肉欲企画。

twitterやってます。

2009年02月14日

宮崎あおいクライシス second season

 
 
先日の日記は速報性を重視するあまり、個人的感情を過度に押し出す内容となってしまいましたが、あのニュースを知ってから二日が経過し、当方といたしましても随分冷静に事実関係を分析することが可能となりましたので、改めましてMA(宮崎あおいさん)に関する現在、そして今後の展望を論じていきたいと思います。なお、これはある種当然のことなのですが、今日の日記は全体においてMA(宮崎あおいさん)に関する記述しか存しませんので、遺伝子レベルでMA(宮崎あおいさん)のことが嫌い、MA(宮崎あおいさん)のことを考えるだけで動悸・息切れなどが激しくなる、といった症状をお抱えの方々は迅速にインターネット回線を切断、しこうして後に遠くの山々を眺めるなどして精神を安定させて下さい。


■ 本当に 『ざまあ』 なのか?

お前らくらいインターネッツ界隈の事情に精通した輩ならば勿論のことお気づきだったと思うけれども、先日の日記について、その字面だけを追えばMA(宮崎あおいさん)の旦那である高岡さんのことを擁護している……とも解されるのであるが、その実、全ての行の一文字目を拾って内容を再構成すると、すわそこには、 「うは ざまあ めしうま」 という僕のパッションが立ち現れてくるわけで、確かに僕はあのニュースを見た瞬間に 「ざまあ!勝った、圧倒的に勝ったで!!」 といった趣旨のことを胸に抱いたものの、じゃあこの事件において真に 「ざまあ」 と思われるべきなのは一体誰なのか、そもそも僕は 「ざまあ」 などと思うべきだったのであろうか――手始めにその辺りのことを考えていこうと思う。

※ざまあ=ざまあみやがれ、の意

今回の件については、別段複雑な事情が介在しているわけではなく、端的にいえば 「妻を持つ亭主が大胆にも不倫をカマした(疑いが強い)」 ということである。それは即ち

亭主=加害者(不道徳者、不法行為者)
妻=被害者

という図式が成立することになるが、そのような事例にあって第三者が 「ざまあ」 と思うことがあるとすれば、そこには二つの意味があり得るであろう。即ち

「加害者が社会的な制裁を受けて⇒ざまあ」

あるいは

「被害者が損害を被ったから⇒ざまあ」

こういうことだ。どのみちあまり誉められた言説ではないが、取りあえず本稿における論旨は 「なぜ人は人の不幸が好きなのか?」 というところにはないので、いまは先を急ぐ。

さて、先日のニュースを受けて、私が漠然と 「ざまあ」 と思ったのは確かであるが、ではその 「ざまあ」 は、先に挙げた二説のうちのどちらに属する感情なのであろうか。この点、皆さんもご存知の通り、私は一種キチガイのような風情でMA(宮崎あおいさん)を耽溺しているのであり、そんな風にしてフォースの宮崎あおい面に堕ちしてまった僕が、まさか 「宮崎あおい、ざまあみやがれ!」 などと思うわけはない筈であって、もしそんな風に 「宮崎あおい、ざまあww」 などと思う人非人が存在するのであれば、ちょっとテメー出てこいよコラ!?!現在絶望の淵にいる(であろうと思しき)MA(宮崎あおいさん)に対してそのような言葉をかけること、それは畢竟万死に値する……と言わなくてはならない。

そうなると結局、僕は亭主である高岡さんに対して 「ざまあ!高岡ざまあ!!高岡ざまあで俺のメシが美味い!!」 という想いを反射的に抱いた……ということになるのだけれど、しかしそうであるとしても、それは一体何を指して 「ざまあ」 なのだろうか。

人間が誰かに対して 「ざまあみやがれ」 と思うとき、それは彼の方から過去に酷い仕打ちを受けた、とか、個人的に深い恨みを持っている、だとか、そういう事情が介在するからだと考えられる。けれど、率直に言って、私自身は高岡さんに対して何か恨みがあるわけではない。

