肉欲企画。

twitterやってます。

2011年03月02日

a happy new year

「あ、ブログでこういうこと書こうかな」、そんなことを思いついたらなるべく携帯にメモするようにしているのですが、残念なことにそれが活かされるような事態はあまり訪れず、結果として携帯には行き場を失った可哀想なメモが堆積するばかりです。

今日はそんなメモの数々をご紹介しながら、あの時僕はどんなことを書こうとしていたのだろう?その辺りのことをなんとか思い出していこうと思います。

(以下に記されている日付と時間はそのメモが残された日時です)

 
■ 2/15 20:59
女の子が部屋に来る瞬間

しょっぱなから何のことなのかさっぱり分かりません。2週間前のことのはずなんですがね。大喜利にもなんねーよ、このワンフレーズじゃあよ。僕は一体何を書こうとしてたんだろう。

いずれにせよこのワンフレーズに心ときめかない男性はさほどいない。加えて、文頭に『初めて』がつけば、もうチンポの株価は未曽有のストップ高。脳内に踊り狂うのはインモラルなタームで溢れ、無意識かの作用で僕らはコンドーム、ないしコーラを買いに走ることだろう。

○●明日役立つミニコラム●○
うっかり中出しをしても、10分以内にコーラで膣内洗浄すれば、何とかなる。古来から農村部に伝わる民間療法である(引用:実話ナックルズ)。


掃除は念入りに。普段気にかけもしないトイレであっても、この日ばかりはブラシで丹念にやる。玄関の靴も揃えたりしちゃって。ファブリーズを撒くのはマストで、下手したらお香(それは80%以上の確立でチャンダン)まで焚く。見違えるほど綺麗になる部屋、香るマイハウス。流すBGMはシックなJAZZ。もはや死角はどこにもない。

だから女性の側からすれば、初めて男性の部屋に上がった場合そこにある現状をストレートに評価してはならない。ほとんどのケースにおいてそれは虚仮である。いかに白樺のナイススメルが漂うシャレオツな部屋であれ、三日後に赴けばそこは栗の花の臭い漂う情緒あふれる部屋と化すに相違ない。トイレは恥垢にまみれているし、机の上にはTENGAが転り、床を見ればそこにあるのは声なき同居人、大家族チン毛一家のおでましだ。

「でも、その結果として付き合って、後々になって汚い部屋とか見せられたら…それって詐欺っぽくない?」

ありのままの姿で!そのままのあなたが一番よ!という価値観がある。もちろんその尺度を否定しようとは思わない。しかし人と人とが向き合っている状況にあって、常に自然体を演出すること、ないし求めることが最善とも限らない。就職活動に際し、誰もが100%の本音をぶつけるだろうか?否、そんなことはあり得ない。誰だって普段の自分よりも『大きく』あるいは『綺麗な』虚像、それを創りだすことに腐心しているのだ。異性関係にあっても同じことだろう。より綺麗な自分を、より素敵な自分を!そう願う僕達の気持ちを止める術はどこにもない。それによって女性の側も「こんな綺麗な部屋なんだ……すぐさま抱いて!」となるのであれば、少なくともその瞬間に限って、被害者はどこにもいないのである。その局面に限定すれば騙される方がアホなのであり、結果としてマンコが濡れたのであるとするならば、それはやはり濡れたマンコが悪いというほかないんじゃないでしょうかね。ホンマとんでもないド淫乱でんな。お父さん泣いてるのとちゃいますの。

■2/9 13:37
チンコブラジャー

このメモはハッキリと覚えております。何かの話で

「女の子はオーダーメイドの下着を作ることもあって、そういう場合安くても3万円はかかるんだよ!」

といった趣旨のことを知り、その天文学的数字を認識するにつけ、女はなんてアホなんだ……という驚愕の末、かかるメモを残した次第です。

他の人のことはどうか知りませんが、おそらく僕を含めた多くの男性は、その着用する下着に関して割とどうでもいいというか、ざっくり言えば僕はいま100均で買ったペラッペラのパンツ履いてるからね。だってどうでもよくないですか?3組の安河内が履いてるパンツがどんなんだ、とかそういうのってさ。

