肉欲企画。

twitterやってます。

2007年04月16日

資本主義の豚

いい加減肝臓がポンコツになっているらしく、深酒をすると大抵次の日には全身を謎の激痛が襲う。先週金曜、福岡のクラブでほぼオールナイトをカマした僕は、天神のネットカフェで泥となって眠った。起きた。やはり体が痛かった。明らかに筋肉痛の類ではない、別種の何か。

 
「まあ、そういうのもロックだろ!」

かつて中途半端にバンド活動などを行ってしまった僕は、都合の悪いことを全て『ロック』の一言で片付けてしまう。突き詰めて言うと、じゃあロックって何よ?!なんて疑問も浮かぶのだけれど、そんな内なる声はあざとくシカトを決め込む。つーか、今更前日の深酒を悔やんだとしても、時計の針はもう戻らんだろ。つまるところ人間、道は前にしかないのだ。だったらひたすら進むしかないよね。

ネカフェの席から立ち上がった瞬間、先ほど戯れに胃へと流し込んだカレーライスが強烈な自己主張を叫んだ。出してくれ!そんな声が聞こえる。どうやら胃液が春のストを起こしたようだ……なんて考えた僕はトイレに駆け込んでフロムインドの物体を迅速に吐き出した。ケツから出るべき黄土色のマテリアルが口から逆噴射。いつの間にか俺の体にはオートリバース機能が搭載されていたらしい。ユ、ユビキタス!そんなことを考えながら、僕は再び博多の地にてマーライオンになった。

ぐんなりと色を失った肝臓を持て余しながら、僕は下関行きの高速バスに乗り込む。友人の結婚式に向かうための帰郷だったけれど、ハッキリ言って既に自宅に帰りたかった。

大体が『ご祝儀』だなんてファックなシステムを考案したのは一体誰なのだろう。お祝いの席において、欧米的な拝金主義はわが国に馴染まないんじゃないのか。

『おめでとう!』

仲の良い友達の間にあって、その言葉以上の祝いの形があろうはずもない。だのに、どうして金を包まなければならないんだ……。金銭の多寡=友情の度合い、とかそういうことなのだろうか?

そう言えば最近、数値化しないと物事のアレソレナニコレが把握できない輩が増えておるような気がしてなりませんわい。どうも僕的には、ドラゴンボールの話の中で『戦闘力』という概念が登場して以来、日本の若い者の間で『数値至上主義』が芽生えたような気がする。やはりラディッツが地球に来襲した影響は、存外に大きい。否、大きすぎる。

そもそも、あらゆる場面において金銭なんてものは、自分の好きな額を出せば足りるのではないか?例えば同じ1万円であっても、月収1千円の人間が捻出する1万円と、時給4500円を稼ぐ人間が払う1万円とを比べる場合、おのずと両者には(観念的に)価値の相違が存するだろう。前者が搾り出す福沢諭吉は後光が差すほどに尊いけれど、後者のひり出す福沢諭吉その人は、後光どころかただのパンシャブ官僚にすら見えてくるような気がする。もちろん僕の視力は2.0だ。俺の言ってること、分かるか?

身の丈を超えた額の金を惜しげもなく叩きつける行為には、間違いなく神が宿っている。それは日本人が『一杯のかけそば』の逸話に涙を流す事実からも証明されている。逆に、成金が惜しげもなく金を撒く行為は、全体的に軽蔑される。


light.jpg

上の絵は有名な風刺画である。
説明すると、芸妓、靴を探して曰く

「暗くてお靴が分らないわ」

成金、その様を見つつ100円札に火を灯して曰く

「どうだ 明るくなったろう」

この文脈での成金は、完全にアホの人扱いである。もちろん彼の内心としては「惜しげもなく100円札を燃やす俺、超格好いい」との思いを抱いていることはほぼ確実であり、更に言えば、おそらく成金の彼はこの後に懐からもう数枚の100円札を取り出して曰く

「嬢ちゃん、ワテのチンポを舐めなはれ」

と激動のような勢いで買春をカマすのだ。そこにあって彼の支払う数百円(おそらく、今の価額で数万円〜数十万円)がいかに高価であっても、一切の有難みは存しない。もちろん金は金なので、その数百円を拝受した芸妓さんは一応喜びながら、とりあえずマンコをポート開放して男のチンポをP2Pしてしまうのだろう。

