肉欲企画。

twitterやってます。

2009年01月30日

ボイン or not

 
 
我々の多くは、内心において "所有欲" を抱えている。

何かを欲しいと願う、それを所有したいと祈る。
そんな想いは別に奇異なものではない。

対象が物であれ、ヒトであれ、無形のものであれ。
とかく僕たちは常に ――時に心ならずも―― 何かを得ようとしている。

所有という概念は、同時に廃棄という側面も孕んでいる。
僕たちが何かを所有するにしても、そこには自ずと限界がある。
四畳一間の部屋に一万冊の本を保管することはできない。
何かを手にするために、何かを捨てなければならない瞬間――それは万人に等しく訪れることだろう。

結局、何かを手にしてしまえば、その時点からそのものとの "別れ" の時間が押し迫ってくるのだ。永遠はどこにもない。それはモノにしても、地位にしても、権利にしても、あるいは誰かとの関係性にしても。それらは時間とともに朽ちるか、喪われるか、剥奪されるか、もしくは解消されるか、そんな運命を辿るのみだ。例外はない。

『いっそのこと、何も手に入れなければ良いのではないか』

様々なものとの愛別離苦を経験した末、そのような結論に至る方もいることだろう。何もないのは寂しいが、別れの辛さを経験しなくとも済む。何かを持つから手放すのが苦しいのであって、最初から空手であれば、少なくとも別離に際しての寂寞感を抱くことはない。それもまた、正しいことなのかもしれない。

持つことと、持たざることと。
そのどちらがより優れた考え方だ、と決め付ける必要はない。
それはあくまでもスタンスの問題でしかないし、仮に両者に優劣をつけることができるとしても、それは何の解決にもならない。 『自分の考えの方が、より優れているのだ』 という仮初めの安堵感を得ることはできても、それだけである。胸に湧いた名状しがたい寂しさが消え去るわけではない。

個人的な話をさせてもらえば、僕は "欲しがる" 方の人間である。これまで幾度も出会いと別れを経験してきたし、その数だけ哀切や無常を感じてきたが、それでも何かを欲することをやめることはできない。

日々が続いていくからである。時計の針が間断なく動き続けるからである。束の間に感じた苦しさは、切なさは、あるいは後悔は、膨大な時の流れの中で霞み、薄れ、呑み込まれ、知らずの内に忘れ去られてしまうからである。いつまでも同じ地点に立ち続けることは不可能だからである。

そして僕たちは、また同じ場所へと戻ってくる。
悲しみと辛さと諦念とか渦巻く、いつか見た地平へ。
無くなったもの、捨てたものを心の奥で噛み締めながら、また同じ行動を繰り返してしまった己の暗愚さを呪いながら、それでも茫洋と広がる未来に一縷の望みをかけながら、再び日常を紡いでいく。

きっと、いつの日か灰になるまで、そういうことを繰り返していくのだろう。ぐるぐると、ぐるぐると、消えない蝋燭を設えられた走馬灯のように――



貧乳期、というものがありまして。この言葉が何を意味するかといえばそれは簡単で、端的にいえばある特定の時期に差し掛かると僕が突然 「貧乳こそが神、貧乳こそが光」 という宗教に入信、その日を境に貧乳のことしか考えられないようになり、貧乳まじヤバい、貧乳以外は本当に無価値だ、ベッドが貧乳でできていればいいのに……と、まるで念仏のように唱える期間、それが貧乳期なのです。分かりますな。

よく女性の方は男性に向かって

「結局男っていうのはボインちゃんが好きなんでしょ?」

ということを漠然と問うてくるのであるけれど、それはビッグな間違いだと言わざるを得ないわけで、それについては何度かこのブログで申し上げた通り 「男はどんなオッパイを好ましく思っているか?」 といえば率直にいって全部好き、およそ乳と名のつくものだったらみーんな好き、というのが正解なわけです。よって、件の問いに対して正直な意見を述べるとすれば

「男は、ボインちゃん "も" 好き」

こうなる。もちろん世の中には様々な趣味・嗜好の方がいらっしゃるので 「ボインがサイコー!ボインこそが救いなんや!」 という宗派に属する方も存在するものの、その方にしても 「じゃあボイン以外はいらないってワケ?」 と聞いてみたらば、きっとモジモジしながら

