肉欲企画。

twitterやってます。

2005年09月17日

I wish you didn't get me wrong.

性豪、淫獣などの名を欲しいままにしている僕ではありますが、しかし中学生の頃などは特に彼女がいたわけではなく、欲しい欲しいと願ってはいたものの、結局は独り身でフィニッシュ。

彼女が欲しかった理由としては、それは森羅万象の原理として当然エスイーエックス、SEX、日本語で交尾、ナウい言葉で言えば『変な棒入れたり出したり活動』、をしたかったからに他ならない。この辺りはご理解いただけますよね、当然。


しかしセックスするには彼女ありき。穴なきところに棒はなし。かっこよく言えば、刀には鞘が必要…とかまあ、とにかくですね、当時は彼女がいなかった故、論理必然そのような所作(=凸凹ムーブメント)は夢のまた夢でした。

まあ僕としては


「お、お嬢ちゃん…飴玉あげるから…こっちにおいで…フヒヒヒヒ…」


というツトム・ミヤザキ的行動に走るだなんて選択肢を選ばなかっただけ良かったと思います。


しかしながら、ここでボクサーの話を引き合いに出しますと、例えば彼らは試合がなくとも己が鍛練に余念がないわけです。世界戦ビデオを見て一流の試合を研究したりシャドーボクシングに励むわけです。これがプロのあり方。


同じプロとして僕も見習う部分は多かったわけで、つまり彼女がいなかったので試合はありませんでしたが、世界戦のビデオ(ノーモザイク)の鑑賞やシャドーセックスなどには余念がありませんでしたね。シャドーセックスってのは、まあその、分かるよな?(ヒント:オナニー)


そんな感じでハードな鍛練に追われる毎日だったのですが、来る日も来る日も彼女ができる気配がないわけで、こうなってしまっては溢れ出るパッションやエモーション、時にリビドー、また愛とか恋とか、後はコエンザイムとか冬虫夏草とか、まあよくわからんけどそういうのが抑え切れなくなったので、専ら同級生の伊藤君のヒップなどを揉みしだいて自分を誤魔化していました。伊藤君には悪いことをしました。勢いでやった。今は反省している。


そうこうしながら中学三年の夏あたり、教室に入ると何やら女の子たちが僕の方をチラチラ見てヒソヒソと話をしているではありませんか。

これは一体…。と訝しがりながら脳みそフル回転。僕なりの解釈を試みる。





(条件1)

・肉欲君を見てヒソヒソしている







(結論)

・肉欲君に抱かれたい
(Q.E.D.)








イヤッハ!スプリングハズカム!


そういう訳で下半身をギンギラギンにしながらしかしさりげなく、頭の中で

『太陽のkomachiAngel』

をかき鳴らしながら、女の子に向かって

「なんだい一体どうしたんだい」

とケインコスギ級の爽やかさでトークトゥーしました。


(よく見ると4人かー。参ったなー。スタミナもつかなー)


とか下衆オブザワールドみたいなことを考えながら、既に脳内では女の子たちを千切っては投げ千切っては投げしていた僕。人間の屑だ。

したところ、女の子が僕に向かって



「肉欲君ってさあ…ホモなんやろ?」



とか、何かアバンギャルドなことをポロンと宣ってるんですよ。思わず

『おめえ強えな!オラワクワクしてきたぞ!』

とか、現実逃避しかけたよ。


そんな馬鹿な…と茫然自失する僕。そりゃあそうです、多感な時期にホモなんて噂を立てられたら立ち直れませんよ。とりあえず話を聞いてみると、これがまあ複雑なお話で、誤解や勘違い、見解の相違など、複雑なファクターが絡み合っていましたが、丁寧にまとめると以下のような理由。多少長くなりましたが。










・伊藤君のケツを揉みすぎた
・伊藤君のケツを揉みすぎた
・伊藤君のケツを揉みすぎた







とまあハッキリ言って自分の蒔いた種、自業自得オブザイヤーみたいな状態で、事態の収拾は半ば不可能な状況でした。この時思ったね、俺の中学生活終わったな、と。



そんな感じで散々な目に遭いながら中学を卒業、とにかくこれは仕方ない、高校に入ってから挽回を図ろうと目論んでいたところ、あろうことか今度は童貞である僕をつかまえて『ヤリチン』という非道極まりない流言蜚語が流布している、まさに地獄を具現化したような状況になっていた。童貞なのにヤリチンて。何このパラドックス。


そんなこんなで結局下関でチャンスを掴むことかなわず、やっと東京に出て彼女ができたかと思えば浮気されたしな。何か?前世の因縁か何かか?



あーあ!みんな死ねばいいのにねー!o(^-^)oウフフ
posted by 肉欲さん at 03:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
あいかわらずアシッドで嬉しいかぎりです。
Posted by なっぱ at 2005年09月17日 06:45
悲しい過去をお持ちで…


泣けてくる
うぅ。
Posted by かな at 2010年05月27日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。