さりとて下着にこだわる男性が存在するとしても、それはそれでよろしいことです。しかしながら、僕の拙い人生経験によれば、行為に及ぶに際して女性の側から「あなたの下着を見てみたい」といったオファーはまず間違いなくない訳で、そう考えるにつけ僕サイドとしては「じゃあまあ100均でも良いよね」型の結論に落ち着くほかない。かつ、セックスする時に限局していえば、大抵の場合ズボンと一緒にパンツも下ろしますしね。要するに始まりから終わりまで、おはようからおやすみまで、全く陽の目に当たらない――それが我々の下着であると言うべきなのです。

でもそれじゃあいけないのではないか?今は良くても、10年後あるいは20年後を見つめたとき、果たしてこの100均パンツで良しとするべきなのか?そう考えたとき、唐突に思いついたのが上述したチンコブラジャーという概念なのでありました。

女性がオーダーメイドの下着を作るのは、察するに、自らのバストにピタリと合った下着が欲しい!そういった欲求からのことでしょう。なぜか?そうやって極め細やかなブラを装着することで、自らのバストをなるべくありのままの形に保てるから……そのような動機が内在していることは想像に難くありません。

では、女性がそのような努力を放擲したとき、一体いかなる未来が待ち受けているのか?そう考えたとき、僕はゾッとしました。なぜとなれば、ここ27年に亘り安いパンティーに甘んじてきた僕の股間に導かれた結論は、あまりにも弛緩しきったキンタマ、ないし玉袋、その姿だったからなのです。

精神的に向上心のない奴は馬鹿だ

やにわにKの言葉が胸に去来した瞬間でした。そうか、僕は否男達は、気付けば精神的な(ともすれば肉体的にも)向上心を喪っていたのではありますまいか。場末のクラッカーボールのようになってしまった僕のキンタマを見つめながら、はらはらと落涙したものでした。


7011.jpg

(クラッカーボールに罪はないが……)


精神的に向上心のある人間になろう。そう考えた僕の胸に去来した影は、やはりチンコブラジャーに相違ありません。僕たちは垂れ下がった乳を愛でられるのか?ノン、そうではない。一部そういった趣味嗜好の方がいるにせよ、やはり趨勢は『キリリと立ち上がった乳がベスト』ということで決しているのです。であるならば、女性の側としても、きっと。きっと――。

というようなことをブログに書こうかなーとか思ったんですが、お察しの通り別に対して面白くもないというか、別段我々としては垂れ下がったキンタマも可愛いわけですし、どっちかといえばキンタマがキリリと持ち上がって根本の辺りに発射前のファンネルの如き様相で鎮座在されても、絶対邪魔です。痛いに決まってるよ。そんなの絶対おかしいよ。やっぱ神々はよう考えておられるわ。

■1/22 12:52
ヤリチンはモテるからヤリチンなのではなくセックスさせてくれる人を見つけるのが上手いだけ

あまりにも真理すぎて書く気を失ったテーマ。正直いってこの一文以外に書くことはないのですが、一応触れます。

ともすれば我々は『眉目秀麗な方=性的に困っていない方』という結論を導きがちで、それ自体が間違っているとは言わないのですが、やはり実情は少し異なる。というのも、『イケメンの中にヤリチンがいる』というのが確かであれ、必ずしも『ヤリチンであればイケメンである』とはならないからである。

この話については、メモの部分ではイケメンに限定してはいるものの、話は女性にも敷衍するわけで、世の中には「うーん、あいつは中の下の上くらいかな?」といったテイストのルックスであれ、経験人数は軽く100を超える――そういう女性は数多存在する。ただこの話は男女を同列に扱って展開するのは難しい。なぜとなれば女→男という欲求のベクトルと、男→女という欲求のベクトルとは、自ずとその性質を異にするからだ。ものすごく乱暴にいえば、男はヤラせてくれる女になびきがちでも、女はそうとも限らない、その辺りの論議に帰着する故である。とことんまで抽象化すれば、結局は男女ともに同じようなメンタリティではあるものの。