「いや……別にそういう意味じゃないんだけどね……」

と、シャイな面して答えることでしょう。つまり、彼の本音を正確に表すとすれば 【ボインだったらマッチベターだけど、普通の乳でもグッドイナフだよね】 、こうです。そこにあるのは 『好き』 か 『大好き』 かの違いだけであり、決して 『好き』 か 『嫌い』 かという二元論ではありません。ご理解下さい。

けれどもここからが苦しいところで、僕たちはどれだけ望んでも一人の女性の中に 『ボイン』 と 『貧乳』 の両方を見出すことはできない。ボインか貧乳か、そのどちらかを手に入れたならば、それは同時にどちらかを捨てるということになります。ボイン、かつ貧乳、だなんてエキセントリックな女性はこの世に存在しないからです。

決断の刻(とき)――それは誰に対してもやってきます。進路や就職などの例は卑近ですが、あるいは "ボイン" か "貧乳" かの決断を迫られることも、決して無いとはいえないのです。

これを読んでいる方の大半は 『またバカがバカな顔してバカなこと言ってるよ……』 と愛想を尽かされたやもしれませんが、そんなあなたにだって ボイン or not の判断を下さざるを得ない日がやって来かねない。そんなとき、どうされますか?慌てふためきながら

「考えてなかった、まさか自分にそんな日がくるだなんて……」

そんな三味線を弾くことは許されないんですよ。保護者はすぐに 「まさかウチの子に限って……」 と抜かしますが、重犯罪行為に手を染めるのは往々にして大人しそうな子ばかりなんです。強盗・強姦・放火などをカマしておきながら、後になって 『まさか』 じゃ済まされないんですよ 『まさか』 じゃ。

反れましたが、本筋に戻って。つまりいつかどこかの段階で ボイン or not のスペクタクルが我々のドアをノックするのですが、そこでどう振舞うか?ここはやはりそれぞれの価値観に一任するほかありません。先にも述べた通り、ボインと貧乳とはそのどちらか一方が優れているとかいう問題ではなく、どちらも等しく素晴らしい、後はそれぞれの趣味嗜好に左右されるべき場面だからです。

ただ!ただ。僕は思うのですが、例えば現在、皆さんに彼女、愛人、嫁、性奴隷……まあなんでもいいのですが、とりあえず特定の好ましい異性が傍にいる、と仮定して。その時、あなたに向かって

「じゃあ一体、どんなオッパイがいいの?」

と問うたらば、おそらく非常に高い確率であなたは……そのパートナーとは異なる形状、質感、ボリュームのパイオツをセレクトする、もっとざっくり言えば、ボインの彼女がいる人は貧乳を、貧乳の彼女がいる人はボインを、これ、選ぶのではないか?僕はいま、そんなことを強く感じているのだけれど、如何か。

「つまり、無いものねだりってこと?」

そーいうことに、なるんですかねえ……。いや全く、先に自分で 「オッパイは等しく素晴らしい」 などとのたまっておきながら、今になってオッパイに優劣を付けるが如しこの態度は、このダブルスタンダード野郎!と悪罵されても文句がいえないほど酷いのですが、でも、でも!ある、と思うんですよねそういう側面……なんつーか、やっぱりこう、毎日貧乳モノだけのAVを観ていたら、三日目には訳もなく母乳モノのAVを鑑賞したくなる、とかそういうパッション的なものはね、これ、やっぱりありますよ。

そしてそう考えれば、僕に訪れる不可解な貧乳期に対しても、無理なく説明を施すことができます。僕はよく(研究目的で)大人のお友達をターゲットにしたVTRを鑑賞しているのですが、やはりその中においては比較的胸が豊満というか、カップ数にすればアルファベット "D" の壁を突破した女性の方が割と多く出演されておられる。そして、異論はありましょうが、一般的にDといえば 『どちらかといえばボイン』 というカーストに所属するのであり、換言すれば僕は(研究目的で)そういった "広義のボイン" ばかりをこの目にすることになります。

