肉欲企画。

twitterやってます。

2006年06月30日

あとがき

img10211181361.jpg

【雑感】

昨日の書き物のあとがきのようなものです。まだ歳火を読んでらっしゃらない方は、先にそちらから読んでいただけると嬉しい限りです。

さて、歳火はおそらく肉欲企画で一番長い書き物になりました。本当は当初は『右に行く』ルートしか書いておらず、アナグラムや千星の原初的不在などを匂わせることで隠された設定を想像してもらおうかな、とも思ったのですが、さすがにそれだと分かりにくいかな、と思いましてルートを増やしました。それともう一つ、以前から一度サウンドノベル的な構成でブログ書いてみたかったんですよね。だから、書いてみて非常に満足です。いや……ぶっちゃけて言うと最初はVIPでスレ立ててこの話を垂れ流してたんですが

「よく分からん」

と言われてしまったので補完してみた、というのが本音かもしれません。ちなみにスレはまだ残ってるみたいです(URLは内緒)。

「それでもまだ分かんない部分あるんだけど!」という感想がもしあれば、そこは色々想像してみて下さい。これ以上の設定に関しては秘するが花、というものでしょう。

【書くに至った経緯】

昨日の昼頃にふっと
「怖い話書いてみたいな」
となぜか思い立ち、それからもやもやと30分くらい色々考えて大枠が出来上がりました(でも『歳火』とは全然違う話)。
あとはどういう仕掛けを施そうか…とちょっと悩んで、アナグラムは使おうと思っていたのでとりあえずメモだ!と思い紙を探したのですが、なく、手近にあったDVD-Rの表面でメモ書き。



TS320136.JPG
(可哀想なDVD-R君)

ちょっと試行錯誤した後が読み取れますね。「no man」とか「dead man」とか。最終的には「shibito」に落ち着きました。ちなみに着想としては「SIREN」の『屍人』がヒントになったように思います。

後はひたすらWORDで殴り書き。1Pを書く頃には大体頭に舞台が思い浮かぶので、そうしたらそこに登場している人たちの声や挙動に耳を傾けつつそれをなるべく正確に文字にして…というと電波みたいなんですが、確かにこんな感じで書いてるんですよね、思い起こしたら。
それで、数時間かかってようやく完成。普段の日記の30倍くらい頭使いました。途中で投げ出したくもなりましたが、とにかくも無事に書き上げられてよかったです。

【裏】

全くのゼロからこの話を思いついたかといえば、やはりそこは「NO」であると言わなければなりません。と言っても実際にY県(山口県ですけど)に歳火なんていう現象や、また発狂した人がいたという事案があったわけではありませんが。ちなみに漠然とN山林のモデルとしていたのは山口県の21世紀の森です。…まあ小さいころ数回いっただけだから完全にイメージでしかないんですが。あ、21世紀の森は怖い場所じゃないですよ笑

この物語の怖さのコアとなる部分は、結局「確定的なこと」が何一つ分からないところではないかと思います。

例えば右に進んだルート、これなんかは一番悲惨で、確かに「僕」たちの最後の描写残された情報からある程度のことは「推測」できるのですが、結局彼らはどうなったのか、なぜ人々は発狂しなければいけなかったのか、そういう部分が全てぼかされています。やはりこういうのは読んでいて不気味ではないかと…思います。

また、左に行った場合、これはどの選択肢よりも多くの情報が与えられ、かなりの段階まで踏み込んだ考察は可能なのですが、結局それというのも起こっている『事象』を分析できるに留まるわけで、そもそも『なぜ』この現象が起きているのか、その原因、それは最後まで分からないのであり、解決したように見せて国道に出ると発狂した人が歩いている。救われたようで全く救いのない結末です。

そして引き返す選択肢、冷静に考えてこれが最も当たり前の行動ではあると思います。普通ああいう状況におかれたら、右にも左にもいかないですよね。そこをいかに引き返させないように持って行くか、この部分はいささか苦慮しました。で、結局家に戻ってみても肝心の千星はおらず、真相はやはり闇の中。調べようにも情報はない。とすると……
彼はおそらくもう一度N山林に足を運ぶのだと思います。もし続きを書くとしたら、そうするように思います。
結局のところ、この選択肢にしたってやはり気休め的な結末でしかなく、突き詰めると最終的に彼は右か左かに行くしかないかな、と思います。好奇心猫を殺す。

霊的な現象の存在を信じるかどうか、と聞かれたら個人的には『どちらでもない』というスタンスです。肯定もしませんし、否定もしません。でも人が体験した話は大抵信じます。虚言癖の人でなければ。

そしてこの話の中には、一つだけ実際に僕が体験したことと極めて酷似した内容を盛り込んでいます。もちろん物語全体ではありません。一部分だけです。数年前のことですが……それがどこか、は教えません。色々想像してみてください。これもまあ、秘するが花でしょう。