もしかするとお前らみたいな者は

「高岡さんがMA(宮崎あおいさん)をかっ攫ったから、肉欲は激しい憤りを覚えたに相違ないぜ!」

といった旨のことを思ったやもしれぬけれども、ハッキリ言ってそれはもの凄くお門違いな予想です。「ウソだ!」 と思うかもしれんが、2006年某月、私が 『MA(宮崎あおいさん)、結婚!』 の報を受けたとき、ごくごく自然に 「良かったさすがあおい良かった」 との想いを胸に抱き、かつ、この世で7番目くらいに美しい涙を流したものである。あおいの幸せは僕の幸せ、だからあおい、今回は本当にコングラッチュレーション――それが当時の僕が抱いた本音だ。

付随的な事情としては、MA(宮崎あおいさん)が人妻にジョブアップした!という事実が、僕には存外嬉しく感じられ、なんとなれば我が国において "人妻=超エロい" という方程式がまことしやかに囁かれている以上、もしかしたら僕もいつかはMA(宮崎あおいさん)と何か関わりを持つことができるのではないか、具体的には新宿にあるモーテルなどで何の文脈もなく僕の野太いチンポをMA(宮崎あおいさん)の蜜壷にスルリとハメこむことができるのではないか……等の見通しもあった。だからその意味で、僕は彼らの結婚を極めて好意的に受け止めていたのである。ご理解いただけるであろうか。

ここでもう一度本筋に戻るが、じゃあ、なぜ僕は 「ざまあ」 と思ったのか。この点、「高岡さんの不倫疑惑が登場することで、肉欲に何がしかの利益が発生するのではないか?」 という仮説も生じ得る。このことを換言すると

不倫発覚⇒家庭崩壊⇒二人は離婚⇒寂しさに耐えかねたMA(宮崎あおいさん)は、いけないとは知りつつも、夜な夜な大根などの根菜を本来とは異なる用途で使い始める⇒しかしそれでも埋めようのない寂しさを持て余すMA、人肌を求めて東奔西走⇒(中略)⇒僕の野太いチンポがMA(宮崎あおいさん)の蜜壷にスルリとハメこまれる(Q.E.D)

という論理の爆誕が考えられるのであるが、これについては皆さんもご理解の通り、万が一本気でこんな因果経路が成立するとか考える輩がいるとすれば、これはもう令状なしで逮捕されるべき案件であって、お前らあんまり俺をバカにするなよ……。

詰まるところ僕は高岡さんに何か恨みを抱いていたわけではない、あるいは、二人の離婚によって僕にいいことがあるわけではない、という事実が証明された以上、やはり僕が今回の件に対して 「ざまあ」 という感想を抱いたことは適切ではなかったと断言するほかなく、よって僕はここに陳謝の意を表しておきたい。本当に申し訳ありませんでした。

■ では、僕は何を思うべきなのか?

以上が先日の日記に対する考察と反省なのだが、日にちを置いて冷静さを取り戻したいま、もう一度事実関係を整理してみたい。

今回、高岡さんは女性誌において不倫疑惑を報じられたのであるけれど、記事をよくよく精査してみれば 「高岡さんが自身のバースデイパーティーの後、知人と思しき女性宅に3時間ほど滞在した」 ということしか書かれておらず、結局これだけでは 「高岡さんが不倫をした!」 ということを確定的に述べることはできない。何かしら疑わしい事由が存在するとしても、それらはあくまで状況証拠でしかない。

そうであるにも関わらず、女性誌の側が 「やっぱり不倫してんじゃないスかね、これは」 と報じたのには何か理由があるのではないか。ここで今回報道された事実をもう一度分解すると、概ね以下のようになる。

@ 高岡さん、女性を連れてタクシーで郊外の住宅街へ

A その後、手をつなぎながらマンションへと猛突入

B 出てきたのは約3時間後

まず@であるが、仮にこれだけのことで 「高岡さんは不倫をしている!」 と断言しているのであれば、こいつはもうたまったもんじゃない。なぜとなれば知人の女性とタクシーに乗るという行為、これは社会通念上極めて正当な行いだからだ。女性とタクシーに乗るという行動が直接に不倫だと認識される――かなりの暴論である。