けれど、彼女のマンコがどれだけ濡れていても、それは絶対にローションによる湿りに違いない。お金のパウア(power)で彼女の股は開けても、お金の力だけではバルトリン腺液(≒マン汁)を分泌させるのは不可能なのだ。なぜならマン液、それは股ではなく、心を開いた時にしか分泌されないからだ!金で心が開けるものかよ。

しかし、同じような場面で仮に時給200円の苦学生が10000円札を燃やした時は、少し事情が変わる。

苦学生「あ、明るくなって見えやすくなりましたかね……?」

ジュン!その瞬間、彼女の心は確かに開く。行為自体は成金の人が行ったものと寸分違わないはずなのに、苦学生の前にあっては確実に芸妓のヌンコがマれる。なぜなら、この文脈において苦学生が燃やしたのは、10000円札という単純な物質では決してなく、彼の『魂』そのものだからである。換言すれば、この瞬間に苦学生は彼の50時間を燃やしたに等しいのであるからだ(時給200円×50H)。その時、女のマンコは滝となる。

結局、あらゆる設定数値は総体的な目安でしかないじゃない。杓子定規な金銭基準で、当人の魂の色までは判別できまいよ。苦労をして稼いだ金をぶっ放す行為は、本当に綺麗だ。その時に削られているのは本人の懐なんかじゃなくて、むしろその人のソウルそのものなのだから。

単純に数値化された金銭なんて、下らないし、なんの意味もないのさ。そうだろ?


「ヘイヘイ!ちゅーわけで、明日のご祝儀は大体5000円くらいが俺のソウル具合として美しい感じだと思ってるんだよね!」

実家に帰り、両親の前で決然とそう言い放った瞬間、僕のパパ&ママは怒りに狂った。まさか23歳にもなって両親からお叱りの言葉を賜るとは想像だにしていなかった。無念ここに極まれり。僕は小学生の頃から貯め込んでいた子供銀行への預金を、光の速さで解約した。涙が溢れた。

この度入籍した友人は、高校の頃の同級生である。僕が未だ童貞だったあの頃、精子の匂いを髪の先まで染みつけていた俺は、修学旅行で赴いた長野の雪山において、アイツに向けてチンポの先からアナルの皺の一本一本に至るまで余すとこなく情報を開示した。もちろん、ライブ(生)のショーであった。

「こいつを見ろ!」

とシャウトしながらアヌスをかっ開いた俺。アイツの引きつった笑顔は、今でも脳内の皺の一つとなって僕の記憶に沈殿している。楽しかったなあ、あの夜。

誤解することなかれ。確かに僕はヒリつくアヌスを彼に見せはしたけれど、それは別段、性的な意味での行いじゃなかったんだ。友達だからこそ、本当の僕を見て欲しい。大事なお前だからこそ、有りのままの俺を見てくれ!その切ない想いが、僕をしてアヌスをこじ開けさせただけのことである。不器用な性格でね。そういう即物的な形でしか、俺は俺の本心を打ち明けられなかったんよ。

「もう……その汚いのしまえ……!」

不器用な僕だったから、僕の気持ちはあんまり彼には伝わらなかったみたいだけど。でも、それだって結局若さゆえの不調和でしかないさ。今なら分かる、そうだろう?西村。

「ヘイヘイ!ちゅーことで、俺はこのスーツで出席しようと思ってんだよねー」

前日、福岡のクラブで大暴れしたせいだろうか、ボロ雑巾のような姿になってしまったスーツを親に誇示しながら僕は言い放った。等身大の俺を見て欲しい!気持ちだけは、あの頃のままでいたいワガママな俺。ボロボロのスーツだって、それが今の俺なんだって思えば、決して汚くはないだろう?西村。もちろん、綺麗なスーツこそが正装であり、常識的な格好であろうことは僕にも分かる。ただ、俺を常識で計ろうだなんて、ちゃんちゃらおかしいね。そうだろ?!


