肉欲企画。

twitterやってます。

2007年04月26日

回って、回って

 

little love song.jpg



 


とある事象が何か意味を有していたとしても、その意味性は本当に曖昧で儚くて、ふとした瞬間に全てが水泡に帰してしまうこともよくある話で。

僕にとってのキミとの記念日も、まさにそんなものだったように思う。4月26日、それはキミと出会った日で、僕にとって最も大切な日、だった。

4月26日。
それは、キミがいなくなってしまったいまとなっては、どこにもどこを探しても、意味なんてなくなってしまった日付。

いつも僕の少しだけ先を歩くキミは、僕が追いかけようとするとすぐに悪戯っぽく駆け出して。そんなキミだから、僕も本気になって追いかけようとするんだけど、脚の速いキミはいつだって曲がり角の先でかくれんぼ。どこにもいなくなっちゃったキミを探してる僕が、少しだけ寂しい気持ちになった日もあったんだ。

控えめだったキミは、驚かせようと思って贈った僕の突然のプレゼントにいつもびっくりした表情になって、その後なぜだか悲しい顔になっていた。どこかで、何かでキミを喜ばせたかった僕の気持ちが先立ちすぎて、キミに変な負担をかけていたんだろうか?いまになって、急にそんなことを思う。

新しい合鍵を作って、キミの家で料理を作って待っていた時。あの日もキミは、僕の料理に驚いた顔をした後にちょっとだけ怒ったっけ。良かれと思ってしたんだけれど、その気持ちは一方通行に過ぎたらしい。僕はあの時、どうしてキミが怒るんだろう、キミのために作った料理なのに、って少しだけ狼狽したんだ。

いまとなればそれも、差し出がましい僕の傲慢に過ぎなかったのかもしれないと、少しだけ胸を締めつける。全てが過ぎたいまとなっては、キミに問いかける術もないけれど。


どうしてなんだろう。
楽しかったキミとの日々のはずなのに、思い出すのは後悔の記憶ばかりなんだ。


キミと僕。
何が同じで、何が違って。

『好き』だって気持ちは確かだったのに、罵り合ったりすれ違ったりが、やけに多かったように思う。
エンドマークを打ったのは僕の方からだったけれど、それはただ偶然に僕がその役割を担っただけで、あるいはキミの方から別れを選んでいたとしても、それは不思議なことではなかったのかもしれない。


流れ去るだけの時間の中では、全部がどうでもいいことだけれど。


ねえ、キミ。

もっと幸せな僕らの形は、どうにか紡げなかったのだろうか。

あらゆる出来事は思い出の中に溶けてしまったけれど、それでも全ての時々に僕がキミを大切にしたかった思いだけは、本当に確かなんだ。


キミと出会った日、4月26日。
もう僕の前からキミがいなくなったいまとなっては、365分の1でしかない平凡な日付。

脳髄が溶け出してしまいそうなほどに大切に思っていた日は、意味のあった26日は、いまはこんなにも切なくて、儚い。

キミと出会った日、4月26日。
いまとなっては、意味も何もないただの記号でしかない日。
だからきっと僕が26日を大事に思っていたのは、本当に曖昧な基盤の下に根付いていたんだと、いま気付いた。キミがいて、初めて4月26日は4月26日だったんだと、いま気付いたんだ。

心からそう思う。
僕は、本当に。



ねえ キミ

口の端から血を流して
乳房の上から 包丁を突き立てられて
色を失った瞳を湛えて
僕の手の中で 人形のようになってしまった キミ

それでもキミは 本当に綺麗だよ


だから今日は、新しい日。
キミと初めてお別れした日。

僕の買った文化包丁がキミの胸の中にするりと入った時、キミは本当に驚いた顔をしていた。最後の最後まで驚かせるのが好きな僕だったけど、今度のプレゼントはキミにとって喜ばしいものだったのなら、僕は本当に嬉しく思う。

息の途絶える、最後の瞬間。キミは何も言わずに目だけをぱちくりとさせて旅立ってしまったけれど、どこかでそれを望んでいたキミの気持ちが、僕には分かるよ。きちんとデートをしたことも一緒に食事をとったことも一緒に映画を観たことも一緒に買い物に行ったことも満足に会話を交わしたこともなかった僕らだったけれど僕には本当にキミの気持ちが心からよく分かるんだ理解できるんだ伝わるんだ感じ取れるんだ心に響いてくるんだ本当に本当に本当に本当に、海の方から吹いてくる風のように直裁に、僕の心に。


僕はそっとキミの髪を撫でる。
僕が髪を撫でて欲しいキミは、もうどこにもいない。



意味のあったものは儚く意味を失って、
そしてまた新しい意味を携えるんだ。



回って、回って、ぐるぐると、回って。





Good-bye my sweet anniversary,
and happy new anniversary.



