肉欲企画。

twitterやってます。

2008年03月07日

浮気の美学

 
 
お便りが届いた。

・・・

差出人 高橋
拝啓・肉欲様

(中略)

私はまだまだ若輩ながら、今年で24歳となり、多少なりと良識を身につけてきたつもりです。しかし、げに恐ろしきは酒の魔力かな。一度酒におぼれてしまえば、私は論理、道徳の観念をかなぐり捨てて、私欲、性欲に走ってしまいます。

ありていに言えば、彼女いるけどセフレのとこ行ったりその辺の女口説きこましていてこますってことです。

そのあたりの男のリビドー、アルコールの恐ろしさ、いかんともしがたい本能からの衝動、常識と欲望との葛藤、これをぜひとも肉欲様に考察、批判、あわよくば詭弁・強弁を弄しての正当化をしていただきたく候ふ。


・・・

修行僧のように勤勉・実直に生きている僕のところに何故このような相談が舞い込むのか、正直言って1ミリも理解できないのですが……しかしながら、高橋さんにおかれましても深謀遠慮の末に僕のところにメールを寄越したのかもしれません。そうであるならば、僕がこの案件を無下に扱うのはいくらなんでも残酷すぎます。普段はアルコールや女体と無縁の生活を送ってはおりますが、ここは各種イマジネーションを駆使しつつ、高橋さんの相談に取り組もうと思います。

浮気は悪なのか?この件に関しては様々な価値観が絡んでくるため、安易に善悪を論じることは難しい。けれど、一般的に言って浮気は悪いことだとされている。既婚者が浮気をすれば、それは慰謝料を請求されてもいたし方のない事案だ。浮気はよくない、これは一般論としてのお話。

しかし、頭でそこのところは分かっていても、体が止まらない夜もある。それは『飲酒運転はよくない!』ということは知っていても、現実には飲酒運転が根絶することがない状況に似ている。

ココロと脳みそは『浮気はダメなんじゃないか……』とアラートを発しているにも関わらず、チンポの挿す方に向かって猛進してしまうメンズ。そういう層は確かに存在するわけで、悲しいことではあるがそれが現実だ。

『男の人って結局浮気をするんでしょ?』

女性という存在は割とレッテルを貼ることが好きであるように思われる。だから、そんな感じで『男は浮気をするし〜』的な発言を聞くことがよくある。けれど『全ての男が必ず浮気をするのか?』その質問に対して、僕はこう答えたい。

「そういう人も、いる」

答えになってねーよバカ!という声が飛んできそうだが、これが真実なのだからしょうがない。浮気をする人は確実に何度も浮気をするし、しない人は一生しない。これは性格の問題なので、『男は浮気を……』と一律に語ることには意味がない。

とは言え、全体的に男の方が人と出会う機会が多い(仕事上の付き合いとか)、という側面から考えると

「男の方が浮気をするチャンスが多い」

これは確かかもしれない。ただ再三になるが、実際に浮気のチャンスに乗るかそるか。それはやはり性格の問題に帰着する。僕の見立てによれば、腰が抜けそうになるくらいの美女から執拗にチンポをなでられたとしても、あるいは何の理由もなくフェラチオをカマされたとしても、岡本信人は絶対に浮気をしない。非常に微妙なラインだが、そういう男がいることもどうか忘れないでいて欲しい。


nobuto.jpg
(岡本信人さん。強い意志を持った瞳をお持ちだ)


さて、その上で今日は浮気を『する』側のお話だ。くだくだしく述べたが、つまるところ浮気をしない人以外は絶対に浮気をする。僕も24年ほどニンゲンをやっていると、押し寄せるチンポの波に飲み込まれて浮気をカマしてしまった人たちのことを、何度も見てきた。それは何も男に限ったことではなく、女だって普通に浮気をする。だから、やはりこれは性格の問題なのだ。

ここで僕は主張したいのだけれど、一口に『浮気』と言っても、その内実は決してひとつではない。避けられなかった事故のような浮気もあれば、犯行として非常に凶悪、許す余地なし!な浮気、様々あると思う。

「良い浮気」。概念矛盾のような言葉だが、一定の浮気に対して僕自身はそう呼ぶことがある。もちろん、浮気はそもそも悪である、という認識はふまえつつであるが。

例えばこんなケースを考えてみよう。僕に愛する妻がいたとして、ある日会社から帰宅すると、テーブルの上に妻の携帯電話が放置されていた。無用心だな……と思わないでもなかったけれど、イケナイ好奇心が後から後から押し寄せてくる。

「携帯、見てみようかな」

妻のことを疑っているわけじゃない。否、信じているからこそ『あえて』携帯を盗み見る!これは聖戦なのだ……とか何とか、完全に狂ったことを呟きながら、僕は妻の携帯を見る。

そしてそこに、玉木宏とアナルファックしている妻のムービーが格納されていたとすれば――僕はその動画を妻に突きつけながら、確実にこう言うだろう。

「玉木のチンポ、どうだった?

