肉欲企画。

twitterやってます。

2006年06月20日

ダイナマイトグローブ

4.jpg

カップルは別れる時に初めて相手の本性が見える、という話をどこかで聞いたことがあります。その真偽のほどはよく分かりませんが確かに別れる場合にドロドロすることは非常に多く、なぜならそれは別れたいと願う一方の思いと別れたくないと思うもう一方の思いは常に相反するものだから。ドラマの中で見られるようなスッキリ爽やかキスミントのような別れというのはドラマの中だからこそ存在するわけで、逆に現実はドラマよりも数多くのドラマが存在します。

男は別れの時になるべく綺麗なセリフを用意する。別れに際して綺麗な言葉を捧げることで、その付き合いを綺麗なものにしたい――という思いや、また実際の面ではそんなプンプンと臭いセリフを吐く、俺ってかっこいい、俺は俺に抱かれたい、とデロデロに泥酔していることが多いです。あるいはその綺麗な言葉は最後の槍であり、そんなカッコイイ渋いセリフを言える俺なんだぜ、もう一度思い直してみないか?という実質的な策略も内包されているのかも分かりません。

では女はどうか。女は男と違い別段別れを綺麗に飾ろうとはせず、むしろその逆。これまでずっと胸の奥に溜め込んでいた怨恨を旧彼氏に向かってビシンバシンと打ち込む。な、なにもそこまで言わなくても!心臓の弱い人なら死んじゃう死んじゃうよ!というくらい容赦のない言葉のデンプシーロールをハードパンチしてくる。女性は冷静なので、飾った言葉で付き合いを変に肯定するよりは自分の思ったことをこれでもか!これでもなのか!とぶつけることで自分自身をスッキリさせるのです。

また、男の方から

「俺、お前と出会えて良かったよ…」

みたいな涙ちょちょ切れるセリフを言われた場合、表面的には

「うん、あたしも」

としおらしく演じるのですが、内心においては

「えっ、なにこの寒さ。氷河期?」

と思っているのは確実で、後日そのセリフは居酒屋などにおいて

「つかさー、あいつ『君と出会えてよかった』とか言ってんの!ほんとに良かったと思ったら別れてないっつーの!」

と、友達との間で美味しい酒の肴となっているのもまた必然です。

この男女の違いは確かに存在し、よって僕の友達でも何人もの戦士たちがこのような女の切れ味鋭いナイフに切り刻まれ、実に28人もの男たちが精神的衝撃からEDになりかけたわけであり、まこと女性とのお付き合いは気を付けなければならんなあと身震いするほかないのですが、でも別れる時にどんな言葉を吐いたのか、またどんな言葉を投げかけられたのか、というのは非常に面白いし、あるいはそこには人生の真理が隠されていたりする。

更に怖いのは別れた後。まず過半数の男は付き合っていた彼女との床事情をかなり詳しく、艶かしく、そして淫らに友達に話す。あの女のコマンはこうだった、N子ってパイ毛生えてたぜ、など、そこにもはやプライバシーや人権など存在せず主に

「面白いから」
「ノリで」

という理由のみによって元彼女たちは知らず知らずのうちに知らない男たちに丸裸にされているのだからまったく怖い怖い。思い出は美しくなるばかり、という言葉がありますが、別れた女性たちは男の頭の中で淫らになるばかり。大体3割ましくらい淫乱になった状態で彼の口から世の中にコンニチワしております。

逆に女性はと言いますと、やはりこれも男の品評をしていないわけがなく、大体においてスペニの大きさとかテクがどーだとかいったことが槍玉に上がります。男性が3割増しで思い出を淫乱にするのに対し、女性は2割減で僕らのスペニを評価する。あの男さー、あんなガテンな体しといてコチンが親指くらいしかねーでやんの、つーか彼ってばマジ早漏。いつ入ったかさっぱり分からなかったよー。などなど。事実はどうあれコテンパンに叩きのめされております。少なくとも彼女の友達13、14人程度にはあたなのコチンのサイズがバレてると思っていただいて間違いない。それも控えめな大きさで……。

さて、少し話が脱線しましたが、別れの台詞。先はあのように述べましたが実際には綺麗に別れることができるカップルだって絶対数存在することは僕も知ってます。でもね、そんな別れ方って面白くないじゃない。ドロドロした話を聞く方が楽しいじゃないですか。ホント、汚いよな人間って。

だから今日は僕の心のメモリーでもキラキラとブラックに輝く宝石のような別れの言葉をご紹介したいと思います。

友人Aは半年間付き合った彼女に別れを告げられた。
あまりにも突然。あまりにも突発。
Aは大きく狼狽し、彼女を必死に説得作業。
しかし彼女の決意も固く、首を縦に振ることはない。

いやよ、アタシはもう別れるの。
どうして!なんでなんだ!

