肉欲企画。

twitterやってます。

2006年07月10日

肉欲vow太郎 third season


僕たちはいつもギリギリのところで勝負をしている。
限りなく黒に近いグレー、そういうところに人生のコクは存在する。

『上戸彩激似!』

僕らはこういうAVのパッケージを見た瞬間

(ぜってー似てねえ……)

と心の中でツッコミを入れざるを得ない。
得ないのだけれど、心のどこかで

(でも、もしかしたら……)

と考えてしまうのも確か。男のサガです。

女性には分からない興奮がここにはある。
不思議に思うかもしれませんが、もし上記のような『○○激似!』系のAVがあったとして、僕らがそれを借りたとしますよね。

そんな時。大抵の場合は睫毛の角度が似てるくらいであとはミトコンドリアみたいな顔面をしたメスが画面の中で踊り狂っていたりするのがほとんどなんですが、仮にそういう風に騙されたとしても不思議と悔しくない。

それはなぜか。
最初から何も期待していないからだ。
どうせ似てない。スタート地点が既に負。
似てなくて当然、似ててラッキー。
そのくらいの動機だからだ。
もし本気で内容に期待する人がいたとすれば、それは相当のバカあるいはAV界隈にまだ足を踏み入れたばかりの二等兵、もしくはとてつもなく心が純粋(pure)な人である。どちらにしても不幸な人だ。

強引に話を進めますが、エロ界隈にはそんな「言葉遊び」が蔓延っている。
パロディー、そうエロ界隈にはパロディーが非常に多い。

『ハメナプトラ2 太陽の精子フェラオ』
『パイパニック』
『ミッション:インポ絞る』
『ガキの腰使いやあらへんで!』

脳から脳汁がドロロンと漏れてしまいそうなインパクトを誇るタイトルばかり。特に一番上がすごい。太陽の精子フェラオ。製作元はもちろん、ファラオ王の怒りに呪い殺されそうなタイトル。だがそれがいい。

言葉遊びとは知的なゲームだ。
頭の悪い人にこれらのタイトルは思いつかない。

『ただのオヤジセンスじゃん!』

そう思う人もいるかもしれない。
けれど、本当にバカな人に

「犬珍汁(けんちんじる)」(獣姦モノのAV)

こんなタイトルが思いつくはずもない。
素晴らしいほどのセンス。
けんちん汁業界も震え上がるほどの破壊力。

分かりにくいかもしれないので一応説明しておきますと、ここには「犬の汁」「チン汁」と二つの言葉が掛かるんですね。まさに掛詞。製作者は古典への造旨も深いのだろう。幽玄、という言葉がピタリとはまる。普段は見過ごしてしまいそうなところにキラリと光る知性。生半に真似できるものではない。

だから僕は性産業の人たちの言語感覚には一目を置いている。
彼らこそ言葉の扱いに長けた人たちはそういないからだ。
もちろん、流行へのアンテナも高い。
そして彼らが違法と合法の間、著作権ギリギリのラインで攻める姿、その姿が僕の心を大きく打つのである。


これからも性産業のネーミングセンスからは目が離せない。






060709_1720~01.JPG
(鹿児島で見つけた性風俗の看板 「ドラえもん」)





これはひどい。
隠す気ないだろ。
直球じゃん。
直球そのものじゃん。
なんのひねりもない。
もう少し著作権とかに配慮しようよ。
ていうか、ドラえもんを性の看板に仕立て上げるその精神性が理解できない。頭おかしいんじゃないの?
謝れ!Fに謝れ!謝れよ!

posted by 肉欲さん at 20:22 | Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
1ゲット!                    声が変わってからドラえもんは見てません
Posted by タクロー at 2006年07月10日 20:27
ちょw
ドラちゃんワロスww

そこは花園じゃないよ!アッ--!!
Posted by 匿名処女 at 2006年07月10日 20:28
2ゲット!!

とみせかけて3ぐらいだろはいはいワロスワロス
Posted by きいろかなぶん at 2006年07月10日 20:31
今日こそ2げとー!
エロに幽玄を見い出すとは…芭蕉もビックリ
Posted by タクト at 2006年07月10日 20:41
ジャイアン「ここからのび太が産まれてきたのか」
Posted by TG at 2006年07月10日 20:50
実際AV業界のネーミングセンスには脱帽。

ドラえもん→猫→ネコミミっ娘→ナウなヤング

みたいな?感じ?
Posted by る at 2006年07月10日 20:56
一生のお願いです本出して
Posted by ★ at 2006年07月10日 21:18
まずはお前が謝れ、と思った僕は間違ってないはず!
Posted by at 2006年07月10日 21:37
『能田…がついに』ってスレを思い出しました。
昔森田さんの番組で店名のセンスはすごいって
やってた気がします。

目の付け所に脱帽
Posted by きよ at 2006年07月10日 22:16
アンタだ!!!!
まず謝るのはvow太郎だ!!


何だその分かりやすい前フリ!?

ってゆーか最後の最後がオチで最初から全部が前フリか!!


チキショー!!
Posted by カゲギス at 2006年07月10日 22:51
せめてセーラームーンだろう、と。

あ、そういう問題じゃありませんか。
Posted by ひぽ at 2006年07月10日 23:59
ヌレえもんの現実化?
Posted by メントス at 2006年07月11日 00:00
ヌレえもんのリアルバージョン?
Posted by メントス at 2006年07月11日 00:00
やっぱあんた天才だよw
でも、うきうきドラえもんは無いよ!
そりゃー無いよ、ある訳無いよ。
Posted by まめ at 2006年07月11日 02:11
○んこ→あんこ→ドラ焼き→ドラえもんの構図か。
これは深い。
Posted by みっちー at 2006年07月11日 03:12
単純に「こんなこといいな、できたらいいな」
ってことかなぁ?

>看板
ttp://blog.livedoor.jp/saya0831/5f33e1a9.jpg
夜はライトアップされているようだ。
Posted by イメージ検索 at 2006年07月11日 13:15
こりゃ思わず入ってしまうな('∀`)
Posted by www at 2006年07月11日 17:38
まさかのチョイスに

完敗であります
Posted by 悩める巨匠 at 2006年07月11日 23:49
>純粋(pure)

ここでなんか吹いたw
Posted by MINT神戸 at 2007年01月23日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。