これを図に表すと、大体以下のようなサイクル。

ボ⇒ボ⇒ボ⇒貧⇒ボ⇒ボ⇒ボ⇒ボ⇒貧⇒ボ⇒ボ⇒ボ⇒……

(※ボ=ボイン、貧=貧乳)

分かりますね。圧倒的に貧成分が足りていないことになるのです。もちろんそれが悪いとは言いませんが、この事態はやはりどこか切なくて、寂しい。いかにカレーが美味しくとも、毎日食べれば飽きてしまうのと同じ原理です。カレーとオッパイとは別物ではありますが、どちらも 『一晩寝かせた方が美味しい』 という点で共通しておりますので、この際同列に扱わせていただきます。同列に扱わせていただきます。

こんなもんだから、唐突に貧乳期が訪れるのではないか。フレンチもいい、確かにいいのだけれど……僕はお茶漬けが食べたいのです……そんな切なるマインドにも似た貧乳期、それは何も特殊な感情ではないと思います。そして、逆もまた然り。貧⇒貧⇒貧……と続いたとすれば、唐突にボイン期が訪れることもありましょう。言わば、ボインと貧乳とはコインの表と裏、常に隣り合っている存在なのです。

さあ、そこで ボイン or not の問題です。オッパイについての趣味嗜好が様々存在することは先述した通りですが、仮にここでAさんという人物が ボイン or not の決断に迫られているとして。

Aさんは本来、どちらかといえば貧乳が好き、貧乳を枕カバーにして一生眠るのも悪くない、貧乳にぶつかって複雑骨折で死ぬのもやぶさかではない……と、そんな宗派に属している方なのですが、それと同時にAさんは、これまで生きてきて貧乳の異性としか付き合ったことがない、貧乳のVTRでしか手淫をしたことがない、一族郎党貧乳だ、昨日も貧乳パブに行った……という事実も確認されております。

そして、そんなAさんのところに超存在的な何か、異次元からやってきたUMA、世俗的な言い方をすれば神、みたいな人が唐突に訪れ、曰く

「これから先の人生、君はどのオッパイに捧げるのか」

これは実に……難渋極まりない質問と言わざるを得ない。神も仏もないとはまさにこのこと。しかし複数回答が許されない以上、どちらにしてもAさん (あるいは、僕たち) は ボイン or not の問題にピリオドを打たなければならない。

こういう時ですよ。 『もっと自分と真剣に向き合っていればよかった!』 とひどく後悔するのは。確かにオッパイは等しく素晴らしい、オッパイは光だ、そういう側面は否めません。だけれども、やはり僕たちの内部には "かくあるべきオッパイ" というものが確かに存在するわけで、それはBかもしれないしCかもしれない、あるいはQかもしれない、それは分からないけれども、確実に "どこかの枠" には収まるように出来ている。僕にしても時たま気がふれたように貧乳期、貧乳期、と呟くことはあっても、自分の中での譲れない一線、いつまでも忘れたくない熱い部分、大切にしたい青さ、そういうのが存在しており、そこから鑑みればたとえいま、この瞬間に神が目の前にやってきて 「君はどのオッパイに人生を捧げるのか」 と問われたとしても、貧乳期だ何だに惑わされることなく、自信を持って回答することができるのです。 「C、ないしD、あるいはEとかBもいいですね」 と。それはひとえに、日々自分と向き合いながら 『一体僕はどんなオッパイが好きなのだろうか?』 と自問自答し続けているからこそのこと。心が弱い人、例えばAさんなんかは、本質において貧乳が好きであるにも関わらず、もっと欲しい!もっと色々な乳を知りたい!吸いたい!こね、くり、たい!!という幻想とじゃれ合って、挙句神に向かって 『ボインがいいです』 と、真意と異なる回答をしてしまうのです。これは本当に恐ろしい……。

そして、しばらくしてからAさんは気が付く。僕が欲しかったのは、こんなものじゃなかったのだと。貧乳だったのだと。貧乳こそが光だったのだ、と。しかし、いまAさんの手にあるのは、ボインの誇る圧倒的存在感だけ。あの日のぬくもりすら、もうその掌には残っていなくて。もう貧乳はどこにもいなくて、寂しくて、切なくて、苦しくて、冬。