激しい攻防が繰り広げられる。

頼む、別れないでくれ。悪いところは直すから!だからお願いだ!

必死で懇願するA。
しかし彼女の決意は固い。

無理よ。直せっこないもの。別れるの!

Aも諦めない。

いや、俺は直す、絶対に直してみせるよ!だから言ってくれよ!

そして彼女はゆっくりと口を開いた。


「アンタの名前が嫌。ムカつく」


テポドン!Aがゆっくりとリングに沈んでいきます!

カンカンカンカン。

おっとここでレフィリーストップですかー具志堅さん!

そうですねー、チャンピオンから大分いい角度で打ち込まれましたからねー、これはもう立てないでしょう。

おおーっと、担架で運ばれるチャレンジャー。ピクリとも動きません。今後に影響がないといいんですが……。ここでチャンピオンがマイクを握りました!


「そのうち結婚とかするのかなー、と思った時にさあ、あたしこの人の苗字になんのかなって思ったの。したらなんか、すっごい嫌で…それから考えたら色んな部分が嫌んなってさあ、よく考えたら口も臭いし脂っぽいし、なんていうか全部どうでもよくなっちゃったんだよねー」


さすがチャンピオン!挑戦者がリングを降りてグロッキーだというのに更にパンチを放つ!放つ!まさにサバンナのライオン!その獰猛さは三国一だぁー!それにしても具志堅さん、口の臭いってよく考えないと分からないものですかね?

そうですねー、メキシカンのパンチはトリッキーですからね、やはり僕ら日本人が重いウェイトでベルトを狙うのは難しいと思いますよ。

なるほどなるほど、それにしても「脂っぽい」とは、とんでもないキラーブローが隠されていたものですね具志堅さん。

そうですねー、やはり最後は自力にまさるチャンピオンが順当に勝った、ということでしょうね。日本人がベルトを狙うのは難しいと思いますよ。

なるほどなるほど。それでは本日のタイトル戦は終わりです。ここ、後楽園ホールから私肉欲棒太郎がお伝えしました。それでは、また。
posted by 肉欲さん at 10:14 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
たしかに苗字は大事です。
Posted by at 2006年06月20日 10:26
王ゲト
Posted by ホールデン at 2006年06月20日 10:33
脂キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!
Posted by at 2006年06月20日 10:43
僕もそんな失恋話を聞くのは好きです。ただ恋愛話を聞くと、割と殺意がモリモリ出てきたりするのが困りものです。
Posted by みっちー at 2006年06月20日 10:50
5げとー
コチンのサイズそんなにバレてますか、そうですか('A`)
Posted by タクト3 at 2006年06月20日 11:25
コティンの大きさより早いと言われる方が痛い。
Posted by 金 肉欲 at 2006年06月20日 11:52

きつっ!!
なんか自分のこと言われてる気分。

…って思った方は、僕の他にもチラホラいらっしゃるのではないかしら。
Posted by at 2006年06月20日 12:02
('A`)アイター

1RでKOされますた。。orz
Posted by さかな at 2006年06月20日 12:43
ひどすぎる。。。
Posted by ストロボ at 2006年06月20日 13:35
早いのはしょうがないじゃないか(´ε`;)
Posted by ワイルドカウパ- at 2006年06月20日 14:21
スゲーわかるよ。棒の兄さん!女の切り返しはロナウジーニョのシザースの三倍はえーよ。
Posted by ビックマラー at 2006年06月20日 15:14
早いより遅い方が嫌カモ(;´д`)
Posted by … at 2006年06月20日 15:38
遅くてごめん。
Posted by けーやん at 2006年06月20日 16:18
ホントに遅くてゴメンネ
Posted by ゴリケル at 2006年06月20日 16:48
賛同しちゃったよ

別れ際に全否定されましたから

っと恋愛話が多くなってきたような・・・
なんかあったんですか?
Posted by いい at 2006年06月20日 19:34
肉欲さん、あなたリリー・フランキーより面白すぎだよ。まじで作家になってください。
Posted by レイ at 2006年06月20日 19:34
補足。
遅くても変化があれば大歓迎ww
Posted by … at 2006年06月20日 23:21
 確かに別れ際の女は怖いよ! それにしても後半のくだりはお見事。さすがです。
Posted by kevin at 2006年06月20日 23:29
wwwwwっうぇwww
具志堅と実況の話のかみ合わなさにワロチwww
Posted by 茶坊主 at 2006年06月20日 23:46
あのアマそんなこと考えながら2度も俺を振ったのか
そしてあまつさえ同級の哺乳類の亜種どもに我がぷらいばしーの流出を・・・
くそ!!起これセカンドインパクト!!!
Posted by 尤 at 2006年06月21日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。