肉欲企画。

twitterやってます。

2007年05月21日

オナニーを振り返る

いつから僕たちのオナニーはぞんざいになってしまったのだろうか。

 
テクノロジーが発達すると、全体的に僕たちは欲が深くなる。欲が深くなるということは、簡単には幸福を享受できなくなるということだ。

たとえば現在はiPODが隆盛の極みに達している。僕はあまり音楽を聴かないのでiPODは持っていないけれど、ここ最近はweb上においてデータの形式で手軽に音楽を手に入れることができるらしい。そういえば僕もyoutubeなどで気になった音楽を聴くことが増えた、というかそればかりになったような気がする。

僕が中学生の頃は、未だマキシではない方のシングルCDが全盛の頃で、2曲入って1枚1000円、というのが大体の相場だった。当時B'zに熱中していた僕は、新曲が発売されるとすぐに皺くちゃになった1000円札と幾ばくかの小銭を握り締め、CD屋に走った。そして家に帰る道すがらに感じた、期待と興奮。

今、CDを買うことに対して期待することも興奮することもない。それは単純に可処分所得が増えた、という事実を度外視しても、最早CDを買うことに何のプライオリティも存在しないからだと思う。全ての音源がデータ化され、望めばすぐにあらゆる音楽が手に入る状況。あの頃、僕に沸き立つような興奮を与えたCDあるいはMDは、今僕の部屋の隅でホコリを被っている。

かつて、オナニーは僕の青春だった。否、オナニーこそが神だったし、オナニーこそが人生だった。国語の時間に源氏物語の話を聞けば「光源氏って、こいつ相当やな……!」と興奮を覚えては、その日のオナニーに思いを馳せた。日常のそこかしこにオナニーが散らばっていた。僕の心がラピスラズリよりも確実に青かったあの頃。

実家では、5畳の部屋に兄弟3人が押し込められた。人権やプライバシーという概念は完全にレイプされてて、だから僕の求めるオナニーには安らぎなんて少しもなかったし、オナニーは常にゲリラ戦だった。戦場で奏でるオナニー、だからそこに安らぎなんてなかったのだけれど、張り裂けるようなスリルはオナニー・タイムの悦楽をより一層高めたし、死の淵でチンポをライトハンド奏法することは、逆説的な背徳感を僕の心にもたらした。

結局、エロというものがその性質において閉ざされたものである以上、かつての僕のように家人の目を盗んでオナニーをする、というのは極上のスパイスなのだ。練習試合は存在せず、一球一球が常に決勝戦のマウンド。また兄の秘蔵AVをこっそりと持ち出し、とっくりと放出した後、1秒単位のズレもなく元の再生位置に調整する行為も、やはり命がけだった。おかげで割りと早い段階に『そうか、兄の琴線を奏でるポイントは、顔射だったのか』ということが理解できた。

シビアな状況に、シビアなオカズ。贔屓目に見なくても、あの頃の僕のオナニーは輝いていただろう。水泳の授業時、クラスメイトのスクール水着の股間部分に浮かぶ割れ目でポン!を目を皿にして見つめ、脳内にその映像を焼付ける。帰宅するや否や、まるでそれが重大な責務であるかのようにチン.comをダブルクリックし続けた中学時代。現在、アマゾンの熱帯雨林の木があるべき本数から8本減っていたとすれば、それは間違いなく僕のせいだ。ごめん、アマゾン。

けれど若草の時はとうに過ぎた。僕は現在自分の部屋を持っている。いつでもいつまでも、好きな時にチン.co.jpにアクセスできるし、回線速度は紛れもなくフレッツ光だ。オナニーに掛ける時間がもったいなく感じるようになった僕は、光ファイバーの勢いでオナニーを終わらせ、さっさと居酒屋に酒を飲みに行く。そこには最早ロマンもスリルもカタルシスも、何もない。

作業と化してしまったオナニー。
ルーティンの中に溶けていったオナニー。

かつて心にあったラピスラズリの青。
今は備長炭よりも黒くなってしまった。

・・・

「僕はこだわってオナニーしたいんですよ、肉欲さん」

昨日ラジオをしていると、スカイプを掛けてくれたキンパ君がおもむろにそう言った。へえ、と思ったね。僕とほとんど年齢も変わらない彼は、未だに熱い情感をオナニーに傾けているこの現実。方や漫然としたオナニーに耽って、安易な快楽を貪るだけの肉欲。こんなことが許されていいのか?

