肉欲企画。

twitterやってます。

2006年03月07日

耳をすませば

先日久しぶりに『耳をすませば』を観て、あー青春っていいね、俺もバイオリン職人目指して女子中学生にモテようかな、なんて思いながらエンディングのクレジット見てると実に10年前の作品なんですね。


10年ひと昔、と言いますが確かに10年といえばこれは途方もない期間で、10年あれば人は変わる街も変わる。少年は男になり、少女は女になる。

そういう風に考えると『耳をすませば』は続編を作るには十分な期間を経たということができ、こうなると『耳をすませば2』の登場が待ち遠しい。

10年。あのころ中学生だった二人は25歳。酸いも甘いも噛み分けたような雰囲気になっているだろう。あの頃の清純な面影は見て取るべくもない。


路地裏でトリスの瓶を懐に抱えゴミの海にうずくまる聖二。殴られたのか、目が腫れている。

「……理想で腹がふくれんのかよ!!」

闇に向かって叫びながら、また酒を呷る。


「外、寒かったですかあ?」

そう客に尋ねながらローションをお湯に溶かす若い娘。雫は娼婦になっていた。

鮮やかな舌技、繰り出される四十八手。音速で男達を昇天させる雫は、瞬く間にソープランド『性癖☆桜ヶ丘』のトップに登り詰めた。

客の帰った後のがらんとした浴場。精液と体液の入り交じるすえた匂いが鼻をくすぐる。何も思うことはない。わずかに漂うシャボンの玉を見るともなしに見ながら、瞬きと同時にタバコの煙で吹き飛ばす。


「小説なんて、一文の得にもなりゃしないわ……」

自嘲的に雫は笑い、新しい客を、出迎えた―――――





聖二と雫に次々降りかかるハプニング!
その日、地球堂は紅蓮の炎に包まれる!
バイオリン職人の命とは?
アナキンスカイウォーカーが三丁目の居酒屋で?
彦麿呂はなぜウィーンを憎むのか?
山積する謎また謎。
二人の未来は一体どうなるのか――――



「雫のしずくが大洪水ですよコレ!」

「いやーん、性二くん見んといてえなー」



ジェットコースターサイコサスペンスラブストーリー

『マラをしごけば』

今秋公開予定!






(監督・宮崎勤)
posted by 肉欲さん at 21:42 | Comment(2) | TrackBack(2) | 妄想 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
これはひどいwww
冒頭読んで
「あ、これはちょっとふいんき(ry違うかな」
とか思っちゃった自分が情けない
Posted by at 2006年07月17日 04:05
バロスWW
Posted by at 2007年11月18日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「耳をすませば」
Excerpt: 先日「ゲド戦記」を観てスッキリしなかった為、ジブリの中でも特に好きな「耳をすませば」を観ました。これぞジブリです!甘酸っぱくて懐かしい感じがします。夢を追う聖司、そこに惹かれつつも焦りを覚える雫…。複..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2006-08-19 15:41

Whisper Of The Heart
Excerpt: 『耳をすませば』 スタジオジブリの映画は大好きで何度も観返したくなる作品が多いのですが、その中でも個人的に3本の指に入るのが、この“耳すま”です。物語はごくありがちでベタな内容ですが、顔の表情や仕草..
Weblog: Tokyo Bay Side
Tracked: 2006-08-22 20:29

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。