まあ確かに一面においてはタクシーの中において女性のオマンヌをペロンヌしてハメンヌすることも不可能ではない、と解することもできるが、それでも社会通念に照らして考えれば、基本的にタクシーなんてものは移動手段に過ぎないところ、普通はタクシーの内部でオマンヌをペロンヌしてハメンヌするような人間はおらず、もしも出版社の側が 「タクシーはオマンヌをペロンヌしてハメンヌするための交通機関です」 と主張しているのであれば、ちょっと全タ連(全国タクシー連合)が黙っちゃいないよ。ということで、本件において@の事情は大した意味を持ち合わせていない、と考えるべきであろう。

次にA。妻帯者が妻以外の女性と手を繋ぐという行為、これはどうにも誉められた行いではなく、この事実から即座に 「それは浮気だ!不倫だ!」 という風に結論付けるのも可能であろう。手の繋がりは心の繋がり、そんな捉え方もできるからである。

ただ、やっぱり 『手を繋いだ』 ということだけで不倫疑惑を囁かれるのは少々強引に過ぎるであろう。実は高岡さんは突然変異でチンポ的なサムシングが右手に装着されている……などの事情があるのなら話は別であるが(この場合⇒×手を繋いだ ○チンポを握らせた、となる)、きっと高岡さんのチンポ的なサムシングは普通に股間あたりに生えているはずなので、その意味からすれば 『手を繋ぐ』 くらいの行動はお目こぼし頂きたいものである。以上の点を総合考慮すると、Aの事情についても特別の意味があるとは解し難い。

最後にBである。この点が今回の疑惑における大トロである。 『女性宅に二人で三時間も滞在した』、この点を強調すれば、我々の感覚としてはごく自然に 『三時間ずっとチンポをハメ続けていた』 という印象を受けるのであって、その意味で出版社の側も 「高岡さんに不倫疑惑!」 ということを報じたのではなかろうか。

ここで 『三時間』 という数字の意味を考えてみたい。先に僕は 『三時間ずっとチンポをハメ続けていた』 という趣旨のことを述べたが、実際のところマンションに入るや否やチンポをハメることが可能なのか?といえば、いくらなんでもそれは無理な案件であって、なぜならば僕たちは "心(ハート)" ある "人間(ヒューマン)" だからである。

僕たちメンズは、一年のうちの367日くらいを 『セックスしたい』 『チンポをハメ太郎』 という思索に費やしているのであるが、なぜ僕たちが飽きることなくそんなことを考えているのかといえば、一般的にいって女性にチンポ的なマテリアルを献上することは、非常に難しい行いであるとされているからだ。我々がそこに辿り着かんとした場合、その前には様々な困難が待ち構えている。それは衣服の選び方であったり、ヘアスタイルのチョイスであったり、口説き文句であったり、自己の年収の多寡であったり……と、実に多種多様。だが、そういったハードルを乗り越えて、初めて我々は女性と身体で語り合うことができる。

そこにあって三時間という数字はいかにも短い。ここで 『僕自身なら三時間で何ができるか?』 ということをシミュレートしてみたのであるが、具体的に弾き出された答としては 「二人で桃鉄」 というものであった。どういうことかといえば

・喉が渇いたからちょっと家に上がっていいかな?