霊が存在するのかどうか。にわかに断定することはできませんが、少なくとも論理だけでは証明できない「なにか」がこの世に存在することは確かであるように思います。そして僕の体験したそれは、確かに論理的には説明を付け難いものでありました。

とにかくも『歳火』。長い話にはなりましたが最後まで読んでくださってどうもありがとうございました。僕自身すごく楽しく書くことができました。またこういう話も書くかと思いますが、多分しばらくは普通の日記に戻りますね。

では。





あ、一つ言い忘れました。
僕の体験したことはここでは伏せますけど、ヒントだけ。



歳火読んだら、しばらくは後ろを振り返らない方がいいかもしれません。

では。











オマケ:カオスな歳火 (18禁)
右、左、戻るの選択肢からのオマケです。
ピンクのしおりってやつ。
完全にお遊びですよw
posted by 肉欲さん at 14:19 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
21世紀の森ってww
5年生くらいで行くとこよね。
鮎のつかみ取りとかしちゃうよね。
懐かしいw
Posted by ストロボ at 2006年06月30日 14:27
2げと!
パソコンを持っていないので歳火は途中までしか読めませんでした。気になるッ!!
Posted by タクト3 at 2006年06月30日 15:09
左ルートは朝日が実は歳火だったからああいう結末になったと思っちゃいました。
なにはともあれ憎欲サンの文才に脱帽です。
嫉妬!シット!Shiiiit!!!
Posted by dao at 2006年06月30日 15:30
山口の友達曰く、21世紀の森は出ると聞いたことがあります。
アナグラムには脱帽でした。
Posted by 銀色の翼 at 2006年06月30日 17:33
自分は右ルートだけでも十分楽しめましたよ。
圏外の演出とアナグラム、後日談…真相を想像してヒヤッとするには十分な要素がしっかりありつつ余分な描写がなくて、個人的にはこのルートが一番好きです。
Posted by ひぽ at 2006年06月30日 18:28
携帯で読めるようには出来なぃンですかネ(;_;)続き読みたぃのに(ρ_;)
Posted by 里穂 at 2006年06月30日 18:53
>歳火読んだら、しばらくは後ろを振り返らない方がいいかもしれません。

ここでもドッと冷や汗出たw
Posted by ラーメン飛行隊 at 2006年06月30日 19:36
昨日から思い出す度、怖くてブルブル震えてます。オナニーに利用出来ない震えですよ、これ。
Posted by タスク at 2006年06月30日 20:33

もんのすっごい恐かったです。

かまいたちよりも怯えた・・・ヒギィ
Posted by 豊橋市民(°∀°) at 2006年06月30日 23:47
もんのすっごい恐かったです。

かまいたちよりも怯えた・・・ヒギィ
Posted by 豊橋市民(°∀°) at 2006年06月30日 23:48
まじ肉欲さん最高!
その文章力うらやましすぎる!

またこんな話し忘れたころにでも書いてくださいね!
Posted by メントス at 2006年06月30日 23:54
なるほどー☆
Posted by アキ at 2006年07月01日 00:00
肉タン、なんたらでスレ紹介させていただいたお( ^ω^)
Posted by キティ at 2006年07月01日 01:28
初めまして!
いつもその文章力に驚かされています。
「歳火」怖かったです〜。。
そして私はY県出身、21世紀の森の実際聞いた怖い話も知ってます。
身近な場所がでてきてびっくりしました。
Posted by みこ at 2006年07月01日 10:50
久しぶりにきますた。浮気の質問の答え、日記に書いてくれたんですね。ありがとぉ。歳火、最高でした。才能に嫉妬です。こわかったー。んでピンクの方で、『突然ボールが』ネタで吹きましたwwww
Posted by ベストオブオナニスト at 2006年07月01日 12:05
誰、この写真のお化け。
チボシさん?
いじった後のマイケル?
みわ?
みかわ?
ガッツ?
Posted by at 2006年07月01日 14:26
初めまして。全部読んできましたが、今回群を抜いて凄いですね。これからも期待してます。
Posted by シシ at 2006年07月01日 20:48
左ルートはまるで昔の怖い話みたいですなー

幽霊が迎えに来ている状況で、部屋の中で朝までこらえたらセーフだったんだけど、外が明るくなってきたから外にでたらそれは実は幽霊の罠で朝にはなってなかった・・

うーん、肉欲さんみたいな文章力が欲しいお!
Posted by at 2006年07月01日 23:51
後ろを見れなくなりました。

肉欲さんの才能に嫉妬ww
Posted by www at 2006年07月02日 01:13
肉欲さんを最近知った者ですが
こんな怖い話しもあったんですね。

文章力に脱帽です。すごい!
Posted by r at 2009年06月15日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。