当然許されていいはずもなく、僕らは午後1時、スカイプを用いて鹿児島−埼玉間という絶望的な距離で『究極のオナニーとは何か』という普遍的なテーゼを議論した。実に楽しい議論だった。だから昨日僕は、いつの日にかに置き忘れた大事な『何か』を確かに思い出せたような気がする。

「やはり五感を刺激することが大事だよな。オーガニックな感じっちゅーかさ」

「そうっすねー。手触りでいうと、僕、今日起きて初めて触ったのが、『生茶』のパッケージだったんですよ。あの包装って、何か少しザラついてますよね?それがすっげー卑猥で……だから、起き抜けにオナニーしちゃいましたよ」

「たまげたなあ」

「だから触感は生茶的なテイストでいいんじゃないですかね」

「じゃあその線でいくとして、嗅覚に関しては、ガソリンの匂いとか淫靡な感じだと思うんだよね」

「確かに!嗅覚はガソリンで確定っすねー。あとは味覚か……」

「綿アメとかどうだろう。儚く口に溶ける感じが……」

「いや、それは少し弱いな。ハチミツ……ううん、少し違う」

「ちょ、ちょっと待った!いま、掲示板に鋭い指摘が為されたよ!『ナタデココ』……そうか、ナタデココか!」

「その論理には一点の曇りもないですねー。ナタデココ、これで本決まりですね!」

「後は聴覚か……個人的には女子高生のローファーの音とか、いいと思うのだけれど」

「うーん、流石に聴覚は個人差がありますからね。ここは各人の判断に任せるということでどうでしょう?」

「なるほど。自動車のハンドルにも『あそび』がないと、却って危ないからね。自由度は担保されるべきだ」

「最後は視覚ですか。僕なんかは鏡で自分を見ながらオナニーするのとか、いいと思うんですけどね」

「たまげたなあ。僕なんかは木々のざわめきを見ると、心が安らいで中々ライクな感じなんだけどね。視覚は難しいよ、実際のところ」

「けどね肉欲さん、既に基本5感のうち4感は制服している状況にあって、視覚をどうするか、なんて議論は最早意味がないと思うんですよ。おそらく4感を刺激した時点で、オナニーとしては終了してるのではないかと――」

「へえ、と思ったね」

という議論が尽くされ、だから結果として最高のオナニーは


『ナタデココを口に含みつつガソリンの香りを嗅ぎながら思い思いのサウンドに鼓膜を委ね、生茶のボトルをさする』


ということで見解がまとまりました。何かこう、想像するだに胸がワクワクしてくるでしょう。だとすれば、おそらくそれが『ときめき』です。ちなみにその後

「じゃあ結局のところ男が一番強い興奮を覚える画ってどんなのよ?!」

という議論も尽くされましたが、その際かなりの割合で『ああー、その画には興奮せざるを得ないかも分からんね』という声が上がったのがこの画(多少エロス。閲覧注意)。

ハッキリ言って僕もこの状況は大好き、というかどうして全ての女性がこの状況を演出してくれないのか、首を傾げるばかりです。女性が毎日でもこういうスタイルの着衣をするよう国を挙げて支援するべきだって、俺はそう思うね。民意ってそういうことだろ?マジで。

当該シチュエーションに関しては何ら適切な名称が付与されていなかったので、真に勝手ながら我々が喧々諤々の議論の末、ネーミングを施しました。掲示板には延べ100ものレスが舞い散り、まさに玉石混淆の命名式。その中には『残パン』『エネミーゼロ』『オフサイド』『スネ〜ク』『ナヴァロンの要塞』『燕返し』『天使の足かせ』など、珠玉の命名がいくつもありましたが、最終的に満場一致で「これだ!」となったのが

【疑似餌】

という名前でした。男を寄せ付け、一網打尽にする。そのパンツは決してセックスにおいて本質ではないのだけれど、どうにも僕らの心は乱される、冷静ではいられなくなる。ストレートにエロスな単語ではないのも、いいじゃないか!あれはまさに疑似餌、僕はそう思いましたね。

そして今日僕はローソンに赴き、やおらナタデココと生茶を買った。なんだかオーガニックな気分になっていた僕、今日のBGMは葉加瀬太郎の『情熱大陸』のテーマでキメ。やおらジャージを脱ぎ去り、ナタデココを口に含み、生茶のボトリングに柔手をフワリ。そして画面いっぱいに映し出される疑似餌の画・画・また画。ボルテージは既にクライマックス最高潮、そしてその時僕の胸中に渡来したものは?!?ラピスラズリの青なのか!?!



