肉欲企画。

twitterやってます。

2009年04月13日

女「男の人って仕方ないんだよね〜?^^」 ←シャラップ

 
 
携帯から訪問されている方はこちらからだとページが分割されない状態で日記をご覧になることができます。

居酒屋などで酒を飲んでいると、平均して年に8.7回はオナニーの話になる。そしてその際、同じテーブルに女性の方がおわしますと、一定程度の確率で

「男の人って(オナニーするのも)仕方ないんだよね?w」

というようなことを言われる。この論調は 『どうして男は彼女がいるのにオナニーをするのか?』 という議論に取り組んでいるとき、より一層顕著に現れる。

さて、彼女持ちのメンズがオナニーをすることは本当に 『仕方ないよね、男だしw』 なのだろうか。

ここで少し "仕方ない" という言葉の定義を確認しておきたい。


しかたない 【仕方無い】

(1)する手段・方法がない。
(2)どうにもならない。困ったものだ。
(3)やむをえない。
(4)たえがたい。がまんできない。


goo辞書 より引用)


つまり 「男の人はオナニーしても仕方ないよね(暗黒微笑)」 などと仰っている方々は、我々メンズがオナニーをカマす主たる理由は 

(1)(主にセックスなどを)する手段・方法がないから、している。

(2)(日々の生活などが)どうにもならない、困ったものだから、している。

(3)(本当はセックスをしたいのだけれど)やむをえないから、している。

(4)(この不況の中、賃金をカットされ風俗などに行けないことが)たえがたい、がまんできないから、している。あるいは(男の社会には 『オナニーも出来ない男は益荒男たり得ない、大和男子として失格である』 という通念が存在し、結論としてオナニーをしないと男コミュニティからハブされることとなり、かつ、皆そのことが)たえがたい、がまんできないから、している。

この辺りにある、とお考えになっているのであろう。その想い、理解できないこともない。

しかし、男として生まれて今年で26年になる僕から言わせてもらえば、上述したいずれの解釈もどこかピントがズレている。野球解説風に表現すれば "芯を外している" 。あるいは、『花の慶次−雲のかなたに』 に登場する直江兼続の言葉を借りれば 「利いたふうな口をきくなーー!!」 ということになる。

「男の人は (恋人がいてもオナニーするのは) 仕方ないんだよねw」

深い理解と器の大きな優しさを感じさせる言葉だと思う。あるいは、『男のオナニーを容認してくれているのに、この男は何をキャンキャンと……肉欲、地獄に堕ちろ!』 という声もあるかもしれない。

しかしながら!人には、いや男には、否、僕には "譲れない一線" というものが存在しており、その意味からすれば女性の方々に軽々しく 『オナニーは仕方ないんだよねw』 と片付けて欲しくはコレ、ないのだ。

なぜ我々がオナニーをするのか?この問いに対する明確な答は未だお目にかかったことがない。確かに我々は、別段オナニーをしなくても死ぬわけではない。それでも僕たち男は思春期の頃にオナニーを覚え、終生をオナニーと共にしていく。

オナニーという行為の背後にある哲学、もしくはロマン、それは人それぞれだろう。僕たちは各々別個の動機でオナニーをしている。ここで大事なのは、とにかくも僕たちはオナニーをする、というその事実だ。

好きな人が出来ても彼女が出来ても、あるいは結婚しても娘・息子が産れても、僕たちはオナニーをする。 もちろん僕は未婚であるが、結婚後もシコシコとオナニーをしている自分の姿はかなり鮮明、かつ生々しく想像ができる。歳は40代、鼻セレブを用いてオナニーを行っている僕の姿。ありありと瞼の裏に浮かんでくる。イヤだが。

