肉欲企画。

twitterやってます。

2005年09月13日

手・指

手を使い、指を使う作業、作業そのものが目的となる作業というのは、意外と大事なのではありませんか。

例えばあやとり。あれなんかはどこか何かを目指してやる作業ではありませんよね。あやとりそれ自体が目的の遊戯。

例えばぬり絵。既に完成されている絵にひたすらチマチマ色を塗る作業。すこぶる不毛な稚戯。

あるいはコマ。紐などを用いてクルクルと回し、回転運動が止まるまでの一部始終を見届けるというキングオブ時間の無駄遣い。


いかかでしょうか。最近そのような手を使い指を使う作業をしてますか?日々に忙殺されてそのようなゆとりがないのではありませんか?


「そんな下らない遊びをやるほどこちとら暇じゃない!」


と思った方、それは違います。確かに上述したいずれもは『遊び』ではありますが、しかし、実際は決して下らなくありません。

例えばあやとり。あれなどは紐の取り方を覚える為に記憶力を試され、また新たなる形を考える際に比類ない想像力を求められます。

またぬり絵。これなどは色彩感覚を養ったり、また既存の配色パターンを覆すヒントにもなり得ます。

更にコマ遊び。単純な回転運動ではありますが、その紐の回し方、腕の振り方には幾千幾万ものパターンがあり、その奥に潜む物理法則を学ぶ上で重要な示唆を与えてくれます。


お分りでしょうか。大人になった我々は、手や指を使った作業、遊びから遠ざかってしまいがちですが、実は遠い昔に行った遊びの数々はとても大切な、我々を形作る上で欠くべからざる行為だったのですね。

そういうわけで最近僕が行っている手を使い指を用いる作業として非常にホットなのは、体毛バーニングです。やり方は簡単で、部屋に落ちている髪の毛、スネ毛、時に陰毛などを灰皿上に一息に集め、おもむろにタバコを吸いながら、吸いさしでチリチリ…と…チリチリ…と…燃やしてや…るのです…これが…たまらへんのや…。ごっつ気持ちええねん…。(日記は唐突に終わります)
posted by 肉欲さん at 03:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
そうそう、おけけがちりちりってさきっちょからまあるく、くろーい玉になって燃えていくの。 くさーい、にほひを放ちながら。

って、あんさんのとらば、いったいなんやねん。ごっつえげつないんやけど。
Posted by fat して グー at 2005年09月13日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。