きっとノリノリで聞く。そこに怒りなど一切ないことも、併せてお伝えしたい。なぜなら、それは相手が玉木宏だからである。何でもない一般人の妻が、どういうコネを駆使したのか有名芸能人である玉木宏と出会い、あまつさえセックス(しかもアナル)をカマしている。スランジバール!僕は妻と共に祝杯を上げるに違いない。

これが良い浮気だ。そんなのっておかしいよ!そう思われるお気持ちも理解できる。しかしながら、この場合において妻が逆に

「玉木さんに誘われたんだけど……アナタのことを思うと、誘いには乗れなかったわ」

と言ったとすれば。僕は怒るとはいかないまでも、何だかやるせない気持ちになるだろう。第一に『そんなことを俺に言ってどんな言葉をかけて欲しいんだ?』との思いを抱くのは間違いないが、その次に

「玉木だったらむしろセックスしとけよ……」

と思うからだ。上手く説明できないが、おそらく僕にしても玉木から強く迫られたら、フェラチオくらいはする可能性があるのではないか。それくらいの訴求力が、玉木にはある。誤解のないように言っておくが、僕は決してホモではない。そこは勘違いしないで欲しい。ホモじゃない。何度でも言う。

けれど、もしこの場合において妻が浮気をした相手が玉木ではなく、藤田まことであったならば!藤田の公僕的なチンポが、妻のアヌスを容赦なく貫く。そのムービーを片手に、僕は妻にこう迫るだろう。

「法廷で会おう」

玉木はよくて、藤田はダメ。理屈としてはメチャクチャだけれど、感覚としてこの辺のことは理解しておいて欲しい。あのオヤジ、何が純情派だよ!クソが!僕はブチギレながら、荷物をまとめて家を飛び出すのである。信じてたのに――


makoto.gif
(はぐれっぷりには定評のあるF氏。信じてたのに!)


良い浮気と悪い浮気。それはかなり相対的な問題ではあるけれど、分類としては可能であると思われる。上述した例の場合、前者では玉木ではなく渡部篤郎やオダギリジョーが浮気相手であっても、僕は妻を許す。というかむしろ、積極的に褒めてやりたい。よくやった!貪欲な姿勢を保ち、一切妥協することなく大物を釣り上げた妻は、僕にとっても自慢の存在だ。高田純次でもいい。

しかし、後者の場合。その相手が温水洋一氏や高橋ジョージであったらば、僕は阿修羅となるだろう。別に温水氏や高橋氏のことを積極的に嫌っているわけではない。だが、お前は本当に両名とファックをしたかったのか?!僕が疑問に思うところはそこなのである。その浮気には美学がないし、だからこそ納得がいかない。

ここでようやく冒頭の話に戻るけれど、高橋さんが酒に酔うと次々と女を口説いてしまう性格であることは理解した。それはもうハシカのようなものであり、また酒を飲むとアクティブになってしまう我々の性格は、僕も熟知している。

だから問題となるのは、その場合に高橋さんがどのような女(スケ)を狙って口説きを行っているか?この一点に尽きよう。

僕は男であるが、高橋さんの彼女の立場で今回の件を考えた時。もし高橋さんが口説いている相手が、明らかに自分よりもブサイクで、かつふくよかな体型をしていたり、あるいはどう考えても40歳をオーバーしていた場合。その時、彼女の立場としてはシャレにならないくらいにキレると思う。大鉈のような物で高橋さんの頭を何度かノックするかもしれない。別な言い方をすると、殺すということだ。

けれども高橋さんが口説いているのが、いつもいつもアンジェリーナジョリー系の美人であるとか、または杉本彩のように抗いがたいフェロモンを発している女性であるとか、もしくは宮崎あおいのように天使のスマイルを発する美女である場合。もちろん多少怒りはするだろうが、まあ殺したいほどムカつく、ということはないだろう。状況によっては