さてそんな妄言はどうでもいいしAさんとかどこにも存在しないので早めにこの話は切り上げたいのですが、とにかくオッパイの話です。先に述べたのは下らない寓話ですし、神がいるとしてもあんな質問を投げかけてくるとは到底思えませんが、それでも現行法上、僕たちが伴侶として選ぶことができる女性はひとりです。よってその意味からすれば、 ボイン or not の決断を迫られる瞬間なんて絶対にない!とはいえないのではなかろうか。世界でたった一人のお嫁さん、その方のオッパイがどのようなものであるか、どんなオッパイと添い遂げるのか――と、この辺りの問題。さあどうするでござる?!

どうでもいいですね。別にオッパイそれ自体と結婚するわけじゃありませんものね。何か無理やり 「ボインさんと結婚したら、ずっとボインさんとしかプレイできないんだよ!?ひとつ拾うためにはひとつ捨てないといけないんだよ?!」 といった趣旨のことを書こうかと思ったのですが、どう考えても主張に無理があり過ぎるのでさっさと諦めます。バカじゃないの。

そしてここから唐突に結びへと急ハンドルを切っていきますが、じゃあ男は一体何を求めているってワケ?!貧とかボとか、もうワケ分かんないし!!というこわっぱどものために金言を与えておきますと、"less is more" 、このマインドを遵守しておけばよろしい。less is more、これはドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエが残したお言葉で、意味合いとしては 『素朴こそ美学』 といったニュアンス。我々はついついアレも欲しい!これも欲しい!と全てを欲して邁進し、そのあまり却って全体としてのバランス、元々備わっていた良さ、そういうものを失してしまいがちです。例えば女性における眉毛処理などを考えてみますと、ある人が 『もっと細く!もっと細く!』 と眉の処理に盲進するがあまり、気付けば眉毛が全てバニッシュしていた……という切ないエトセトラがあったとして。そういうの、しばしば聞くエピソードではありますが、率直に言って僕たちメンズは "眉毛がない人" よりも "眉毛がある人" を好ましく思っているわけです。故に、そのようにしてmore more...と眉毛を剃らずとも、そのままでいい、そのままがいい、lessでいい……というのが大勢の真意でありまして、少なくとも眉毛は出来る限り素朴いて欲しい、となります。あと、もっと言えば、乳も素朴でいて欲しいというか、積極的にノーブラでいて欲しいと申しますか、確かに 「ハァ?!ノーブラだと乳首が擦れて痛いんだよ!形が崩れるんだよ!」 という向きもありましょうが、そこはグッと我慢していただいて……素朴なままの乳、ノーブラジャー、これがやはり "more" な感じ、ブリリアンとなテイスト、と言わざるを得ないのです。かつ、ボインと貧乳とは我々としても好みが分かれるのだけれども、ノーブラが嫌い!という男性は寡聞にして聞いたことがありませんので、その意味からしても、やはり戦略的ノーブラ。これはクるよー。そしてその場合、ピッチリした感じのタンクトップなどを着用していただいてですね、さらに、庭の樹木に水をやる目的などでホースを操ってもらって、かつ、誤ってその水を自分にかけてしまった!イヤーン!乳首が浮いちゃう!イヤーン!あっ、見ないでぇ……(///)と、このシチュ。100点。つまり、こういうのが "素朴" であり、僕たちが求める "光" なんですね。ご理解いただけますでしょうか。

less is more、そう、less is moreなのです。〜fin〜

人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 00:31 | Comment(44) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
>同列に扱わせていただきます。
なぜ2回言ったんですかwww

最後の方意味がわからなくなりすぎて面白かったです。
Posted by at 2009年01月30日 00:44
乳なんて、あんなものは脂肪の塊にすぎないのです。
Posted by 貧乳派 at 2009年01月30日 00:49
最後の強引過ぎるまとめに吹いたwww


どっちかっていうと貧が好きな人です。
Posted by at 2009年01月30日 00:56
神展開ww

俺も彼女のを見て最近同じようなことを思うことがあるので安心しましたw
Posted by at 2009年01月30日 00:59
貧乳は、
「もみしだいていれば大きくなるかもしれない…」
という夢…みたいなものを内包している気がするんですよね。
Posted by masa at 2009年01月30日 01:07
熟女ながら母の乳はエロいと思う(B)
自分(F)も弟も父もしゃぶったと思うと感慨深いです
Posted by 亜美 at 2009年01月30日 02:33
酔ってます?
Posted by   at 2009年01月30日 02:39
肉さんもアルファ読んでるのかな?

