肉欲企画。

twitterやってます。

2006年07月23日

相談:彼女の本音が見えません

 
質問

肉欲さん、僕には好きな人がいるんですが、その人の本音が見えません。それが見えてくればちょっとでも対応の仕様があるし、告白するかどうかの決意が決めれるのですが…どうしたら相手の本音が引き出せるのでしょうか?

-----

回答

僕はブログのサイドバーに『18歳未満閲覧非推奨』という注意書きを掲げてました(現在では表現を変えておりますが)。ハッキリ言ってこの注意書きは建前でしかなく、本音の部分では

「18歳未満だろうが乳歯が生えたばかりの園児だろうが胎児だろうが、構いません。どんどん見なさい。」

と考えております。
なぜか。

それは、およそインターネットを使用できる人、また現実にインターネットを使用している人、そういう人達はすべからく変態だからです。

僕らが住んでいる社会には様々な規制があります。居酒屋に入るには基本的に20歳を超えていなければなりません。性風俗の類は18歳未満禁止です。コンビニのエロな本も最近の条例改正によって表紙にシールが貼られました。このように現実社会には様々な規制が行われています。

でもインターネットはどうか。例えばインターネットを『街』に例えてみましょう。そこはまさにスラム街。199X年に核爆弾が落ちた後の世紀末な街。YOUはSHOCK!な社会です。

そこでは暴力・殺人・略奪こそが正義。秩序など何一つ存在せず、少年や幼女は九九より先に四十八手をマスターしてしまう。健全だ健全だ、と思われているgoogleでさえ、ひとたび僕らが検索バーに

「オマンコ」

と質問をぶつければ

「OK、オマンコ」(親指を立てながら)

と何のためらいもなくレスポンスします。

試しにgoogleで

「オマンコ」

と控えめに打ち込んでみました。
結果はこうです。


オマンコ の検索結果 約 826,000 件中 1 - 10 件目 (0.05 秒)

おまんこ!オマンコ!omannko!無料おまんこ画像
(←一件目の検索結果)


ジーザス……これが現実。
これをカオスと言わずして何と言うべきか。

あまりに当たり前すぎて見過ごしてしまう事実。

これを日常生活に置き換えたらどうなる。
僕が霞ヶ関にある国立国会図書館に赴いて職員に

「すみません、オマンコ?」

と尋ねたら、上のような結果が返ってきますか?
返ってくると思いますか?

職員♀「あら、知的好奇心旺盛なのね。アタシ、そういうのに否定的じゃないのよ(クチュクチュ。思わずサチコの右手は秘部へと伸びる)」

とか言いながら優しくティーチャーしてくれるのでしょうか?

♀「そう、そこよ!そこが水の都ベネチア!(ペロペロ)」

とか言う?言っちゃうの?

♀「こんな大きいなんて想定外!」

「コラ!カルシファー!おイタが過ぎるぞ!」(股間を見つめながら)

♀「待たれよ!待たれよー!」

とかってやり取りするの?
心オナニーにたとえながら?
そういうのはあり得ないでしょう、現実的に考えて。

「司書さん、オマンコ?」

こういう風に尋ねたら

巡査「で?動機は?」

ってなるのが本筋。それが法治国家。

なのに。インターネットだと警察に取り締まられることもない。
それどころかむしろ世界各国の色とりどりの花びらを簡単に見ることができる。万人が分け隔てなく。それがネットの世界。そういう秩序。

だからこの世界(=ネット)に住む人は、ここで遊んでいる人なんていうのは本質的に見て変態、間違いなく変態、というのがロジカルな結論です。なぜならば僕達は「ネットを使わない自由」も保障されているのだから。それなのにそれを踏み越えてネットをしているのだから。それゆえに変態。

ここらで冒頭の一節に繋がってくるのですが、それでも一応『タテマエ』というは存在します。ネットでサイトをする場合、お約束的に

「公序良俗に反するwebページはその旨を記載しなければなりません」

という暗黙のルールが存在します。

そう言われては仕方ない。自慢じゃないけどウチのブログ、公序良俗への反し方にはこだわりがあるぜ?ってなもんですのでタテマエとは知りながらもトップページに

『18歳未満閲覧非推奨』

という風に書いておりました。

まあ見た人からすれば「ふふ、お約束ってやつだわね」だなんて一笑に付してくれるだろう、そのように確信しながら。お約束、そうドリフみたいな感じで。

すると。たまに他のブログから当肉欲企画が紹介されているのを目撃することがあるのですが、例えばこんな言葉たち


「このサイトは性的な表現が多用されており、閲覧自体はあまりオススメできません」

「過激な表現が多いです。見ない方がいいかも」

「エロい。とにかく変態なブログ」

「高岡蒼甫」


などなど。最後のはノイズです。気にしないで下さい。

僕としてはこのインターネット界に咲く一輪のパンジー、そんな気持ちでこのブログを運営しています。誰が何と言おうと僕の本音の部分ではそうなんです。そりゃごくたまに日記の中で性的な表現を用いることもありますが、それはあくまで例外的な場面であり逆説的なレトリックに過ぎない。もっと中身を見て欲しい。キラキラと宝石のように美しい日記ばかりなのだから。