人気ブログランキング

【フィクションです】

posted by 肉欲さん at 18:52 | Comment(41) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
思い込みは怖いお。。。
Posted by PeKE at 2007年04月26日 19:05
小さな恋の・・・怖すぎる・・・。
肉欲さん大好きです。
Posted by at 2007年04月26日 19:50
下くない・・。
Posted by んふ at 2007年04月26日 19:58
こええええ。
でもなんかイイ。
Posted by あん at 2007年04月26日 19:59
相変わらず凄いなぁ。
俺の文章力でこれを書いたらきっと腐女子のポエムになっていただろう
Posted by leaf at 2007年04月26日 20:10
世の中のすべて思い込み
Posted by G at 2007年04月26日 20:23
こういう類の文章はいくらも見たことあるし大抵のものは先が予測出来るのだけど、これは違いました。最初の映画の写真の効果もあるかもしれないけどやっぱ凄いなぁと思いましたよ。大げさなのかもだけど肉さん尊敬します。将来肉さんが作家とかになったら……作家モエ…
Posted by やっぱ男の人の浴衣はイイよね!! at 2007年04月26日 20:30
久々にこえぇ
Posted by ヒゲ at 2007年04月26日 20:35
ふーん、だから?と思った俺は修羅場スレ見すぎでV系聴きすぎ
Posted by at 2007年04月26日 21:01
こええ。

でも自分的にこういう肉欲クオリティってすっごくおk。

Posted by だいきょう at 2007年04月26日 21:22
肉欲さんSugeeee!!

背筋が瞬間冷凍した。
Posted by し〜 at 2007年04月26日 21:56
カオス、エロはもちろんこんな文章を書ける肉欲さんが大好きです。
掘ってくだしあ
Posted by at 2007年04月26日 22:00
これは新鮮!
改めて肉欲さんの凄さがわかりました(・∀・)
Posted by 海蛇 at 2007年04月26日 22:31
ライノベでもダークなの全然あるし
こういうの好きです(・∀・)モエッ
血とかリアルでも平気(ry


Posted by あい at 2007年04月26日 22:43
こ・・・こわい。。
でもっ好きっす☆★
Posted by てちゅろー at 2007年04月26日 23:41
下ネタ様かと思ったのに…
Posted by at 2007年04月26日 23:42
素直にすごい・・・
背筋凍った(^ω^;)
Posted by at 2007年04月26日 23:47
おや今日は少し違う?と思いながら読みましたが、肉欲さんの文才はやっぱ尊敬します☆リアルな感じがしました☆
ここのブログを、最初から読んで今日やっと読み終わりましたよ〜(*^-^)
Posted by はち at 2007年04月26日 23:56
いつものやうな前置きだと思ってたら…
Posted by at 2007年04月27日 00:26
途中からさばかれる魚の話かと思った俺って…
Posted by ぐったり at 2007年04月27日 00:36
純粋な凶気ですね。
ちょうどヤンデレについて語ってた後なんでビビッたww
考えてることが同じって事か?
Posted by Sim at 2007年04月27日 00:44
純粋な狂気…。


怖いケド。独占欲のいきつく場所は、こんな狂気だと思う。
Posted by ぽちり at 2007年04月27日 01:07
悲劇か喜劇か…

他者への理解は微塵も無く、ただ、己を押し付けるのみ。
エイメン
Posted by ピアスのマー坊や at 2007年04月27日 01:26
書く人が書けば、ただ陰鬱でこちらの気が滅入るだけになるかもしれない文章が、
こんなにも美しい。
Posted by at 2007年04月27日 03:21
初コメです。
何だか泣いてしまいました。びっくりしました。泣いた自分に。
Posted by はゆ at 2007年04月27日 06:55
またいつものようにゲスい感じで終わると思ってたのに
Posted by at 2007年04月27日 09:12
恐ろしい文章構成力ですな☆
いつものエロスな展開を予想しちゃうぶんいいですね。こういう肉欲さんも好きです!
Posted by ひで at 2007年04月27日 11:14
ストーカーコワス・・・
Posted by at 2007年04月27日 11:37
めっさ好きです。
途中までは切な…かったけどなんとなく肉欲さんならそのまま終わりはしない気がしてました。
予想外な結末すごい♪♪けどとてもこわい↓
Posted by yurika at 2007年04月27日 15:40
新しい境地をかいま見た気がします。
Posted by ryo at 2007年04月27日 15:52
肉さん素敵です。
ある意味ロマンチック。
Posted by なな at 2007年04月27日 21:17
すんません、「キミ」ってのは鰺とか鰯で、文化包丁で腹から包丁入れて三枚におろす…オチ読めた!と思ってました。
Posted by まぁ at 2007年04月27日 23:51
なんで回って 回ってなんだろう



やはり並じゃないぜ肉さん…
Posted by at 2007年04月28日 09:41
ふ る え た ‥ !!


Posted by らいらい at 2007年04月28日 13:17
魚と
回転寿司
が浮かびますた
Posted by at 2007年04月28日 23:22
回る回る
くるくる
狂狂?
Posted by りょー at 2007年04月29日 00:42
普通にsugeeee
Posted by at 2007年04月29日 00:44
初めまして。
愛情深い人ですね。
やっぱり好きです。
Posted by 霞凪 at 2007年04月29日 07:23
お初デス☆彡
肉欲サンすごすぎッッ
そしてこゎ-
ギザヤバス
Posted by 美宇 at 2007年04月29日 23:35
初めてアップされたときから、毎日何度もこれを見ました。

読めば読むほど、味が出てきます。
Posted by ぽっぽ at 2007年05月02日 22:58
ストーカーってこんな心境なのかな
Posted by あ at 2009年06月17日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。