「……まあでも、それも仕方ないんじゃない?子供とか産れたら、昔みたいにセックスすることも出来ないワケだし」

そのお心遣いは有難いものの、無用だ。そろそろハッキリ申し上げておくが、男は、いや僕は、生まれてからこれまで一度たりとも 「仕方ねぇなあ……」 とか 「しのびねえなあ……」 といったマインドでオナニーをしたことは、ない。断言できる。僕のオナニーはいつも漲るエナジー&パッションと一緒に在ったし、それはこれからも変わることはないだろう。

Just for Onany (ただ、オナニーだけを)

オナニー。それは代用品などでは、代替的行為などでは、決してない。オナニーの、オナニーによる、オナニーのための、オナニー。何だかよく分からないが少なくとも僕にとってのオナニーはそういう位置づけになるし、そうであればこそ女性側には涼しい顔で

「恋人がいても、男の人がオナニーするのは仕方ないんじゃん?^〜^」

みたいなことを放言して欲しくはない。その言葉の裏には、どこか 『男って性欲が抑えられないから、まあオナニー程度はしょうがないっしょ』 というニュアンスが感じ取れるからだ。

違うのである。いや、確かにどうしようもない性欲の高ぶりを感じる日もあるし、そういう日を選んで僕たちがオナニーをカマしている事実は認める。その意味からすれば、仰る通り 「男は仕方ない」 のかもしれない。

だ、が。僕の想像によれば、この文脈での "仕方ない" という言葉は

『性欲が高まっているのに、何らかの原因があって恋人とセックスができないから、オナニーするのも仕方ない』

という風に使われていると思われるのだけれども、率直に言ってそれは正しくない。なぜなら

『恋人とセックス出来るのに、何だか独りでオナニーがしたくなっちゃう火照った夜揺れるハート

というものは、確実に存在するからである。言わばそれは "仕方ない" とかそういうレベルじゃない、とにかくもうオナニーがしたい、したくてしたくてたまらない!させれ!な晩のことだ。そんな夜、僕だって何度も経験してるのである。

そして、そんな夜。
我々メンズの脳内から彼女の存在はデリートされる。
一顧だにしない、と言っても過言ではない。

静謐なる時間
孤高の空間
全裸の刻

――物語が、始まる。

鍵を掛ける。
携帯電話の電源をオフにする。
ネピアをベストなポジションに配備し、ゆっくりとオカズをチョイスする。

狙うは隠しエロフォルダ 『海図』。
吟味に吟味を重ね、激戦を勝ち抜いた2GBのメスたちが僕(のチンポ)を待ち受けておられるのだ。このトキメキ、ワクワクさんにだって負けちゃいないさ。


see.JPG

(小さくも大きい海原が、そこにある)


男性の皆さんはもちろんご理解かと思うが、サイコーのオナニーを演出したいと考えた場合、直ぐにチンポへと着手するのは完全なる下策だ。肉は 『腐りかけが一番旨い』 という。これはつまり醸す、すなわち "発酵" という作用が肉のうまみを増幅させるからなのだけれども、その意味からすれば我々も自身のチンポを "醸す" 必要があるといえる。

何も難しい技術を要するわけではない。世の中には様々な "醸し" 方が存在するが、僕の場合でいえば

『およそ2GBのデータを一通り眺めた後、頭の中でフルコースを組み立てる』

これが "醸し" の作業だ。この作業なくして高級な貴腐ワインの如きオナニーの味わいを演出することは、出来ない。

ここまで語ればもうお分かりかと思うが、こんな面倒な行程 (但し、我々は決してこれら一連の作業を 『面倒だ』 とは考えていない) を経てまでするオナニー、それは最早 "仕方なくやっている" というレヴェルを遥かに超越している。それそのものが目的であり、それだけで世界が完結する行為――それが僕たちのオナニー (この文脈での "オナニー" の発音は "wanna be" という英語のそれに限りなく近接することに注意されたい) なのだ。あだやおろそかに扱ってはならないし、ましてや 『オナニー?ああ、寂しい男がセックスの代わりにやってるんだよね』 という理解は、いただけないのである。

