちょい見とけばよかったなぁ
Posted by シャケ at 2008年04月22日 22:01
試験管ばさみが、竹製だったのか、金属製だったのかが気になります。寝れません。是非ご回答を_| ̄|○il|li


Posted by ちん at 2008年04月22日 23:29
小学生の頃やたらと僕の○ンポを触りたがる男の子がいました
嫌がる僕のTINPOを触る彼の股間が小学生とは思えないほど猛り狂っていたのも今はいい思い出です
女子はというとプールの時間に尻やティンポをチラ見せしただけで泣き喚く始末でした
試験管ばさみという高等な武器を使いこなせる器をもった女子はいなかったようです
Posted by みっちまうす at 2008年04月23日 01:21
同級生の女子がプールでぶっかけられてる動画を発見した小六の冬。
世の中が狂ってるのか、はたまた小六にして『ぶっかけ スク水』と検索した僕が狂っていたのか。
恐ろしや、恐ろしや。
Posted by オッサン at 2008年04月23日 18:42
私はもっぱら学研を読みふけっていたのに…。(科学派)
Posted by at 2008年04月24日 18:50
スネオヘアー?
ノーパンライフに語感が似ていたもので‥

二つ↑
詳細を早くよこせ!
Posted by at 2008年04月25日 19:14
どうか小学館の人と電話でやりあって欲しい。
Posted by hana at 2008年04月26日 01:21
幼稚園からの帰りの送迎バスを待つ間、私たちには秘密の遊びがあった。「ソーセージ」と呼んだそれは、空き教室に男子3人女子2人のメンバーで集い、1人が見張りに入り口を固める中、互いのパンツもしくはその中身を見せ合うというものだった。それも、子供なりに、「セクシー」であろうポーズを披露するのだ。女豹もM字もだから私は5歳で経験済みだった。
そんな阿婆擦れがフアックを覚えたのは12のころ。なれの果てには肉欲企画愛読者。
やはり早熟にはろくなことがない。
Posted by 21歳女子 at 2008年04月26日 19:48
僕なんてセックスの仕方を知ったの中二ですよ
Posted by at 2008年04月27日 19:48
ミニ四駆と聞いてまた飛んで着ました!(^ω^)
Posted by at 2008年04月30日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。