というようなロジックは怒りに荒ぶるマイ両親の前で粉々に粉砕され、あわや涙の寸前までズタボロに怒られることとなる。まったく、いつまでも子離れのできない親でね。俺が褒められて伸びるタイプの子だってことを23年経っても気付いていないらしい。

半泣きでそんなことを呟きながら馴染みのクリーニング屋に駆け込んだ僕は、ほぼ土下座するような格好で「これ、あ、明日までにピカピカにしろ!いや、して下さい……!」と稀代の大懇願。ひたすら渋い顔で「棒ちゃん、アンタね」と聞きたくもない小言をカマしてくれると、店のオバちゃんは僕の財布から鷹のように樋口一葉を強奪していった。愛って何だろうね

結局、財布をスッカラカンにしながら結婚式に出席したものの、式それ自体は涙、涙の素晴らしい式で、新郎が母親と抱擁するシーンを見ながら僕は辺りを憚らずに泣いた。きっとこれも後から振り返れば、いい思い出になるのだろう。そうだろう、西村?僕はそっと西村の手を握る。幸せに、なれよ。

「棒ちゃん、これ、何?」

西村、僕が手を握った瞬間に素早く手渡した包みを見て、僕に問うた。

「何ってお前、コンドームに決まっとりますがな。結婚したからっちゅーて、避妊を忘れたらいかんやろ!頑張れよ、初・夜!」

瞬間、西村の右腕から僕の肝臓に向けてキツい一発が閃光のように炸裂した。ワインやら日本酒やらをしこたま飲んでいた僕は、福岡を包む鮮烈な青空の下、この週末で通算三回目のマーライオンとなった。


人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 23:08 | Comment(49) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
マ、マーライオン・・・マラ イオン

肉さんは自分に素直に行動できる人です。今の日本に必要なエナジーを感じるです。
Posted by たく at 2007年04月16日 23:15
にくさん、おからだたいせつにしてね
Posted by at 2007年04月16日 23:16
初夜wwwwwwwwwwwww
Posted by at 2007年04月16日 23:17
あ、初カキコです☆
嬉しい…肉さんに初めてを頂けるなんて(爆)
Posted by ゆぃ at 2007年04月16日 23:17
いくら金額が問題ないとはいえ5000はないだろww
Posted by at 2007年04月16日 23:17
苦学生のくだりで凄まじく納得した

肝臓は大事にしてください…
Posted by at 2007年04月16日 23:18
1?
やっぱりいつになっても避妊は必要だというね。親心だねぇ
Posted by ちゅん at 2007年04月16日 23:19
肉しゃんと結婚したいです(o ̄∇ ̄o)/
Posted by みちる at 2007年04月16日 23:27
アッー!!
Posted by at 2007年04月16日 23:30
ユビキタスとP2Pをあんな使い方する人初めてですわwww
やっぱり天才だなぁ。
Posted by at 2007年04月16日 23:31
ちょwwwwwww
吐きすぎwwwwwww
Posted by ニー at 2007年04月16日 23:48
笑えます。
でも、たまには休養も大事ですよ。肝臓が春闘に突入しないことをお祈りしてます。
Posted by 石塚 at 2007年04月16日 23:49
いいねいいねっ
Posted by M at 2007年04月17日 00:13
銀座のマンコの諭吉さんは売春親父でしょうか??水商売を生業としているわたくしには少し悲しいお言葉です。少しは肝臓に優しくしてあげてくださいね(´・ω・`)

【管理人より】

ご指摘ありがとうございます。
語弊が存したようですので、修正いたしました。
ご気分を害してしまいまして申し訳ありません。
私の内心としては当該職業を生業としている方を貶めるような心積もりはなかったのですが、読み返してみると配慮が足りておりませんでした。失礼いたしました。とりあえず肝臓をキツくシバいておきます。
Posted by at 2007年04月17日 00:15
なんというマーライオン…間違いなくマラ、イーオォォォ!!!!!!!!!( ゜ω゜)フォー!!!!
Posted by 豚足企画 at 2007年04月17日 00:19
痛風予備軍ですね。

ボクもアナタも。
Posted by at 2007年04月17日 00:20
いつか一緒に酒を飲み明かしたいです(^ω^)
Posted by きょろ at 2007年04月17日 00:32
懲りずにまた来ちゃいました☆結婚したいぉ(・ω・)
Posted by あち at 2007年04月17日 00:39
>愛って何だろうね。
このフォント煽りには泣いた!
Posted by 肉好き男 at 2007年04月17日 00:44
肝臓大切にしてくださいねw*。(*´Д`)。*°
Posted by しましほ at 2007年04月17日 01:04
身体が痛くなるのは痛風でしょうね。
もしくはそれの予兆みたいな物だと思います
飲酒の翌日には同じく身体が痛くなりますが