いつか、どこかで書いたことがあるが、もう一度だけ記そう。

"攻め" のオナニー

――つまりは、そういうことだ。仕方なく行うオナニーなど、この世には一つとして存在しない、ノン、してはならないのである。お分かり頂けただろうか。

「じゃ、じゃあ彼女持ちの人がカマしているオナニーって……それってもしかして……」

事ここに至っては、最早 「すまない……」 と謝罪する他ありますまい。認めよう、僕たちメンズは、あるいは僕は、彼女と行うセックスと、右手と行うセックスとに、それぞれ 『違う味わい』 を見出している――という事実を。セックスはセックス、オナニーはオナニー、それぞれが別個の行為形式であるという揺ぎ無い真実を。僕はここに、声を大にして宣言したいのである。

その時に、さて、この日記を読み始める前までは 『男のオナニー?まあ仕方ないっしょw』 と賢しい笑みを浮かべていたご婦人方、彼氏に向かってもう一度、アゲイン!同じセリフをぶつけることができるのでしょうか。できるのでしょうか!?鍵を掛けて、時間を止めて。PCのモニタ越しに 「マジでジョジュク(≒熟女)のAVはたまらんばい」 と息を荒げている彼氏を、さあ、許すことができるのですかな?!


「う……う……でも、し……仕方ないんだよ……ね(;;)」

(シコッ……シコシコ……)

「う……や、いやあああ!!やっぱりダメぇ!!仕方なくなんてない、オナニーなんてしないでぇぇ!!しちゃダメなのぉぉ!!(;凵G)」


その言葉を待っていた
そうなのである。
僕たちは……つーか?!僕ぁねぇ、自分たちが独善的にカマしているオナニーのことを 「ま、男は仕方ないよね」 何て風に、やけに冷静な口調で片付けて欲しくないのであります。変な理解をされるくらいなら、むしろ

『ダメッ!!オナニーするくらいならアタイがフェラしたるねん!!全部搾り出したるねん!!やる気、元気、井脇やねん!!』

という決然とした姿勢、あるいは生き様?と言いますかな、とにかくそういう熱いパッション、ないし彼氏のオナニーに対する名状し難い憤り、そういうものを目の当たりにしたいのです。そういう部分に愛を感じてしまうのですね、ええ、ええ……。

「じゃ、そういうリアクションをすれば、男の人はオナニーを止めるんですね?」

いや、するよ。普通に。心の中で 『すまぬ……すまぬ……!』 と懺悔しながら、背徳感を全身で受け止めつつ、超ハードなオナニーを敢行すると思いますよ。もちろんそのことを敢えてまで恋人に告げるような真似はしませんが、心の奥底で (ごめん、俺……汚れっちまった……) と感じることはほぼ確実であり、その場合恋人に対していつもより優しく接することができるような気がする、そんな気がしないでもない、のですが、皆さんにおかれましては如何お感じかな。いいことづくめだと思いませんかな。思いますよね、当然。

ただ、我々の抱える上述したようなパッションを全て認識した上で 『それって結局 "仕方ない" ってことじゃんw』 と仰るのであれば、おそらく正解だと思います。これ以上どんな説明を施してもそれは野暮に過ぎますし、詰まるところ 『彼女がいてもオナニーをしたいから、してる』 という説明が最も無難でしょう。そのことを指して "仕方がない" と形容するのはごく自然なことです。

けれども、けれども。
再三になりますが、忘れないで下さい。

僕たちは決して、セックスの穴埋め代わりにオナニーをしているのではない……ということを。

いつもいつでも、"攻め" の姿勢でオナニーをしている……という生々しい事実を。

そこのところを無視したまま、どこかの誰かの言葉を鵜呑みにするようなテンションで 『オナニー?ああ、男は仕方ないらしいじゃんw』 と語ること、今日でおしまいにしましょう。それは僕から皆さんに向かって捧げる、本当にちっぽけな願い、あるいは、祈り。