「この人はいつだって攻略不可能な高い山に挑んでしまうのね……」

くらいのことを思う可能性すらある。姿勢の問題ではあるが、前者の場合は『酔ったら誰でもよくなるオス』でしかないのに対し、後者は『酔ってても絶対に妥協しないガイ』ということになる。同じく浮気をするにしても、この違いは強烈ではないだろうか。

その浮気には筋が通っているか?浮気に筋もクソもないもんであるけれど、有り体に言えばそんなことになる。どんなに劣悪な行為であれ、そこに『美学』が存する場合、僕たちは瞬間的に怒りを忘れる。

『寂しかったから……』

というチンカスのような理由で浮気をする女は即座に斬首されるべきであるが、

『どうしてもケインコスギとファックしたくてたまらなかったの!叫んだのよ、心が、体が、アタシの子宮が!!

と堂々と言ってのける彼女であれば、僕は『そうか!とりあえず日本酒でも飲んで語るか?!』という対応を取らざるを得ない。分かってもらえるだろうか。

だから高橋さんにおかれましても、酔っ払って女を口説く性格は改善し難いでしょうから、ひとつ『譲れない美学』みたいなものを持たれてはどうでしょうか。推測になりますが、高橋さんもこれまで生きてきて、朝起きた時に

「どうして俺はこんな女とファックを……」

と、思わず絶望ビリーを熱唱したくなるような状況はあったと思います。やっぱりそういう浮気はダメだと思うし、どうせするなら『いっそこのまま腰が砕け飛んでも構わないね!』くらいの女性と浮気される方がベターではあるまいか。ただ、どちらにしてもクズであることには変わらないのだけれど。浮気が正当化されることは、決してありません。

ここからは余事記載になるが、浮気をする場合できれば完全犯罪を目指して欲しい。例えばどれだけ凶悪な事件であっても、どこにも誰にも露見しなければ、警察が動くことはないからだ。

穴のない犯行計画を。杜撰な犯行計画では、すぐに犯罪はバレてしまう。あるいは精神的に弱い人は、何もバレていないにも関わらず自責の念にかられて当局(≒恋人)に自首することもある。

『だってノブくんが電話をくれないから!寂しかった!』

被疑者の供述はいつでもクレイジーだ。しかし、そんなクレイジーな説明なのに本気で許しを乞うているというのだから、完全に理解に苦しむ。『寂しかった』、この言動は殺人における『ついカッとなって』と同じ性質を持つ自供であり、かなりの凶悪犯であると言えよう。再発の恐れは極めて高く、情状酌量の余地はない。

また、当局(≒恋人)による執拗な捜査により犯罪が発覚するケースもある。手がかりとしてかなり強烈なのは、上述したように携帯電話である。ただ、最近ではmixiのメッセージなどから浮気の事実が発覚するケースもあるようだ。つい先日にもこんなスレがあったが、僕の知人にも『mixiのメッセージ読まれて浮気がバレた』という前科者がいる。mixiメッセージ事件、それは僕の中のトミタケ部分が

「嫌な事件だったね……」

と呟かざるを得ない案件だ。証拠隠滅は徹底的に!完全犯罪のためには不可欠の心構えだ。

そうは言っても、結局のところ完全犯罪を成功させるのは非常に難しいだろう。だから、どうしても浮気をしたくてたまらない!という方がいらっしゃるのであれば、いっそ芸風として確立すべきかもしれない。

以前、僕と一緒にホストクラブに行ったAちゃんという女性がいた。どうやら彼女の脳みそはマンコに付いていたらしく、清清しいほどにビッチだった。

一度、白木屋でAちゃんと酒を飲んでいた時。
僕は思い切って聞いてみた。

「なあ、Aちゃんってどうしてそんなにセックスしまくってんの?ビッチなの?」

僕は比較的デリカシーというものを大事にしている。そんな僕であるが、Aちゃんに対してはついうっかりデリカシーを忘れてしまった。いや、でもホントひどいんだってこの人。経験人数は余裕の三桁ですよあなた。弾丸のような女である。

「だって、しないと損じゃん

マーベラス……その時、僕の口から嘆息がこぼれた。セックスを損得で勘定する女、そいつの名前はAちゃん!僕はその日、Aちゃんにカシスウーロンを一杯奢ってあげた。

セックスをしないと、損。それは完全に脳みその溶けてしまった人の発言だ。しかし、得も言われぬ力強さがそこにはある。

「Aちゃんが今度は○×とファックしたらしいぜ!」

「まあしょうがないんじゃない?Aちゃんだし」

いつしか、僕はAちゃんが浮気している姿を見ても何も思わなくなった。人間、ここにまで至ると強いと思う。ただ、全く羨ましくはなかったが。

パトスが迸ってしまい、思いのほか日記が長くなってしまったが、現在のところ僕は浮気に対してこんな風に考えている。メールの内容に直接答えることができなかったことに関しては、寛容な精神でご容赦いただきたい。あと、もう一度繰り返しておくけれど、僕はホモじゃない。どうかそのことは違えないで欲しい。ホモじゃない。何度でも言う。