激しい絶望に決まっているだろうがクソが。何が生茶だ。ブチ殺すぞあの金髪。

「オイオイ!ガソリンがあったらまた違ったんじゃないのか?」

黙れよ。お前小学生の時、検尿とか遅れて出すタイプだっただろ!?!ホントにそう思うんなら、アンタがやってみろよ!!

沈黙が部屋を支配する、夕景。
僕はおもむろに『環境問題』との名が冠されたフォルダを開くと、静かな調子で中にあった一つのファイルをダブルクリック。

「やはり紅音ほたるはギャル系路線に進む前が最高だな。手の振動が止まりませんワイ」

というようなことを画面に向かって祈りながら、願いながら僕は。僕は嗚呼。


そしてアマゾンの木が、今日もまた消えた。

人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 20:48 | Comment(47) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
ゲト


深っ…
Posted by 六浦マスオ at 2007年05月21日 20:58
アレだけ詰めて話しといてダメだったんすかwwwww
Posted by at 2007年05月21日 20:59
僕なんかは星座したまま絶頂、足を崩すのを忘れてつるなどということがよくあります。
その痛みがたまらない。
Posted by at 2007年05月21日 20:59
環境ですか
Posted by KT at 2007年05月21日 21:03
はじめまして
相変わらず肉欲さんのお考えは深い^^
Posted by ズレコ at 2007年05月21日 21:06
初めまして。いつも楽しく拝見しております。
ところで、掲示板やネットラジオの告知というのはどこにあるのでしょうか?
Posted by 塔 at 2007年05月21日 21:10
生茶ふいたwww
Posted by kiko at 2007年05月21日 21:11
秋月杏奈の頃ッスね^^
Posted by 茂吉 at 2007年05月21日 21:25
やっぱりそうなのか!!Mr.Childrenの桜井さんも 「男性は全裸の女性より パンティが足にひっかかった状態のほうが好きだ」
って言ってました!!!
Posted by at 2007年05月21日 21:34
相変わらずのカオスですね

8mmのCD?

【肉欲より】

おおっと!ちょっと誤解してました。CDのところ、若干修正しました!まいど!
Posted by at 2007年05月21日 21:36
『疑似餌』誕生の瞬間、立ち会いましたw
あれだけ長い時間話してたのに残念ですね(´・ω・`)
Posted by peri at 2007年05月21日 21:42
「燕返し」「ナヴァロンの要塞」「スネ〜ク」の投稿者です。

肉さん愛してるよ〜
Posted by at 2007年05月21日 21:56
できてあまり日の経っていないアスファルトのかほりもなかなか…
Posted by 育子 at 2007年05月21日 22:25
靴屋の匂いも、激しく興奮しますね^^
Posted by ユカ at 2007年05月21日 22:31
「たまげたなぁ」ってフレーズいいですね。
使わせていただきます。
Posted by 会社員 at 2007年05月21日 22:44
僕が戯れに「足首にパンツが引っ掛かった状態に燃える」書いた事があんな事に・・・ 

『疑似餌』誕生の瞬間は恍惚・・・
Posted by ado at 2007年05月21日 22:47
僕はパンティーというか、服は着ているけれど恥部だけ露出してるみたいなのが興奮します。
ランキング2位になってますよ。
Posted by 埃 at 2007年05月21日 22:57
深い、実に深すぎる…。なんと言えばよいのだろう。
嗚呼、心が静かに感動している。




第4話も楽しみに待ってるおー^^
Posted by at 2007年05月21日 22:58
オゾン層の破壊や木々の伐採は、肉欲さんのせいだったんですね!
Posted by 神2号 at 2007年05月21日 23:35
たまげたなあwwwww