なぜなら――僕たちは、自分のオナニーに誇りと矜持を持っているのだから。

持っているのだから。


人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 23:42 | Comment(57) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
さて、今日も攻めますかな
Posted by シンシン at 2009年04月13日 23:59
今年三十七歳の妻子持ちですが、非常に共感しました。
そう、オトコたるもの生涯攻めのオナニーをカマしていかなくちゃいけませんな。
「500回/一年」を目標としています。当然妻には内緒ですが。
Posted by vic at 2009年04月14日 00:24
初カキコです。

攻めた後に読んでます。
本当に今日も攻めれて良かったと思いました
Posted by ひらた at 2009年04月14日 00:45
寂しくもあり、共感もできる。
俺はオナニーに麻薬的効力を見いだしてきた。
仕方ないのでなく、かわいいあいつのアナルの臭いをかぎながら‥アァン!!と自分を後悔の念に苛ましつつ、挑む。

それはやはり、小さい頃に覚えてしまった癖にも似ている。

生物学上の結論なんかじゃ片付けられない、カルマなのかも知れませんな。


アナルなめてぇ。
Posted by たか at 2009年04月14日 00:50
書いてて恥ずかしくないのかな、こいつ

と妹が申してました

僕に関しましては共感です◎

【肉欲より】

自分の尺度で安易に相手を計っちゃいけない、と御令妹様にお伝え下さい。
Posted by at 2009年04月14日 01:12
肉さんのブログを見続けたおかげで
「オナニー?まあ男は仕方ないよね。セックスとは別腹だもの」
と思っています。洗脳されてます。
Posted by at 2009年04月14日 01:20
26歳 嫁ありですが……
非常に共感できます。
Posted by T at 2009年04月14日 01:21
共感の度合いがハンパじゃねぇwwww
Posted by at 2009年04月14日 01:28
オナニーとSEXは別もの!
女だけど、分かる。
肉さんもう26かぁそりゃ私も歳とるはず。
Posted by at 2009年04月14日 02:24
私は仕方ないていうかべつにおなにーしていいよーとかゆってたなぁ…彼氏がおなにーするの別に不快に思わないし…
それはそれでだめなのか!;;
Posted by りりー at 2009年04月14日 02:34
女子ですが…
私もセックス/オナニーは別物と、攻めまくる日々を過ごしています
Posted by at 2009年04月14日 10:24
"wanna be"風に"オナニー"を発音してみたら、噴きましたw
Posted by at 2009年04月14日 10:41
最近の肉さんの日記をみると自然に涙が溢れてきます。
Posted by げろ at 2009年04月14日 11:04
やっぱ夢のあるオナニーをしないとね
Posted by ライン at 2009年04月14日 11:52
彼氏が一人でするのを見させて貰った事があるんですけど、なんてゆうか、その…興奮しました。
Posted by 遥香 at 2009年04月14日 13:24
特攻!!!
Posted by at 2009年04月14日 13:59
なんかいいことあった?
この記事はやけに文章のキレがいい
Posted by at 2009年04月14日 14:53
ぬめりとオナニーという括りでネタが被っているのは何かの陰謀?
Posted by at 2009年04月14日 14:58
『男は(止めてって止まらないんだから)仕方ない』という意味で言ってました。
肉さんのwanna beに対する熱いパッションを刷り込みレベルで読んでいたら、そう思うようになります誰でも。
Posted by at 2009年04月14日 17:54
仕方ないでは済ませちゃいけませんね〜

熱いパッションを受け入れようと、今必死です。。
Posted by りか at 2009年04月14日 19:40
女だって彼氏がいてもするしね〜。
Posted by 犬珍汁 at 2009年04月14日 19:44
"wanna be"
なるほど、すばらしい。
Posted by しえる at 2009年04月14日 20:35
アタシ女だけど、セックスとオナニーは目的が別なので、彼氏いてももちろんする。

