肉欲企画。

twitterやってます。

2007年06月21日

孫悟空さん公判記録(いわゆる元気玉裁判)

事件のあらましはコチラから。

 
裁判長「それでは検察の主張をどうぞ」

検事「はい。まず今回の事件ですが、被告人が妻と性交渉を行っていると、突然妻が死亡しております。通常、このような事態は到底起こり得るものではなく、それ故被告人には結果を発生させる明確な作為が存在したものと断定します。普通なら起こりえない出来事が、起きた――つまり被告人には、妻に対する殺意があったのです」

ざわめく法廷内。未だ押し黙っている弁護人。孫被告人は押し黙って下を向いている。

検「殺意を裏付ける明確な動機も存在いたします。被告人はかつて一世を風靡した著名な格闘家でした。しかし昨今、格闘技界は深刻な観客離れに陥っており、それが為に被告人の仕事も徐々に減っていきました。仕事がなくなる、ということは収入もなくなる、ということ。それにも関わらず、被告人はあっちにフラフラ、こっちにフラフラ、仕事もないのに遊び呆けるばかりでした」

弁護士「異議あり!被告人は遊んでいたわけではありません!」

検「ほう、それでは一体何をしてらっしゃったんですかねえ」

メガネをククイと持ち上げながら、不適に笑う検事。その佇まいに、苦虫をかみ殺したような表情を浮かべた弁護人であったが、寸後、何とか口を開いた。

弁「被告人は、修行に没頭しておりました。いつでも復帰できるように」

検「家庭を顧みずに、ですか?」

弁「確かにそのような謗りも甘受せねばならないかもしれません。けれども、それは全て家族を思えばこそのことであり――」

検「しかしそれにも程度というものがある。裁判長、いくら己の肉体を維持するためとはいえ、一切の収入のない状態で漫然と修行を続ける状況、これは明らかに社会通念にそぐわない行為ではないでしょうか?」

裁「弁護人の異議を却下します」

裁判長の宣言に、不貞腐れた顔で腰を下ろす弁護人。やや勝ち誇ったような表情を作りながら、検事は弁論を続けた。

検「そのようにして職を見つけない、見つけようともしない被告人の姿に、妻は段々と業を煮やします。日に日に会話は減っていき、口を開けばつい罵詈雑言が出てしまう……確かに夫を支えるべき妻がきつい言葉を吐く、というのはあまり好ましいものではありません。しかし、それも全て家庭を思えばこその言葉だったのです。けれど――」

そこで検事はひとつ間を置き、孫被告人の方をちらりと見遣った。被告人は相変わらずうつむいたままで、だからどのような表情をしているのかは判然としない。

検「被告人には、その言葉を激励だとは受け取ることができなかったのです。妻からの『このニート!何がサイヤ人だか!』『かめはめ波撃てりゃあ金になるんだか!?』『この宇宙一の粗大ゴミ!』『やっぱりヤムチャにしとくべきだった』『実はピッコロのことが好きだった』『天津飯のどどん波はすごかった』という叱咤の言葉を額面通り受け取ってしまい、憤り、腹を立て、次第に妻のことを憎むようになったのです」

再びざわめく法廷内。見ると、傍聴席から天津飯がこっそりと退席するところだった。

検「そして事件当夜……。夫婦仲が冷え切っていたとはいえ、被告人も立派な成人男性です。当然性欲も存在したでしょう。けれども、いかんせん財布の中には満足なゼニーも入っていない。一人の夜にも耐えかねる。そこで被告人は、およそ3年ぶりに妻の体を求めたのです」

弁「異議あり!事件当夜、体を求めてきたのは妻の方からであり――」

検「裁判長!ここで証拠物件である甲4号証をご覧下さい。それは被告人の妻が事件当夜見に着けていた衣服の残骸です。ご覧の通り、ビリビリに引き千切られております。仮に被告人の言う通り妻の方から関係を求めたのであれば、このように衣服が千切れるものでしょうか?」