戻って、主題の話である。詰まるところ世にいうヤリチンというのは、その容姿がどのような造りであれ、とにかく『あ、こいつはセックスさせてくれそうだな』という部分の嗅覚が異常にするどい。かつ、それと並行して

来た球はすべて打ち返す

こういうタフなメンタリティを備えているのである。もちろん、確実に全てを打ち返すわけではない。が、僕からしてみれば『おいおい、あれはデッドボールだろ』という球であれ、彼らは余さず打ち返すのである。これは良し悪し、あるいは善悪の議論ではなく、ひたすら事実のお話だ。僕もこれまで様々なヤリチン(僕の中での定義は経験人数100人オーバー)の方と出会ってきたが、彼らの精神性というものは、一種異次元であった。もちろん僕からすれば異次元というだけで、彼らの世界(おもしろいことに、ヤリチンの方々の多くは、自らの界隈を指して『うちらの世界ではさぁ……』といった単語を使う)と僕らの世界との尺度が違う、ただそれだけのことなのであるが。

僕の見てきたヤリチンたちは、そのほとんどにおいて一般的な基準にいう『モテる』方ではなかった。だけれども、ひたすらに経験人数は多いのである。一見してアンビバレンツな現実ではあるが、これは決して不可思議な現象ではない。彼らはただただハンターだったのである。敵を知り己を知れば百戦危うからず、という言葉があるけれど、彼らは自他を計る尺度がもの凄く精確で、かつ、機を見出せばとことんまで追い込む――かかるシャープな価値観を具備していただけなのである。これは「やれ!」と言われてできるものではない。社会性、ないし外部評価というものの価値、それらを冷静に見つめ、その中で自らの立ち位置というものを見極め、しこうして後にある種の覚悟を具備しなければ、到底立ち入れない境地である。

彼らについては、おそらく我々が思っているほどに、これまでの人生で喪ってきたものの数は多いはずだ。そして彼らは、自らにおけるそのあたりの現状について、極めて自覚的であるように思われる。少なくとも僕が出会ってきたヤリチンの中で、精神的に潤っていた人間は、おそらく存在しない。

■12/18 20:46
帰ろうとした
線を間違えた
とりあえず降りた
道を聞こうとした
いい店だった


なんなんですかね、これは……。いや、これはちょっと本当に意味が分からないというか、言うても3ヶ月も前にならないんですけど、あの、少しも覚えておりませんし、何かもう『種田山頭火あたりが自由律詩としてしたためた作なんだよー』なんて言われながら見せられた場合「なるほど、さすが山頭火」などと意味不明な供述をカマしかねないレベル。

察するに、昨年末あたりは酒癖が悪い方向へとブーストしていたため、記憶を無くすことが多くあり、結果としてこのような『今日、何をした』型のメモを、備忘録として残そうとしたのではないか……そのような苦慮がこのメモとして立ち現れたのではないか、いま僕はそのように推察しております。要するにブログとか全然関係ない。この時点で僕が死んでいたら遺書として残っていた可能性が強い、とかその程度の代物です。生きてて良かった。


と、非常にざっくばらんな内容となってしまいましたが、本年も明けましておめでとうございます。ご挨拶がとみに遅れてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。今年こそはもう少し気楽に、それこそ今日みたいに徒然と、なるべく更新していこうと思います。更新するネタねえなあ、だったら更新しない方がいいなあ、というのが永らくの気持ちでありましたが、それでも全く更新しないのは、やはり自分としても愛着のあるブログですゆえ、本意ではなく、であるならば、ちょっとしたことでも更新していこうと、なんとなく今はそう思っております。まあ次の更新はまた3ヶ月後、とかなりかねねえけれども。その辺は適宜察して、オモコロとか読んどいて下さい。