年を重ねるにつれ爆発する
可能性が高くなるという話を聞きました
Posted by at 2007年04月17日 01:13
ユ、ユビキタスwww
ご両親は大切にした方が良いに決まってますが。。。金は一切出さずですかぁ。。。ウチの親とは違うっぽい。ドレスとか冠婚葬祭一式買って貰ってしもたょ;;;
Posted by にゅうめん at 2007年04月17日 01:50
つ、痛風はないと思うけど。。。年も年だし。
まあ、肝機能は測っておきましょう!
Posted by at 2007年04月17日 02:01
昨日もコメントしちゃいました、肉さんは、私と同じ年なんですね

とても楽しく拝見させて頂いてます、いつもありがとうですヽ(´ー`)ノ


肉さんって面白いですね、でも寂しがり屋な感じ これからも、拝見させていただきます。
Posted by あい at 2007年04月17日 02:57
初めて書き込むなぁ・・・

いつか肉さんとお酒でも飲んでみたいものです・・・w
Posted by コーフィ at 2007年04月17日 03:14
うーんロックですね、たまには肝臓休日でも作ってあげてくださいな(´・ω・`)
Posted by よったん at 2007年04月17日 03:26
マーライオンなり過ぎwww

カラダはお大事に
Posted by at 2007年04月17日 03:41
ちょwwポート開放を友人と同じ使い方をしててワロスwww

肝臓弱りすぎ。いつか口と肛門の用途が逆転しそうな勢いですねw
Posted by Sim at 2007年04月17日 04:11
ロックちゃうわwww

あんまり呑みすぎは良くないっすよ。アッアー!!
Posted by だいきょう at 2007年04月17日 05:29
一万円の話が始まるところで
前者と後者が逆になっているように感じるのは
私の読解力がないのでしょうか><
Posted by at 2007年04月17日 08:39
式が続くと恐怖が先に立ちますよね。
Posted by きよ at 2007年04月17日 10:58
筆者マンセーきめえ
ここで馴れ合うんじゃねえ
オフでも逝けばいいと思うよ

あ、いつも楽しく拝見させていただいてます
Posted by *** at 2007年04月17日 14:17
あんた、死ぬよ……!
Posted by いぬ。 at 2007年04月17日 15:48
春闘乙です
Posted by アントネス at 2007年04月17日 16:19
お金が無いなら無いとはっきり言いましょう。


あぁ、肝臓お大事にw
Posted by at 2007年04月17日 16:24
肉さんがクラブでぎゃー楽しい言ってたとき僕はトイレでマーライオンでした(笑)
…今度マーライオン検定とろうかと思います↓↓
Posted by 96 at 2007年04月17日 21:09
マ、マーライオンはほどほどに・・・

( ´・ω・`)肝臓も愛でてあげてください・・・
Posted by 闇鴉 at 2007年04月17日 23:04
初めまして☆

お・面白いです…!!  なんかハマりそうです♪
過去記事もゆっくり読ませてもらいます〜(*´∀`*)肝臓は大切にネ。
Posted by ハルヒ at 2007年04月17日 23:29
クラブってサムandデイブ?
Posted by スミス夫人 at 2007年04月18日 00:13
アヌス…とんでもない若者だったんですね…大好き!!!
Posted by at 2007年04月18日 00:37
ライバルが多すぎる…(ノ_・。)



肉さんが大好きなのに独り占めには出来ないのね…(_ _)
切ないにゃぁ…。
Posted by ぽちり at 2007年04月18日 01:02
苦学生の札燃やしのくだりでマッハで納得


肉さんはロックを分かってると思うよ

まぁわかってるかどうかわからない俺に言われてもって話だけどNEwww
Posted by といち at 2007年04月18日 01:55
やっぱ3諭吉は包まないとダメなんすかねwってか肉さん結婚式やら酒やらで金大丈夫なんすか?w
Posted by シン at 2007年04月18日 03:18
もういっそのこと、マレーシアの人になっちゃえよ
Posted by ゆうき at 2007年04月18日 05:40
最近見はじめたのですが、三位が入れ替わるの初めて見ました。この流れだとトップ3が肉欲、伝きり、肉好きという魔界に・・・
Posted by トマトソ at 2007年04月18日 07:04
マー・・・

健康には気をつけてくださいね。
( ゚Д゚)⊃●仙豆
Posted by きなこ。 at 2007年04月18日 12:07
アヌスの開示は親友になるには必要な行為だね。
Posted by うら at 2007年04月18日 17:02
で、結局当初の目的(スーツ+眼鏡萌えのマンコどもをガリガリと犯す)は達成したんだろうか?
Posted by ('A`) at 2007年04月18日 22:19
いつもブログなんてみない俺が最後まで読んじまったよ
Posted by たけし at 2007年06月01日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。