・へえ、いい部屋だね(下心を悟られてはいけない)

・へえ、ゲームとか好きなんだ(あくまでさりげなく)

・あっ、桃鉄あんじゃん!(徐々に、徐々に……)

・三時間経過

以上が三時間という数字の意味である。ムード作りに腐心するあまり、三時間は音よりも早く経過してしまうのだ。与えられた時間が六時間であれば、三時間が過ぎたあたりで 「ちょっと疲れたね、ベッドにでも行かない?」 という要素を噛ませることができるのであるが、三時間ではいかにも……。

(そんな回りくどいことやってねえで、さっさと押し倒してしまえばいいんじゃねーの!?という向きもあるかもしれないが、そんな度胸が僕にあったらば、そもそも青春時代をオッパイパブに費やしてはいなかった。カマドウマが空を飛ぶことはできないのであり、だから、三時間もあるんだからさっさとハメちまえよ?!というご意見は甚だ暴論なのである)

じゃあ高岡さんは、そそり立つ己が肉棒を、タイトなジーンズにねじ込んだりはしていないのか?BOA的なプレイはやっていないのでは?という風に結論づけることもできるが、そいつは少々性急かもしれない。なぜなら、先に述べた三時間桃鉄理論、あの論理自体には一点の曇りもないのだけれども、それはあくまでも 『正攻法』 としての論理なのである。もしも高岡さんが 『搦め手』 で攻めていた、と仮定したすれば、三時間のうちにセックスをカマすことも決して無理ではない。

ジャパニーズ土下座スタイル。これを前面に押し出して交渉をカマせば、三時間のうちにセックスに漕ぎ着けることも可能となる。つまり、玄関開けたら二分で土下座、頼む!ハメさせてくれぃ!と決然と言い放ち、相手が首を縦に振るまでエンドレスに土下座。先っぽだけ、先っぽだけだから!というマジックワードも絡めたタフ・ネゴシエーション、すると女性は長時間の交渉に疲弊し、結論として

「まあ、先っぽだけなら……」

ということになる、かも!?しれない。便宜上、ここは強引に 『なる!』 という風に決め付け、かつ、本件疑惑の現場においてもこの "土下座スタイル" が執り行われた……と仮定したい。高岡さんはタフネゴシエーター(粘り強い交渉人)だったのである。

しかし当たり前のことではあるが、仮にこの土下座スタイルが奏功したとしても、その姿や事実を他人に知られてはならない。もしも僕が土下座の末にセックス的なアクションに辿り着くことができたとしても、そのことを他人に話すことはないであろう。当たり前だが、そんなことがバレたらひどく恥ずかしいからである。

故に、この件に関して僕が何かを思うとすれば 「類稀なる忍耐力で以て女性に粘り強い交渉をカマしたのに、そのことを女性誌にスッパ抜かれてマジかわいそうです(´;ω;`)」 ということであり、ホント男としてはやってられませんよこれは。今回の件で、もしも滞在時間が倍の6時間であったらば、僕としても上述したような推論を抱くこともなかったのであるが――真実はいつだって切なくて、苦い――。

■ まとめ

ということで、改めて今回の出来事に対する僕の見解を述べさせて頂いたのだが、如何だったであろうか。なお、途中で 「やっぱ三時間でセックスに到達するのは難しいよね」 みたいなことを書いたものの、ぶっちゃけ今回の出来事の前からただれた関係が構築されていた場合、むしろ三時間は長すぎる数字であると言わざるを得ず、ちょっと体力に自信のある方であれば三時間で4回……いや、5回は可能であると考えられ、また、相手(とされる)女性のご尊顔とバディを画像上で拝見したところ、僕だったら7回……いや8回、という驚愕の数字が叩き出されました。そして家に帰れば若妻が待機しているのであり、なんつーかもうアレだ、基本的平等とか何とかかんとか、この日本にはもう存在してないんでしょうね。ファックでございます。

人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 17:24 | Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
やっぱりあんさん最低やwww
Posted by at 2009年02月14日 17:47
中略www
Posted by ゆん at 2009年02月14日 17:49
女の人って、対して気のない人と手を
つないだりするのかな〜。
むしろ僕は、女のほうに「ソノ気」が
あったんじゃないかなとふんでるんですが。
Posted by 量産型ザク at 2009年02月14日 18:13
世の中はファックで溢れてる。
Posted by at 2009年02月14日 19:12
オマンヌをペロンヌしてハメンヌww