それではこれにて。
皆さんも節度を守って、安全な浮気を。

人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 19:57 | Comment(43) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
そう何度もホモじゃないと否定されると…
Posted by 飛緒 at 2008年03月07日 20:06
高田純次ww
Posted by イス at 2008年03月07日 20:07
玉木宏はガチ
Posted by at 2008年03月07日 20:22
何度でも言うフイタwww
Posted by at 2008年03月07日 21:02
修行僧?性の乱道者やろ?
Posted by 火為 at 2008年03月07日 21:06
これからはプライドを持って浮気します^^
Posted by at 2008年03月07日 21:10
彼女が玉木宏との浮気が継続している場合でも先生はキレないんですか?
Posted by at 2008年03月07日 21:13
でもホモじゃない。


そんな歌があったなぁ・・・。
Posted by at 2008年03月07日 22:08
ホモじゃないけど、たまにホモ。

そういうことでしょう?
Posted by faV at 2008年03月07日 22:28
やはりホモだったんですね
頑張ってください
Posted by at 2008年03月07日 22:31
余事記載というところに法学部らしさを感じたwwwしかし毎度毎度なんでそんなに熱を持った馬鹿なことが書けるん?ww
Posted by tale at 2008年03月07日 22:31
所々含まれるひぐらしネタに反応してしもうた
Posted by うが at 2008年03月07日 23:03
拝啓・肉欲様

あのような不躾なメールに丁寧に答えてくださり、誠にありがとうございます。

浮気における美学・・・
目から鱗の心持です。
確かに私、今まで節操なく女をいてこましてまいりました。

『いくらHカップに惹かれたからって、人妻はなかったな・・・』

そう後悔しながらコンドームを処理する夜もありました。

しかし私、肉欲様の講釈に心打たれ、性根を入れ替えました!やはり美学なくして人間性の向上、QOLの改善は望めません!


今後は、クズはクズなりに美学を持ち、

『会ってからいかに短時間でいたすか』

ここに心血注ぎたいと存じます!


いやはや、それにしても、あの肉欲企画で自分の名前が連呼されるとは夢にも思わず、これはちょっと訴訟起こしたほうがいいかな、と思いました。
米国だったら銃で撃たれても文句言えない案件ですよ、正味な話が。


敬具
Posted by 高橋 at 2008年03月07日 23:46
「ホ、ホモなんかじゃないんだからねっ///」ってことでおk?
Posted by at 2008年03月08日 00:44
藤田まことはせふせふ⊂(^ω^)つ
Posted by 育子 at 2008年03月08日 01:04
むしろ女的には、凄い美女と浮気された方が腹が立つ気がするのですよ…
『酒の勢いとか言い訳しといて、そういう所の判断力はしっかりしてんじゃねえか』と。

あと、温水氏と藤田氏は同カテゴリーすか…仕事人カッコいいじゃないすか。
Posted by at 2008年03月08日 01:22
危ない…!彼氏の気を引こうと思って「構ってくれないから浮気しちゃった」と告白するところでしたまじで。この日記に出会ってなかったらアホで短絡的な思考回路の私は自爆するところでした!肉さんありがとう!男性意見勉強になりますた!!でも遠恋で構ってくれない状況は変わりないので、地元での完全犯罪は続行します。下半身の寂しさはやりきれません。
Posted by りん at 2008年03月08日 01:41
「浮気にも美学を」・・・これ相当な名言じゃね?