セックスに求めるのは温もりと、コミュニケーション(イけるとは限らないし、性欲はたいして満たされない)。

オナニーは性欲満たすもの(確実に気持ちいい)。

ってことになってる(あくまでも自分は、だけどw)

Posted by at 2009年04月14日 22:52
井脇先生のポマードピンクスーツでヌイタ
Posted by at 2009年04月14日 22:58
もちろん両者が別の軸の上にあると思います。今日もしっかり朝晩二回、攻めました。彼女がいるのはいうまでもないです。
けど、個人的には
うまくいかなかったセックス<うまくいったオナニー
は、成り立てど
うまくいったセックス<うまくいったオナニー
は、成り立たないきがします><
Posted by at 2009年04月14日 23:22
彼女との情事を想像してのオナニーはこの場合どう解釈するべきなんでしょう?
ちなみに、好きな彼女が他の男にやられてるとこを想像してオナニーしてる僕は業が深いのでしょうか。
Posted by 哀 at 2009年04月14日 23:25
 読み切ってから、オナニー、と言う言葉を
 
 いつもより自然に口にしていた
Posted by at 2009年04月15日 00:12
これ読んでwanna beの発音の練習したら親に聞かれてましたwww
Posted by ごとー at 2009年04月15日 00:41
ダンテが作中人物に述べさせているように、「愛」とは詰まるところ二分割出来ます。
神がわれわれに与えたもうた、いわば本能的な愛、そしてわれわれが男性器の先からひり出され、今日までに得た経験による愛。
われわれは恋人に対しては後者の愛を抱き、オナニーに対しては前者の愛を抱くのです。

すなわち、オナニーとは神がわれわれに与えた素晴らしい(愛による)ものなので決して七つの大罪の一つではなく、ましてやそれを何かの業のように語るのはそれこそが業なのであります、と肉さんは言いたいのですね。わかりました。

オナニーしてこよっと。
Posted by サトル at 2009年04月15日 02:29
女だけどこすりつけオナニー最高です。
毎晩攻めてます。
女のオナニーもまた性活の重要な一部、
生理前のヒステリックな感情の波を
優しく受け入れてくれるもうひとりの「彼」なのかもしれません^^
Posted by at 2009年04月15日 06:31
>仕方ないっしょ?www

この如何にも蔑んだ様な目で内心怯え切っている肉食系な女子の発言に対しての憤り的な文書から一転して

>すまない・・・

みたいに書く辺りがなんか


おなにー みたいでしたw
Posted by at 2009年04月15日 10:47
彼が満足そうに寝ている横でしますよ。テーマは別の男で。そんな時ことすまないって思います。
「おせっくすがフルコースならおなにーはデザート。」
と直江兼続の嫁が言ってたとか言ってないとか。
Posted by at 2009年04月15日 11:35
最近ルーティーンとしてのオナニー、守りのオナニーになってしまっていたことに気づきました。
攻めの気持ちが大切ですね。
Posted by at 2009年04月15日 13:40
この記事の読後感…

オナニーのそれに匹敵している気がします。
Posted by cause at 2009年04月15日 13:49
私女だけどここの米欄の女性たちのカミングアウトっぷりは異常だと思う
Posted by at 2009年04月15日 14:06
今日ほど共感した日はありません。
Posted by at 2009年04月15日 14:14
これは、女の場合でも当て嵌まるのでしょうか?私はいつも、リアルにいる男(同じクラスの男子、好きな先生など…)で妄想してオナってますWWWたまりません
Posted by いぬ at 2009年04月15日 15:29
心、洗われました!
全ての女性にコレを読んでもらいたい!
Posted by 2輪 at 2009年04月15日 17:14
彼女がいない僕はどこに後ろめたさを感じればいいんですか!?><
Posted by at 2009年04月15日 19:07
ついにヤラハタのまま春を迎えてしまった僕ですが、
最近オナニー欲が消え去りました。
それどころか、ここ1週間程勃起もしてない気がします…orz
精力溢れまくってる日記&米欄読んで、俺やばいんじゃね!?ってなってます。
Posted by インポッシブル at 2009年04月15日 21:07
より良いsexのためにひとりえっちはあるのですvvv
Posted by at 2009年04月16日 01:15
相手の経験が少ないせいもあって
なかなか顔面騎乗して欲しいと言い出せない…

