肉欲企画。

twitterやってます。

1969年08月31日

もっと上へ

もうちょっと……もうちょっと上へ……。俺は快楽に身を委ねながら、そんなよからぬことを考えていた。

「うわっ!」

しまった、気付かれたか?!と思ったが、そうではなさそうだった。なぜか正樹の目は恐怖に震えている。どうしたというのか。

「どうしたんだ?」

正樹は手で口を押さえ、窓のあたりを見つめて目を見張っている。

「ま、窓……窓の外……」

「窓の外がどうしたってんだい」

俺は顔を向けたが、暗い窓からは何も見えなかった。

「窓がどうしたんだい」

「だ、誰かが見てたんです!」

「おいおい、ここは二階だぜ?」

俺はまさかと思いながらも立ち上がって窓に近寄る。正樹は青ざめた表情のままベッドから動こうともしなかった。可愛いやつめ。

俺はガラスに鼻をつけるようにして外の闇をのぞいた。ゴツン!鈍い音がなる。何だ?と思ってよく見ると、俺のいきり立ったマラが壁に当たった音だった。騒々しい。

改めて外を見る。中の明かりに照らされて、雪が待っているのが分かるだけだ。俺は思い切って窓を開けてみた。狂ったように舞う吹雪の中に頭を突き出し、ぐるりと見回す。

「何も見えな……」

そう言いかけた時だった。感じる……気配を、人の、気配を!

「誰か、いるぞ!」

背後で正樹が息を飲むのが分かった。こんな吹雪の中、人がいる?しかも二階の窓の外に…?俺は身震いしたが、正樹の手前情けない姿は見せられない。俺は意を決して窓から首を出し、ぐるりと外を見渡した。と、その時……

国分「俺に覗かれた時どう思った?」

「こ、国分さん!」

驚いたことに、窓の外にはTOKIOの国分がいた。着ているTシャツには大きなフォントで『ガチムチファイトクラブ』と書かれている。なるほど、そういうことか……俺の頭の中で点と点が線につながった。くるりと部屋の方を振り返る。正樹がにやり、と笑っていた。俺はやれやれ、と笑いながら国分を部屋に招き入れると、ベッドの方に歩いた。その時。

竹原「お前ら。シャドーフェラチオ3R開始じゃ」

ガチムチファイトクラブの鬼コーチ、竹原が部屋の真ん中に仁王立ちしていた。全裸で。チンコも仁王立ちしていた。包茎だった。ミニマム級だった。

畑山「へえ、自動車修理工なんだ。すごいね。フェラしていいよ」

右から声がした。特別コーチの畑山だ。小柄なコイツの体には、正直興味はない。けれど畑山のペニスはすでにギンギンになっていた。デンプシーロールしていた。仕方がない、スケープゴートを立てなければ。

「おい!浪速のバター犬はいないか!」

亀田「ここに」

「畑山さんとスパーしろ」

亀田「寝てても勝てるわ」

そういうと亀田は畑山の亀田に食いついた。さすが浪速のバター犬。俺は正樹の相手をするべく亀田と畑山に背を向けた。

亀田「どんなもんじゃアッーーーー!!」

断末魔の悲鳴が聞こえた……気がした。

「さあ正樹、始めようか」

竹原「誰が勝手にスパーせい言うたんじゃ。お前はシャドーセックス10Rじゃ」

「ンだコラ!やんのかコラ!」

俺は激昂して竹原の襟首を掴んだ。と思ったらそれはチンコだった。竹原のチンコ、さっきまでミニマム級だったはずなのに今見るとスーパーヘビー級にウェイトが上がっている。まさにダイナマイトグローブだ。ゴクリ。俺は生唾を飲み込んだ。

竹原「弱い犬ほどよう吼える、言うけんのう」

そう言うと竹原は己のタイソンに8オンスのグローブをはめた。

城島「竹原さん、それどないするんっすか」

竹原「コンドーム代わりじゃ」

そう言うが早いか、竹原は既に俺の後ろに立っていた。速い。これが世界を獲った男のスピードなのか。俺はなすがままに押し倒された。

竹原「ボクシングなめんなよ」

竹原は俺の耳元でそうウィスパーして、アヌスをぐいと乱暴に押し広げた。待て、待て。いくらなんでもそれはない。さすがの俺でもそのサイズは有り得ない。破裂する、ケツが裂けちゃう溢れちゃう。

「や、やめ」

竹原「なにがじゃ」

ずん、と重い衝撃が下腹部に走る。これが、世界の、実力なのか……。
あまりの衝撃に意識が遠のく。俺はもうおしまいだ。薄れ行く意識の中、俺が最後に見たのは亀田父がやくみつるのアヌスに数珠を押し込んでいる姿だった。

「なんでもアリかよ……」


終 
END No.4
「ガチムチファイトクラブ」
posted by 肉欲さん at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こっちもこれかww
Posted by 美々 at 2006年09月01日 03:50
別パターンwwwww
Posted by at 2006年09月01日 11:06
浪速のバター犬ww
Posted by 米穀 at 2006年09月01日 17:40
さすが肉欲
Posted by at 2006年09月01日 18:54
ハライタスwwwwwwwwwwww
Posted by 金玉三男 at 2006年09月02日 01:44
1〜4まで順番に見れますたwww
肉欲バカスwwwww
よーし次だ次!
Posted by at 2006年09月09日 14:37
腹が痛い
Posted by at 2008年03月17日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。