Posted by 肉欲崇拝 at 2007年05月21日 23:51
初コメです。ワシの処女は開眼しおったわい。
いつ見ても素晴らしいですね!!
Posted by 正露丸 at 2007年05月22日 00:09
|・ω・`)
オナニーで発電できれば
CO2も減らせて地球環境にも優しく
親に見つかっても『発電中だよ!!このまま火力や原発に頼るのかよ!!」』と言えるとでつ。
Posted by アドリアン☆アドニス at 2007年05月22日 00:10
や、やったよ父さん、天使の足かせがノミネートされたよ……
あとは小悪魔成分を足して、自分なりの呼び方を作り出してみます。
Posted by きびなご at 2007年05月22日 00:18
肉欲さん大好きです!
女のオナニーについて赤裸々にブログ書いてるんで、是非肉欲さんに見ていただきたいです!
Posted by at 2007年05月22日 00:39
いやいやイヤー、祈っても辞めない限り木は減り続けるよ?都合がいいなぁ!
人間は…


なんか半端なツッコミですんまそんm(_ _;)m
Posted by カゲギス at 2007年05月22日 00:43
環境問題wwwwwwwww
その手の偽装、中学生のときにむっちゃがんばってた。
Posted by taks at 2007年05月22日 00:56
紅音ほたるはそうだおね
Posted by 愛 at 2007年05月22日 02:53
親戚のお兄さんのせいで母乳物好きになったw

生茶より一のほうがいいと思う
Posted by Sim at 2007年05月22日 04:16
僕はおかずが女子高生から熟女までイって宇宙が一巡して今は炉利とか幼女になってしまったんだ
時々自分の人生これでいいのか肉棒をしごきながらかんがえるんだ
Posted by 夢追い人 at 2007年05月22日 04:37
ちんぽこをライトハンドしてみても射精ができなかった俺はギタリストとして情けない。
Posted by カウチポテト at 2007年05月22日 09:25
擬似餌wwwwww

まぁ園児の黄色帽子にすら欲情する俺だがよ。
Posted by だいきょう at 2007年05月22日 11:56
ほたる様のギャル路線に行く前の黒髪、マンセー!w
Posted by バニラ at 2007年05月22日 12:20
疑似餌かぉ。『旗日』とかはダメ?シミがあれば日の丸っぽいし
Posted by 深海 at 2007年05月22日 12:20
全身タイツで胸とヌンコと各々のフェチな部分が出てるのは
Posted by M at 2007年05月22日 14:27
相変わらずのクォリティ
Posted by at 2007年05月22日 14:40
生茶はだめでしたか・・・w
ナタデココはよかったんですかねw

擬似餌、俺はこれに釣られる。
Posted by しーぽん at 2007年05月22日 17:05
> たまげたなあ
藤岡弘、隊長万歳!
Posted by T at 2007年05月22日 18:56
「僕がセクロスが上手いのは長い間、一人で練習したからだ。」 By ウッディ・ アレン と云う言葉を思い出しました。ただひたすらに己の性的嗜好を追求するのも自分を知る、という意味でアリだと思いますが、私はやはり、他者との繋がりを意識するのが良いです。
Posted by ピアスのマー坊や at 2007年05月22日 19:43
疑似餌…

そんなに良いものですか?
俺には理解できませんよ。
Posted by 漢侍 at 2007年05月22日 21:23
紅音ほたるの「最高のオナニーのために」を購入し、一度も抜かなかった2006年夏。
Posted by at 2007年05月22日 21:26
>やはり紅音ほたるはギャル系路線に進む前が最高だな。手の振動が止まりませんワイ

これには同意せざるを得ませんね。
Posted by at 2007年05月23日 00:10
今でもCD一枚にドキドキする者です。


秋月はガチ
Posted by 海苔 at 2007年05月23日 02:28
生茶のパッケージは勇者だとおもいます
Posted by 上さん at 2007年05月23日 06:53
鹿児島埼玉談話全く意味ねぇー

俺も疑似餌に釣られた
Posted by 雷ちゃん at 2007年05月23日 14:06
まさにパルプフィクションやねw
Posted by 江南乃風 at 2007年05月26日 08:04
このオナニー論‥感動した(ノд`)~゜
Posted by 新黒 at 2007年05月26日 21:11
紅音ほたると三上翔子のレズAVは僕の宝物です
Posted by at 2007年05月28日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。