肉欲企画。

twitterやってます。

2006年05月01日

浦島太郎の真実

005.jpg

よう、オレオレ、オレだよ。浦島だよ。
あの亀を救った伝説の英雄。
まーそろそろほとぼりも冷めたし色々書いてもいいと思ったからこうして筆を取ったワケよ。



お前らもオレが湘南の海で亀を助けたのは知ってんよな。ゆとり教育が産み落としたバカなガキどもが亀をボロボロに殴ってるのを見てオレが颯爽と助けたってアレ。

アレってさあ、ぶっちゃけ全部仕込みだったんだよねー。予定調和ってやつ。よく考えてみろよ?いくら小学生でも青春の貴重な1ページを亀イジメで浪費するとかあり得ないって。お前らも少しは疑えよ(笑)

手法はこうだ。近所のガキども呼びつけて
「おいお前ら、あとでハッピーターン買ってやるからあの亀ボコボコにしてこい」
ってこう命令しただけ。簡単だろ?まあ幸いオレなんかは近所のガキどもに顔が効くから出来た芸当なんだけどな。ナマイキなガキは速攻でボコボコにしてっからね。恐怖による政治。小学生は力で屈服させる、そんなポリシーを持つオレ浦島太郎(32)。

で、5〜6分間ほど殴るや蹴るの殴打をさせた後にオレがドパンと登場するワケよ!あん時、亀からすりゃあオレに後光が差して見えたんじゃねーの?まあ、仕込みなんだけど(笑)でもさー、小学生の演技がヘタでよ。一番右でガシガシ亀蹴ってたC組のタカシなんかはオレに向かって開口一番
「おつかれさまーっす!」
とか言ってやがんの。バレんじゃん。死ねよタカシ。お前絶対出世しねーよ。もちろんタカシはメリケンサックでボコボコにしといたけど(笑)気に入らない小学生には凶器を着けて鉄拳制裁、そんなポリシーを持つオレ浦島太郎(32・家事手伝い)。

でも亀も相当アホだったからね、タカシのそんな言葉は聞こえなかったみたいでさあ、オレのこと従順に信じてたね。危なねー、作戦が全部水泡に帰すところだったわ。で、小学生を諭すフリして裏の方に連れてって、まあ奴らはそこで解散だわな。アイツらもなんか
「浦さん、ハッピーターン下さいよ」
とかニヤニヤしながら言ってたけど、まあそんなのはシカトよシカト。小学生との約束は破るためにある、そんなポリシーを持つオレ浦島太郎(32・童貞)。

なんでそんな面倒なことしたかってーと、実はオレ前から竜宮城の存在を知ってたのよ。どこで知ったのかって?お前らも全く面白いこと聞くね。そんなもん2ちゃんねるに決まってんじゃねーかこのダボ!引きオタの情報収集能力舐めんな!竜宮板の伝説のコテハン『精子カルボナーラ◆SEISHIkARU』とはオレのことよ!で、竜宮板の『【鯛やヒラメの】竜宮城のガイドラインpart39【舞踊り】』ってスレで知ったわけだ。ま、それもこれもスーパーハッカーであるオレだったからできた芸当なんだけどな(笑)

で、亀の野郎がオレに向かってしきりと
「助けて下さってありがとうございました」
とかなんとか言ってんの。知らねーよ。オレが欲しいのはお前からの謝辞なんかじゃねーんだよチンカス。あんまりピーチクパーチクさえずってたら亀汁にすんぞコラ!お前はヘイヘイ頷いてさっさとオレを竜宮城に案内すればいいんだよこのタクシー亀が!

とは言えないからよお、まあオレも
「いいんだよ、当然のことをしたまでさ」
なんつって爽やかに言ってやったけどホント、気が気じゃなかったよね。こいつ本当にオレを竜宮に連れてく気あんの?みたいな。

いや、リアルに焦ったよ。だって幾ら待ってもアイツ中々切り出さねえんだもの。おいおいふざけんなよ。テンプレに従えよ。救助⇒竜宮城なんてのは古来から分かりきった公式だろうがダボ。さっさとしろやカス。こちとらオナ禁2日目で気が立ってんだよ。亀汁にすんぞ。

そしたらよー、あの亀の野郎

「それじゃあ本当にありがとうございました。では……」

とか言ってスタスタ海に帰ろうとしてんの。あれ、それはおかしくね?スジ通ってなくね?一瞬アイツなりのハイブリッドなギャクかと思ったよ。
でもどうやらマジらしいのな。テメエいい度胸じゃねえか。『江ノ島の零戦』と恐れられたオレを怒らせてえんだな?やってやんよー!