弁「……ッ!」

裁「異議を却下します。検察は弁論を続けて下さい」

検「この証拠からも分かるように、被告人は火山を爆発させるような性欲に耐えかねたのでしょう。あるいはタマ揉みでも仕込みたかったのかもしれません。そのようにして妻に関係を迫ったところ、にべもなく断られた。おそらくその際に妻から『働かなくても飯は旨いだか?』『銭は稼げなくても性欲は溜まるだか』『ニートは自己処理で十分だよ!』『ナッパのクンッニはすごかった』などの罵倒を浴びせかけられたのでしょう。ついには激昂してしまった被告人は、力に任せて妻を押し倒し、その果てに――悲劇が起きてしまったのです」

しん、と水を打ったように静まり返る法廷内。傍聴席の最前列には、喪服を着たベジータ氏が親友であるナッパ氏の遺影を携えて着席していた。額には『ナッパを返せ』と大きく書かれた鉢巻が巻かれていた。

検事「以上です」

裁「それでは弁護人、主張があればどうぞ」

弁「はい。検察は先ほど、この事件が故意から引き起こされたものであると主張しておりましたが、これは純然たる事故です。確かに被告人は強引に妻との関係を迫った、との見方もできましょう。けれど被告人の認識としては、それもあくまでプレイの一環であったのです。多少嫌がる妻の顔を見て異常に興奮してしまい、『あら、いいですね』の波が何度となく押し寄せてしまった!これは動物生態学上、全く咎められるものではありません」

検「異議あり!主張の意味が分からない」

裁「異議を認めます」

弁「……そして被告人は当時、心神耗弱状態にありました。被告人、どうしてそのような乱暴なプレイに及んでしまったのですか?」

ここでようやくと顔を上げる孫被告人。うつむいていたと思われたが、それはただ単に居眠りをしていただけであったらしく、被告人の目は真っ赤に充血していた。

孫「ええっと、何だっけかな。ああ、そうそう。大丈夫だよ裁判長のおっちゃん、死んでもドラゴンボールで生き返るから」

弁「裁判長!このようにして被告人は現在もなお錯乱しており、妻は未だに生き返るものであると信じて疑っておりません。よって弁護人としては、被告人の精神鑑定を申し出ます」

またもやざわつく法廷内。傍聴席からはところどころ、狂ってる、いつかはやると思ってた、ツツイタポコペン、などの声が聞こえてきた。また最前列では、ベジータ氏が押し殺したような声で「ドドリア……!」とむせび泣いていた。

裁「静粛に!それでは本日の公判はこれにて終了いたします。次回の公判期日は……」

淡々と事務的な内容を双方当事者に伝える裁判長。一方その頃、孫被告人は息子である悟飯氏に対する手紙をしたためていた。

『拝啓
オッス、オラだ。
悪いんだけど、ドラゴンボール集めといてくんねえかな。
頼むぞ

敬具』


―6日後―


「おい、孫。息子から手紙だぞ」

先日出した手紙への返事が、ようやく返ってきた。
孫はわくわくしながら、冷たい拘置所の中で封筒を開ける。

『父へ

たくさんの激闘を経てきたあなたです。
今度は現実と闘って下さい。

悟飯』


この時、孫被告はようやくと妻が帰ってこないことを知り、静かに泣いた。


人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 16:13 | Comment(40) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
1?

オチが切ないw
Posted by K at 2007年06月21日 16:31
>あら、いいですね
テラヘイポーwwwwwwwww
Posted by 地球王 at 2007年06月21日 16:34
孫・・・・がんばれ・・・・
Posted by susteen at 2007年06月21日 16:35
ヘイポーwww
Posted by さら at 2007年06月21日 16:37
一桁w

孫さんの続編見れて嬉しいwww
Posted by コーフィ at 2007年06月21日 16:37
この裁判、、なぜかしら不利ですねぇ

息子がシビアで笑えました^^
Posted by なり at 2007年06月21日 16:41
ベジータひでえwwwwwwwwwww
Posted by ライカン at 2007年06月21日 17:04
ごくうぅぅぅぅぅぅぅwww
Posted by 火為 at 2007年06月21日 17:10
まさか続編がくるとは。
御飯テラキビシスw
Posted by きびなご at 2007年06月21日 17:41
ナッパのクンッニでなく、テッマンの方がすごそぅw
遂に神頼みもこれまでですね。
孫氏がプリズンブレイクするのを期待しておきます。(´ω`)ノ
Posted by ヒロ at 2007年06月21日 18:00
肉まんの上をひねる仕事といい、ベジータがひど過ぎる件・・・・( ´・ω・)
Posted by ズレコウ at 2007年06月21日 18:25
『あらいいですね』は仕方ないな…