面白かったです^^
Posted by at 2009年02月14日 19:59
僕もすきですよ、モビルアーマーwww
Posted by at 2009年02月14日 21:40
なんかあの…同じコメント書き込んですいませんでした。削除お願いします。

ハメ太郎&ハメンヌwww
笑わせていただきました。
Posted by at 2009年02月14日 21:47
あのカラダを前にたった三時間で全てを終わらせた高岡氏に敬意を表します
Posted by G王 at 2009年02月14日 21:51
オッパオパブになってるよ?
Posted by at 2009年02月14日 22:07
おもしろかったすww
Posted by at 2009年02月14日 22:38
Q.E.Dってなんですか?
Posted by at 2009年02月14日 22:56
オマンヌをペロンヌしてハメンヌwww
肉さん大好きw
Posted by at 2009年02月14日 22:59
スザンヌ大好きな僕がオマンヌをペロンヌでハメンヌで興奮してしまったことに陳謝して頂きたい
Posted by at 2009年02月14日 23:53
ペロペロ、にゃーん!!
Posted by at 2009年02月15日 00:25
Q.E.D.の意味訊いてるのはネタなの?
ネタにしても面白くないぞ
Posted by at 2009年02月15日 00:37
ファックな世の中で御座います。

きっとタクシーの中でも涼しい顔でテマンヌですね!
Posted by at 2009年02月15日 01:55
>MA(宮崎あおいさん)
略してる意味ねえw
Posted by at 2009年02月15日 05:36
けなし愛、という言葉もあるようにー…

「俺ではなくそんな男を選ぶからそういう目に合うのだ…!」
といった気持ちが、どこかにあったというのは如何か。
>ざまあ、の件
Posted by at 2009年02月15日 09:47
読む前にコメント。
ついに一番好きなエントリの続編キタ!!
Posted by at 2009年02月15日 13:05
MAの話題がもうひとつ
http://streaming.yahoo.co.jp/newsflash/list/jij/ent/tc/photo/jij0902148700_0001.html

殺人予告とかだすなよ!ぜったいだすなよ!ぜったいだぞ!
Posted by じるむ at 2009年02月15日 18:19
いつもは携帯で見てたんすけど
PCでブログ読むほうが(感覚的にですが)おもろかったです。なんでだろ。
Posted by at 2009年02月15日 18:48
ユースケサンタマンコがMA(あおいちゃん)の胸を揉みしだいた件について何か一言^^
Posted by にくらー at 2009年02月15日 23:57
Q.E.D.?
Posted by at 2009年02月16日 05:59
とても面白い考察ですねww
Posted by ぴーえふ at 2009年02月16日 16:16
Q.E.D.
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


数学、哲学などにおけるQ. E. D. はラテン語の Quod Erat Demonstrandum(かく示された)が略されてできた頭字語。証明や論証の末尾におかれ、議論が終わったことを示す。


マジレスしてすいません。
Posted by at 2009年02月17日 03:42
私だったら手をつないだのがそもそもいやだなー。気持ちが向き合っている時点で
これは不倫ですよ。
Posted by at 2009年02月18日 06:24
ほんとファックですね・・・

でもファックしたいですね。
Posted by 愛水 at 2009年02月18日 07:34
肉さんは世界で一番あおいちゃんを愛してますもんね。
Posted by ぞ at 2009年02月18日 21:08
うちの夫も不倫してるみたいで、あたし自分を責めてたけど…

MAも浮気されるなんて、妻ばかりが原因じゃないのね。
手を繋ぐはある意味寝るよりアウト!

Posted by at 2009年02月19日 12:44
肉さんの御本尊は野太くていらっしゃるんですね。一度はお目にかかりたいものです。
Posted by at 2009年02月19日 17:04
相手の画像もなしに絶賛されても…
Posted by at 2009年02月23日 11:37
高岡さんとお会いしたけど恋愛には真面目で好青年な印しょ…



orz
Posted by 愛理 at 2009年02月24日 08:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。