2011年もよろしくお願いいたします。


posted by 肉欲さん at 18:41 | Comment(31) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
よっ、待ってました!
今年は今までよりちょっとちゃんと読ませていただきます(笑)まったり飲みましょー!
Posted by 梅ちゃん at 2011年03月02日 19:21
肉タンおかえりなさい!
どれ程待ちわびたことか。
3ヵ月間隔の更新なら今年あと3回しか…。
5回以上希望で!
Posted by 肉タンと同郷 at 2011年03月02日 20:01
更新がない間に初めての風俗(ソープ)に行ったんですが、童貞だっていったら生でさせてくれたんですが、イケませんでした。

最後の最後は自分で扱いて逝きました。

慰めてください。
Posted by at 2011年03月02日 20:01
久しぶりの肉欲さんやで、ウヘヘ。
Posted by at 2011年03月02日 20:54
ヒーハー!
Posted by at 2011年03月02日 21:26
更新が無い間に処女喪失したんですがまだイったことがありません。

慰めてください。
Posted by at 2011年03月02日 21:27
更新がない間に肛門の毛を抜き始めたんですが、まだ全然終わりません!
手伝ってください!
Posted by at 2011年03月02日 21:47
わ〜い!今日もチェックしてよかった。
また毎日来ますよ!
Posted by at 2011年03月02日 21:59
更新が無い間にセカンドバージン喪失したんですが逝けませんでした

最年長リスナー
Posted by at 2011年03月03日 00:24
あんまり更新せんとブックマークから消してまうで
Posted by at 2011年03月03日 01:49
最後の日記がかゆうまレベルで意味がわからなすぎるwww
Posted by at 2011年03月03日 02:27
やっとだわ〜(T_T)次は良いお年を!とか、嫌ですからね!
Posted by かな at 2011年03月04日 11:14
お帰りなさい( ´ ▽ ` )ノ!
彼女ができて暇がなくなったのかな〜、なんて思ってました。
諦めずチェックしてて良かった\(//∇//)\!
これからもこまめにチェックしまーす!
Posted by べこ at 2011年03月04日 22:08
にくたんおかえりなさい!!!
よかった、いなくならなくて
次の更新心待ちにしてます!!
Posted by chiri at 2011年03月05日 14:07
おかえりんこ
Posted by at 2011年03月05日 20:45
更新が無い間にアナニ−に挑戦し始めたのですがまだイッたことがありません!

手伝ってください!!
Posted by at 2011年03月05日 22:23
オモコロおもすれー
Posted by at 2011年03月05日 23:09
やっぱ面白いなあww
Posted by at 2011年03月05日 23:27
おかえり!!
Posted by at 2011年03月06日 23:50
肉さん、山口に帰ってんの?久々見たら幡生駅周辺めっちゃ変わっててびっくりしましたよ!
Posted by oesis at 2011年03月07日 00:16
2949の本棚更新してください
Posted by at 2011年03月08日 21:52
久々ですね!べ、別に更新待ってたわけじゃ無いんだからね///
Posted by at 2011年03月08日 23:00
おちんちん\(^o^)/
Posted by at 2011年03月09日 11:07
肉さんは地震大丈夫だった?ご無事をお祈りします。
Posted by at 2011年03月12日 11:10
あずにゃんペロペロ(^ω^)
Posted by at 2011年03月16日 23:26
でも肉欲さんって前ラジオで素人50人くらいと性体験したって言ってましたよね? あ、それはヤリチンの内に入りませんか…

これだからイケメンは!
Posted by at 2011年03月18日 10:04
最近は専らzukkiniさんのブログを読んでいます^^
Posted by at 2011年03月28日 12:03
私の従兄弟 (イケメン、既婚者) は、私と母がお宅を訪問した時 「どうぞ どうぞ」と玄関で半裸で 出迎えてくれました。彼は やり○ん かも知れません。
Posted by at 2011年04月06日 14:58
初めて来ましたが楽しませて頂きました\(^o^)/
また来ます!!
Posted by gashi at 2011年04月24日 23:35
肉さん生きてるか〜
Posted by 名無し at 2011年04月25日 18:31
まさか夏目先生が出てくるとは!
ネタの貯蔵で更新が遅くなったんですね。
でも、もっと短い記事でもウェルカムですからね!
また楽しみにしてます★
Posted by 通りすがりの女 at 2011年04月30日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。