とは言えない。ここで怒っては全部が水の泡になるのは確実。ガマンガマン。とりあえず亀の野郎の肩をグッと捕まえてキチンと話し合ったさ。

「あのさ、オレ、キミのこと助けたよね」
「はい、ありがとうございました」
「うん、でもさ、時に言葉って無力じゃない。ありがとうって言葉も、言うだけじゃ伝わらない時もあるじゃない。そうだろう?」
「そうなんですか?」
「そうなんだよ。そういうもんなの。で、オレにはちょっとまだキミからのそういう想いが伝わり切ってないような気がすんだよなー」
「はあ」
「何と言うかここは一つ、誠意を見せるべきだと思うんだよ俺は。それで初めて御礼になる、そうは思わないか?」
「思いますね」
「ちょっとここで一曲歌おうか」
「歌、ですか」
「そうそう、歌だよ。いくぞ亀ちゃん。ワタクシ、心を込めて歌います……作詞者作曲者不詳、タイトル『うらしまたろう』」
「♪むかし むかし うらしまは
♪たすけた かめに つれられて
♪りゅぐうじょうへ きて みれば
♪えにも かけない うつくしさ
よーし、二番もいくかー」
「いえ、いいです、もういいです。行きましょう、竜宮城に行きましょう」
「え、いいの?」
「行きたいんですよね?」
「うーん、まあ僕が積極的に行きたいかと言えばそこは曖昧なところなんだけれども、とはいえ感謝の気持ちを無下に拒否するのも大人気ないし、まあここはキミの顔を立てるという意味で、鋭意前向きに検討をし始めた、と言っても過言ではないかもしれないと言うべきではないかな」
「どっちなんですか?」
「行く。100万回行く。」

という極めて穏便なやり取りをこなしてからようやくオレは竜宮城に向かったワケよ。察しの悪いやつは困るよなマジで。

それにしても竜宮城はすごかったねー。マジ来る女来る女全員アバズレ。そりゃそーだよ、あんな閉鎖的な空間にいたら出会いなんてないものな。普通にしてたら清楚そうな娘ばっかなのに、まあオレを見る目つきときたら、あれ何て言うのかな……そう、まさに飢えた獣のそれ!2週間のオナ禁を命じられた思春期の中学生(タカシ)みたいな感じだったよ。

それで向こうにいる間はマジ寝食も忘れてセックスしてたなー。ホントに凄かったわー。マジ自分ひとりじゃ絶対見れない体の部位とか余すところなく見たからなー。特に乙姫はすごかったわ。マジ挨拶がわりにいきなりフェラチオ、口癖は「ちんぽおいひい」だったからな。ホント、日本って病んでるわーと思わざるを得なかったよ。

そこからは全員とメアド交換して定期的に会ったりしてたよ。ア?老人になったんじゃねーのって?バッカあんなのフェイクだよフェイク!大体が煙浴びただけで爺さんになるなんてお前、非科学的もいいとこだろ!どんな技術だよそれ!あり得ねーって(笑)まあそんな酒池肉林を味わったら世間の恨みも買いかねなかったかんさあ、爺さんになりましたよーってポーズを取っただけよ。お前ら騙されたの?ガチでバカだな。ゆとり教育ってホントに怖いのな。オレの子供はちゃんとした私立に通わせようっと(32歳独身、貯金額27円)。

つーわけでオレは今から竹やぶに竹切りに行ってくらあ。今『竹取物語実況』板で「おい、どうやら竹の中にょぅι゛ょがいるらしいぞ!」とかいう有力な情報をゲッツしたからよー。マジこれからの時代は幼女だべ幼女。つーわけで行ってくるわ童貞ニートども!アバヨ!


ブログランキング

ついに6位も射程距離。世の大学生どもを恐怖のズンドコに陥れてやろうぜ!
posted by 肉欲さん at 19:41 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
゜+.(:.;゜;Д;゜;.:)゜+.ぶぶぶぶぶぶち殺すぞ!!!!!!!!!!
Posted by たかし at 2006年05月01日 20:28
へへ・・・竹取の翁さん・・・・俺にも一発ヤらせてくださいよ・・・・
Posted by 7誌 at 2006年05月01日 21:30
>たかし

(´・ω・)。。。。

(´・д・)たかし。。。


    _ _
   ( ゚∀゚ ) 



>ななしさん

いいけど順番は守れよな?
Posted by 肉欲棒太郎 at 2006年05月01日 21:49
早くハッピーターンくださいよ><;俺たちあの後、亀に寝込みを襲われたんですから。
Posted by S at 2006年05月01日 21:50
いいよーあげるよ。ハイ、上げたー!(ハピタンを手で持ち上げながら)

まさに外道!
Posted by 肉欲棒太郎 at 2006年05月02日 00:59
あほ
Posted by at 2007年11月20日 03:19
浦島太郎は竜宮城で行為をしたのに(32・童貞)って矛盾してません?
Posted by リーベルト at 2009年03月25日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。