べジータが腹立ちますね><
Posted by 加藤 at 2007年06月21日 18:55
続編ktkr
>あらいいですね
ヘイポーwwwwww
Posted by at 2007年06月21日 19:02
つーか、ナッパもドドリアも殺ったのべジータさんですよね(^^;)
Posted by ℃. at 2007年06月21日 19:22
ラストせつなひ。。。
しかしベジータ様の扱いがひどい!ひどすぎる!!
肉たんのばかぁぁぁぁぁぁぁ!!!
Posted by 未来。 at 2007年06月21日 19:44
ベジータお前www
Posted by 八夜 at 2007年06月21日 20:17
玉揉み仕込みたいねwwwwwwwwwwwwwww
Posted by キタイ at 2007年06月21日 22:02
タイトルだけで笑えた。
Posted by M2 at 2007年06月21日 22:16
普通に小説にして売ったらいいんジャマイカ?
Posted by だいきょう at 2007年06月21日 22:19
待ってました
Posted by ゆん at 2007年06月21日 22:30
せ、せつなッッ。。。
Posted by 浜梨 at 2007年06月21日 22:44
天さんwwww
Posted by at 2007年06月21日 23:18
泣いたwwww
Posted by こーちゃ at 2007年06月21日 23:23
孫ちゃんチチの事そんな好きだったのか…?
チチを殺っちゃいたくなる気もわからなくないが( ´ー`)
Posted by at 2007年06月22日 00:13
「悟空ー!!!!!!!!!!」




BON!!!
Posted by GT boy at 2007年06月22日 00:56
ちょうど前回の記事読んでからTOPに来てみればちょうど続きて。
現実と戦っていく悟空から目が離せません><
Posted by at 2007年06月22日 02:45
喪服のベジータ想像して吹いたwwww
Posted by みつる at 2007年06月22日 05:39
確かベジータがナッパを殺したような…藁
Posted by ロスト at 2007年06月22日 08:38
まさかこのシリーズの続編が来るとは・・・

来年度の重判には必掲でしょうな。
Posted by 雷 at 2007年06月22日 09:45
玉揉み仕込みたいねバカスwww
Posted by ぱくちー at 2007年06月22日 16:51
ちょっと切ない(´・ω・`)
Posted by はっさん at 2007年06月22日 17:30
コレはダッチワイフ、アラレちゃんに期待
Posted by at 2007年06月22日 17:34
『あら、いいですね』の波ってなんですかwwww
Posted by at 2007年06月22日 18:35
弁護人は間違いなく肉さん
Posted by 海苔 at 2007年06月23日 01:48
初コメントさせて頂きます。なんとゆう背徳ブログ…
描写、テンポ、語彙力…とてもクォリティが高く筋の滑稽さも兼ね備えており、驚嘆するばかりでした。きっと並々ならず勉強されていらっしゃるのでしょう。純文学寄りな雰囲気ですね。
後は書き過ぎている感があるので、もう少し削ってみては…
Posted by JOHNNIE at 2007年06月24日 00:32
同上
Posted by at 2007年06月24日 13:35
うわぁ!キタァ!忘れてたぁ!!ありゃあ額面通り受け取る他ないだろぉ!?最後巧いし悲し過ぎる(T_T)お悔やみ申し上げます
Posted by カゲギス at 2007年06月25日 09:49
最近どうしちゃったんですか?まさかネタ切れ?
Posted by ヒロシ at 2007年06月26日 02:04
ちょ、ナッパさん殺したのはベジータさんじゃないすか!!酷い逆恨みww
Posted by たけす at 2009年06月16日 02:16
どちらかというと精神耕弱しているのは
べジータの方。「ナッパを返せ」www
Posted by at 2010年06月26日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。