それとこれからは、完全犯罪を成し遂げるべく精進したいと思います
Posted by あー at 2008年03月08日 02:23
当方19歳学生。

29歳既婚者と浮気しとるんですがどうやったら寝取ることができますか?
Posted by at 2008年03月08日 03:18
肉さん…彼氏が元カノから復縁の相談受けてて、私は知らされてなかったんです。はらわた煮え繰り返りそうです。私だけずっとかやの外☆
いっそのこと新しい女との浮気だったらよかったのに。
肉さんならどうしますか?元彼、元カノをどのように定義してらっしゃいますか?
Posted by Aチャン at 2008年03月08日 05:12
酔ってないのに妥協するオレは…完全に下の袋に脳みそ入ってます\(^O^)/
損得勘定もなんとなく分かってしまう^^

玉木宏となら……ねw
Posted by ピョンヤン at 2008年03月08日 07:18
必殺人は夜も必殺だったのか・・・。やっぱりビッチになるならとことんなってほしいですよねー。
Posted by Sim at 2008年03月08日 07:33
美学があっても浮気はウンコですよ。



しかし…ウンコも食べてみると癖になるもので。やっぱ、性においては一線を越えるといかんですね。
Posted by あいなめ at 2008年03月08日 09:16
肉さんってVlPPERだったんすね・・・・
Posted by at 2008年03月08日 09:44
げ。途中送信。
だが浮気は最低な行為だと思うんだ。
ホント浮気してる人、出来ればちゃんと別れてから別の相手と付き合って下さい。
コメ欄と記事読んで不安になったので一応。
Posted by at 2008年03月08日 11:19
付き合う度に彼氏から浮気をされている私ですが、だからこそ!敢えて!「浮気はされる方にも原因があるんじゃねーの?」と思ってしまいます。
ほんとに、心の底から相手にメロメロであったならば、他の女or男になんて見向きもしないんじゃ…と。
Posted by 一花 at 2008年03月08日 11:41
ついこの前彼氏に浮気まがいのことされて、坊主にしてやった私がきましたよ^^
浮気には人間の欲しか存在しないっすよ。
Posted by at 2008年03月08日 12:28
浮気かぁ、、
浮気するって事は理性で本能を押さえられないって事ですよね
すごく・・・動物的です
本能を理性で押さえてこそ人間だと思うです
Posted by at 2008年03月09日 01:09
肉さんを知って3ヶ月の若輩ものですが、いつも楽しく、かつ 新たな発見をしつつ読ませていただいてます。
浮気って、した方もされた方もあんま いい気持ちしないよねー。
やってる最中は気持ちイイかもしれんけど、虚しくなるっていうか・・・

Posted by くろだ at 2008年03月09日 02:59
ホモではなく、両刀。でFA?
Posted by at 2008年03月09日 09:38
どう考えても美人と浮気された方がクリティカルヒットするでしょう…

ブスなら『体だけですよね^^』ってなっても、美人だったら『自分じゃダメなんだ…』になります
Posted by アヤ at 2008年03月09日 10:00
個人的には、美女と浮気された方が、ショックが大きいです…。
Posted by 楽 at 2008年03月09日 11:34
よくわかんないけど肉さんがホモだってことはわかった
Posted by 優花 at 2008年03月10日 05:41
生温いかもしれんが、
好きで好きでどーしよーもない状態の関係も浮気ですか。
やっぱ、恋愛とはならないんですかね。
Posted by yuu at 2008年03月10日 12:00
加藤鷹ならしょうがないと童貞の俺が言ってみる
Posted by at 2008年03月11日 16:34
浮気の定義をセックスとすると、男も女もいずれはすると思います。よっぽどモテナイ人以外は。

まったくしないっていう選択肢を選んでは、結婚なんて出来ないですよ。

セックスを嫌いなら話はまた変わってきますけど。

ばれないようにするしかないですよねー?
Posted by at 2008年03月11日 22:28
あなた最高です
感動に打ち震えて、開いた口がなかなか塞がらず困りました
Posted by えーけーあい at 2008年03月12日 01:55
子宮にあがらえず、美学のある浮気をしてしまいました。でも、3回目にあったくらいから子宮の疼きがおさまり、だんだん普通の浮気になってしまい、朝の清清しさが消えて残念な今日この頃でした。またうずくまで浮気はしないことにします。参考になりましたありがとうございました。
Posted by なな at 2008年03月12日 03:19
石田純一の回し者すかww
Posted by ちげ at 2008年03月12日 09:06
玉木宏を汚さないでください
Posted by at 2008年03月12日 12:41
肉さんの女心をわかってないところが好きです。
美人との浮気を許すのは変態だけ。
Posted by at 2008年03月13日 08:25
この雄野郎wwwwww
Posted by at 2008年03月14日 10:21
浮気と性欲は別物ですぜ。わかりますかい?そのセックヌがチムポ由来なのか視覚由来なのか?少しだけ立ち止まって考えて見てくだせえ。

あくまで男(ティムポ)の立場で。

男(ツンポ)と女(メムコ)は違ぇ生き物でごぜえやす。

Posted by べじお at 2008年03月22日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。