それを、僕が冒頭に

『18歳未満閲覧非推奨』

だなんてタテマエを掲げてしまったがばかりにそれを鵜呑みにしてしまった皆さんが

「いやあ、あそこのブログは変態だから」

だと曲解してしまい、その誤解が世界に伝播していく。
これは非常に心苦しいことです。

そもそもがどうして変態はいけないのか。
エロは禁忌・タブーとされているのか。
そんなことを言ってもこの世界、右も左もエロス・カオスばかりじゃないか。そこからどうして目を背けるのか。臭いものには蓋なのか。

「あのブログってマジ変態!」

と笑ってるそこのアナタ。おそらくアナタは僕のブログを変態と客体化・カテゴライズしながら「自分のまともさ」を語りたいのだろう。別にそれはいい。それはいいけどな、いいか、よく聞け!俺は

「アタシ、エロとか苦手なんだよね」

とか言う輩は信頼しない!そんな奴らに俺は言う。

「エロを否定する奴を、俺は認めない!」

エロにも色々あるんだよ!優しいエロから!厳しいエロまで!それを十把ひとからげにして

「エロとかって、いい年して分別わきまえて欲しいよねーw」

とか言うお前!どうなんだ!その精神性は!もっと見みつめろ!物事の本質を!

分かり易く言います。あなたがたまたま訪れたブログ、そこで目に飛び込んできた言葉が

「おちんちんびろーん」

だったとする。アンタはそれを見ただけでブラウザを閉じた。そして友達に

「○○ってブログ、マジで品がなかったよw」

と語るんだろう。

僕は言いたい。ふざけるな!

そのブログのその日記の全文は、こうだったのです。


「今日、おじいちゃんが死んだ。
突然のことだった。
おじいちゃんは僕を大層可愛がってくれた。
そんなおじいちゃんが、今日、死んだ――

死に目に会えたのは、唯一の幸運だったのかもしれない。
意識が朦朧とするおじいちゃん。
その手を握って必死に励ます僕。

おじいちゃん、おじいちゃん。

ヒロシ、わしはもうすぐお迎えがくる…

おじいちゃん、いやだよおじいちゃん。

ヒロシ、もう泣くな。また、会える…。

おじいちゃん!おじいちゃん!

ヒロシ…おちんちんびろーん。

悲しみの淵にいた僕に、思わず笑いがこぼれた。
それは、おじいちゃんが昔僕によく聞かせてくれたギャグで……

『ご臨終ですね』

最後まで、おじいちゃんは僕のことを思いやってくれて……

(後略)」


ググッ…すいません、ちょっと涙でディスプレイが……。

いかがでしょう。
こんなエロ、そんなエロ。
エロには色々あります。
無条件に拒絶しないであげてください。

僕は知ってます。あなたたちがこれまでインターネットをどういう風に利用してきたかなんてことは……公序良俗に著しく反した使い方をしてきたであろうことは……だから、もっと寛容になりましょう。本質を見つめましょう。


そういう意味で、人付き合いだって同じです。
本音が見えない?
NO、本音は既に転がっているのです。
あなたの余計な心のフィルターがそれを見えにくくしているだけなのです。
心を裸にして、もう一度相手と向き合ってみてください。
答はそこにあります。
裸の自分で!この言葉を忘れずにいて下さい……僕が言えるのはそれだけですから。


一つだけ忠告するならば、大抵の女性関係は金の力で何とかなります。
諭吉をチラつかせながら告白してみると、結構なんとかなるカモ?
そんなしし座のアナタ、ラッキーカラーはモスグリーン、ラッキーアイテムはベッキーの陰毛!それじゃあ今日も一日張り切っていきましょう!おちんちんびろーん!
posted by 肉欲さん at 00:10 | Comment(34) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
2ゲット!?
Posted by フェイ at 2006年07月23日 00:14
2ゲット!??
Posted by フェイ at 2006年07月23日 00:14
初めてのコメント、そして3か4あたりゲット。
Posted by 255 at 2006年07月23日 00:18
おちんちんびろーん
Posted by at 2006年07月23日 00:20
おちんちんびろーん
Posted by SSS at 2006年07月23日 00:25
途中、悩み相談だったということを忘れてたじゃないかw
Posted by タクト at 2006年07月23日 00:26
おちんちんびろーん
目にワイパーが欲しい。