そんな私はもっぱら
手錠に繋がれて無理矢理顔面騎乗される
という妄想がオカズです(^q^)
Posted by at 2009年04月16日 01:39
全面的に同意
Posted by at 2009年04月16日 09:33
肉さん、質問なのですが
チン○の黒い人にはオ○ニ-だけではなれないんですか?あれは女性の色素なんですか?
教えてください。
Posted by at 2009年04月16日 10:00
今日も大海原(エロフォルダ)にワンピースを見つけに行くぜ!
Posted by at 2009年04月16日 12:31

合体予定の日のオナニーは、
♂挿入のためバイブは使わず、
ローターで表面のみを刺激していき、
イきそうになったら止め、またイきそうになったら止めを繰り返し、
ジーンズの上から恥骨に軽く当てるだけでイきそうな状態にまで仕込んでおいて出掛けます♪


いざコトが始まると早く挿入して欲しく堪らず、やっと挿入され奥をつかれると途端に逝きまくり始めます。

逝きながら更に逝ってとものすんごい状態になります。

この、仕込みのオナニーの位置付けは…??
Posted by カプ at 2009年04月16日 14:59
ありがとう。 
彼女がいても右手のアイツを求める夜は、確実にあります。セックスした後も、「たぶん私は三回目だから」となる夜もまた、あります。
俺が・・・俺達が自慰王だ!

Posted by G王 at 2009年04月16日 17:03
今日もまた、たしかにキレ抜群でした。

しかし、火狐の拡大表示で読んでると、数分おきにリセットされて、普通の100%表示になるのはなぜ??
他のページは、そんな風にならないんだけどなぁ。改善キボウでした。
Posted by at 2009年04月16日 19:16
文系男子のパソコンに「CAD製図」のフォルダがあることを思い出した
Posted by at 2009年04月17日 12:28
さりげに中也でしたな。
Posted by かにさわ at 2009年04月17日 22:10
完璧です…これほどまでにあなたの胸の内に共感できたのは初めてです…

師は言いました、野球部だってパワプロくらいする、と。
その一文を具体的かつ細分化かつ狂いなく説いていただきありがとうございます…ナンマンダブナンマンダブ…
Posted by at 2009年04月18日 18:30
あの「仕方ないよね?^^」と言われたときの、なんとも言えない感情の原因が、今、わかりました。

仕方なくオナニーしてる男なんていねぇんだよ!メスどもが!!
Posted by at 2009年04月20日 20:58
今日もしちったw

みたいな奴も俺はまだまだだなあ、と思う
Posted by at 2009年04月20日 23:37
なるほど、わかります。
毎度のことながら面白いです^^!!

ただ、
仕方ない、っていうのは

「男性がそうすることそのものが仕方ない」
という意味ではなく、

「男性がそうすることを我々メス共に止める術がない(仕方ない)」
という意味で私は用いていました^^;

(実際に言ったことはないですけど

これって
さかしらぶった世の乙女たちが
自分の心を紛らわす為に
吐く言葉だと思うんですが
私は敢えて言いたい!!

女だって彼氏がいようがいまいが
オナニ−するんだぜ!!
Posted by りんちゃ at 2009年04月21日 13:18
なんかありがとう!
Posted by at 2009年05月10日 21:09
いつも楽しく拝見しております。
ナンパ日記を書いております、のぶおと申します。

面白いブログですね!
記事内容など、今後の勉強にさせてもらいます^^

頑張ってくださいね^^
俺も頑張ります。
Posted by のぶお at 2009年07月19日 01:32
"醸し"
じゃねーよwww
Posted by at 2015年12月28日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。