肉欲企画。

twitterやってます。

2005年06月11日

愛していると言ってくれ。

タンポン!タンポン!


という新しい挨拶(ノリ的には「hello!how are you?」くらいの感じ)を考えたので、みなさん是非使って下さいねー。

最近中島らものエッセイを読んだのですが、どうやらオチンチンの対義語、すなわち○マンコの公称というのがあるらしいです。真偽の程は定かではないのですが、20年ほど前に国が公募をかけたらしい。オチンチンなんてカワイイ名前が男性器にだけ付けられてて、女の方にはなんでないねん、という発想のもとの募集。いなせだねえ。

で、募集の結果一つの名前が決定したのですが、現在を以って浸透してないのを鑑みるに効果の程は推して知るべし。

そんなのどうでもいいから、お前早くその名前教えろよ!という声が聞こえてきそうですけど、まあ落ち着いて、な?用意したティッシュは無駄にさせませんから…。

そういう訳で、その幻の公称を使用した物語を完全ノベライズ。感動と狂喜の物語がここに誕生するのです。夕刊フジでの連載が待ち遠しい、といったところです。

それでは、どうぞ。





「ヤスコ、ヤスコ…」

荒ぶる吐息を抑えることなく、信夫はヤスコ(48歳。ダイナマイトボディを誇る淫乱。処女)を貪ろうとしていた。

「ああ信夫…早く私を犯して…竹島のように侵略してええええ!」

ヤスコの我慢も限界に達していた。失われつつある理性、しかしそれでも発言に時事ネタを絡ませることは忘れない。そう、ヤスコは社会派なのである。

「ああ、もう僕の股間もテポドンだよ!」

信夫も負けじと社会派ぶるのだが、いかんせんその言葉は意味をなさない。股間がテポドン…?湧き上がる疑問をねじ伏せながら、ヤスコは快楽に身を委ねた。

ヤスコの裸体に上から下と舌を這わせる信夫。その老獪なテクニックは、ヤスコの体を飴のように溶かしていく。彼らはもはや、本能を剥き出しにした獣になっていた。

「ヤスコ、もう我慢の限界だよ!」

「アタイももうダメ!早く!いれてちょうだい!」

そう言い放ち、ヤスコは脚を広げ秘部を恥ずかしげも無く顕にした。そこにそっと指を這わせる信夫。ベットの上で繰り広げられているのは、秘め事と言う名の男と男のラヴ・ゲームなのである。

「あああ!」

「すごい、もうこんなになってる・・・」

「ダメ!言わないで!」

ヤスコの秘部は、もはや我慢の限界といった風情でヒクついていた。昼間の貞淑なヤスコの姿からは想像もつかないことだ。これが…女というものなのか…。

「すごい、すごいよヤスコ…」

「ああっ!あああっ!」

「こんなに濡れてるなんて…すごく濡れてるよ…ヤスコのおパンポン!」





(おパンポン=女性器の公称)





そりゃないっぺ。
posted by 肉欲さん at 17:53 | Comment(11) | TrackBack(0) | 妄想 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
This is the funniest blog I have ever seen!
great!!!!!!!!!!!
Posted by fu Q at 2005年06月12日 07:10
たまたま見たら久々の更新に丁度出くわした。
男の物は突出してるからデフォルメしやすいけど、女性のはどこを取って「それ」にするかが分かりにくいっていうのが大きな問題だと思うのよ
Posted by 変態 at 2005年06月12日 11:17
自分の後ろ暗いルーツをかわゆく愛称で呼ぶのはちょっと・・・
(当該器官には「入れる」以外の用途もあるんです。
忘れてるかもしれませんが)
Posted by Cass at 2005年06月12日 14:00
携帯からレスってます…健気でしょ…?ねえ…けなげ…ですよね…!へへ…!

>fu Qさん

Thank you for your praising. By the way, I am a pen.

マジで外人さんなんでしょうか。それともからかわれてるのでしょうか。どちらにしても僕のブログはfunnyというよりはstupidだと思います。どうでもいいですけど。

>変態さん

この前から『元』が取れた変態さんじゃないですか。元が取れた変態なんてただの変態、混じりっ気なしの変態なんですね!見も蓋もないわよ!
さて、件の話ですが、じゃあここで一つ我々の性器にもっと愛らしく理知的な呼称を考えてみませんか?例えば、そうだなぁ、歴史的人物に倣うというのは有効な手立てだと思われます。




「おチンチン」

        ――カント



>カスさん

穴ってやつは入り口もしくは出口でしかないと盲目的に思ってました。まあ出口として使うことは生涯で一度しかないんですが。
Posted by 肉欲 at 2005年06月12日 17:13
携帯からレスってます…健気でしょ…?ねえ…けなげ…ですよね…!へへ…!

>fu Qさん

Thank you for your praising. By the way, I am a pen.

マジで外人さんなんでしょうか。それともからかわれてるのでしょうか。どちらにしても僕のブログはfunnyというよりはstupidだと思います。どうでもいいですけど。

>変態さん

この前から『元』が取れた変態さんじゃないですか。元が取れた変態なんてただの変態、混じりっ気なしの変態なんですね!見も蓋もないわよ!
さて、件の話ですが、じゃあここで一つ我々の性器にもっと愛らしく理知的な呼称を考えてみませんか?例えば、そうだなぁ、歴史的人物に倣うというのは有効な手立てだと思われます。




「おチンチン」

        ――カント



>カスさん

穴ってやつは入り口もしくは出口でしかないと盲目的に思ってました。まあ出口として使うことは生涯で一度しかないんですが。
Posted by 肉欲 at 2005年06月13日 01:59
それ、きいたことある。
一候補に「ワレメちゃん」っていうのがあったって知ってた?
Posted by ちびにゃんこ at 2005年06月13日 12:25
素直におマンマンじゃ駄目なのかと、常日頃思ってます。
Posted by さの at 2005年06月15日 15:02
むかしから、ぷっしぃーということに決まっている。
Posted by ☆あわび at 2005年06月23日 00:13
Posted by at 2005年07月12日 21:19
大陰唇がなぜびろびろである必要があるのか、解剖的理由が分からない。 貝などに見られる、例のびろびろは足のような物であろう。移動、吸着などに主に使われるのだろう。 とすると、やはり大陰唇も接合時に男性の股間部とぴったりとくっつき、例の、あの、ピタピタ、パンパンという音を奏でるのに一役買っていると解釈するのはあながち間違いではないだろう。
Posted by OH! MANKO at 2005年07月13日 07:42
久しぶりに振り返ってみて面白かったのでコメントしていきますww

プレイバック肉欲メモリーズの欄でリンクされるのが待ち遠しいです。
Posted by at 2008年07月17日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。