話は変わるのですが、東京からわざわざ鹿児島の大学院に行くというのは、ひょっとして、肉欲さんは法科大学院に行ってるのですか?違ったらスミマセン。
Posted by タスク at 2006年07月23日 00:32
びろーん
Posted by けーやん at 2006年07月23日 00:44
高岡ワロタwwww
Posted by at 2006年07月23日 00:47
実は肉欲さん
高岡蒼甫なんだろう

おめでとう^^b
Posted by なし at 2006年07月23日 00:49
ギャップの話とか、リリー・フランキーのパクリぢゃあないですか。ズルはだめだよ、お兄さん。
Posted by ひろぴん at 2006年07月23日 00:49
宮崎あいおさんが同棲してましたね。
Posted by あなる at 2006年07月23日 00:53
長文で綴られた熱弁に妙に納得させられつつも、最後のアドバイスだけ投遣りなのが肉欲クオリティ…
Posted by ひぽ at 2006年07月23日 00:54
( ^ω^)うーん
(つ⊂)

⊂( ^ω^)⊃セフセフ!!
Posted by (><;) at 2006年07月23日 00:56
高岡w
ノイズが一番おもろいんじゃねぇか
Posted by しぃやん at 2006年07月23日 01:38
棒さん!!!!!!!!!!!!
いつも楽しくみてます。
今週のフフフライデーにとんでもねぇ記事が

極楽山本淫行→芸能界引退。どうなるめちゃいけ!!ほかにも余罪が…。ココリコ遠藤、ロンブー淳と10P疑惑どころじゃないですよ!!!!
『純情きらり主演宮崎あおい同棲発覚。』

Posted by やす at 2006年07月23日 03:04
アレ?この記事なんか見覚えが・・・

デジャブ?
Posted by 携帯厨 at 2006年07月23日 03:53
このブログってマジ変態!
Posted by こてつ at 2006年07月23日 03:58
よし、把握した。
18歳未満非閲覧推奨が消えたから、リンク貼るっす。
(肉欲企画には貼ってあるのに、悪いなぁとは思ってますた)

つか前からヘッドラインに登録してたんですけどね('A`)
Posted by キティ at 2006年07月23日 04:03
誰がパンジーだ誰がwww
Posted by きいろかなぶん at 2006年07月23日 04:37
>インターネット界に咲く一輪のパンジー
吹いたwwwwww
Posted by   at 2006年07月23日 05:18
「パンジー」をgoogleで検索。
・ギリシャ神話:愛の神エロスに気に入られる
・シェイクスピア:花の絞り汁が媚薬として用いられる
・花言葉:私を思って下さい、もの思い、

ぶっちゃけ、エロとかエッチ(HENTAI)とかにも関係があるようだが…。
こじつけ過ぎかな?
Posted by 名も無き食肉 at 2006年07月23日 05:39
股間にカルシファーwwwwwwww
Posted by 脇毛 at 2006年07月23日 06:24
何をたべたらそこが水の都ベネチアなんて出てくるんだwww
Posted by クーデター at 2006年07月23日 07:54
おちんちんびろ〜ん
オラ!しゃぶれよ!!!
Posted by はなもげら at 2006年07月23日 09:46
しし座だけじゃたりません><

肉欲占い期待してます!
Posted by at 2006年07月23日 11:07
うはwwwwww
高原だと思ってたおwww
Posted by BA at 2006年07月23日 13:08
おちんちんびろ〜ん
てめえがしゃぶれよ!
Posted by at 2006年07月23日 17:15
なにげにゲド戦記wwwwwww
Posted by といち at 2006年07月23日 21:04
おい!純情アナルの宮崎アオイたんについてのコメントを言ってみろ!
Posted by ガチンコファイトクラブ宮崎 at 2006年07月23日 23:31
おk、エロは文化だ('∀`)<おちんちんびろーん
Posted by www at 2006年07月24日 00:31
エロいだの変態だのと紹介した一人が来ましたよ。


おちんちんびろーん!!
Posted by 高岡蒼甫 at 2006年07月24日 01:17
おちんち…ゴホっ

いや、あの鹿児島の大雨洪水は大丈夫でしょうか?
Posted by 胃下垂 at 2006年07月24日 09:50
魂の叫び消した?
しゃぶれよ
Posted by at 2006年07月24日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。