僕の彼女は貧乳です
Posted by at 2009年01月30日 02:53
反れましたが→逸れましたが ですよね。

Bって貧乳ですかね。
どうなんでしょう。自分なんですけど。
でも乳首の色なら自信あり。
Posted by at 2009年01月30日 03:02
貧乳派の自分は学生時代に熱く語りすぎて、女友達にロリ扱い…いまだに良いトラウマ…なんで女は分かってくれないんだorz
Posted by at 2009年01月30日 06:34
お茶漬け的マイ乳も
いつか世の中の役に立つかも!!
夢ができた瞬間でした☆

Posted by 海龍 at 2009年01月30日 07:21
肉さん大好きですが、今回はすごく読みにくかったです。
Posted by at 2009年01月30日 07:21
個人的にはこうゆう哲学的なやつ凄い好き
Posted by at 2009年01月30日 08:07
長文お疲れ様です。楽しく読ませて頂きました。
僕の彼女はCですが、仰向けになると貧乳ぎみに、上側になると巨乳ぎみになってとてもよい案配ですよ^^
Posted by 匿名 at 2009年01月30日 08:43
肉さんがオッパイ大好きだってことだけ良く分かったww
Posted by at 2009年01月30日 11:32
大きさより感度!
両方同じぐらいなら・・・
等しく分け与えるのです。
神様が言ってるので間違いない!
Posted by take蔵 at 2009年01月30日 11:49
そんなあなたに『貧乳巨乳説』
Posted by at 2009年01月30日 12:08
一晩寝かせたほうが旨いwww
Posted by at 2009年01月30日 12:33
ボクも巨乳より貧乳にエロを感じる方なんですけど、貧乳って言うと相手に不快を与える事が多いので、あえて微乳と表現しています。美乳と聞き間違えられて、カドが立たないですし。
Posted by nobu at 2009年01月30日 13:47
まさかここでミースの名をwww
尊敬する建築家です。はい。
隙のないロジックですね\(^o^)/
Posted by いえき at 2009年01月30日 14:20
知りたい!吸いたい!こね、くり、たい!!
Posted by 第三者 at 2009年01月30日 14:33
乳は世界を救うってことですね!(曲解)
Posted by コロ助 at 2009年01月30日 15:14
乳とAVは三日で飽きる。
Posted by JOHNNIE at 2009年01月30日 15:29
ボイン、かつ貧乳

まさに私です。E65サイズというと、Eカップという一般的にボインと言われるサイズでありながらも、アンダー65、つまり痩せているのでおっぱいにボリュームが出ないんです。だからブラ有りなら谷間もできますが、ノーブラならぺっちゃんこおっぱいになってしまいます。そして間に男根は挟めません。
人に依るんでしょうが、とにかく私はボイン、かつ貧乳です。
Posted by at 2009年01月30日 15:54
ぼくは相方のおっぱいが大きくなっていくのと平行して「悪くないやないか」と思い、貧乳派から脱退しました。いまでは相方は痩せ、乳もまた小さくなり、そして残ったのは貧乳派から脱退した僕。さて。
Posted by ぞ at 2009年01月30日 16:13
純国産AVを見てるとたまに洋モノが見たくなるのと同じってことですかね。
Posted by 馬謖 at 2009年01月30日 17:18
左のおっぱいが貧乳で右のおっぱいがボインの子がいれば
僕は救われると思うのです。
Posted by at 2009年01月30日 17:35
確かに飽きがこないものはいつもシンプルだものな。
どんな物事にもあてはまる。
Posted by at 2009年01月30日 18:17
巨乳よりも虚乳が氾濫している現状を肉欲さんはどう思われますか?
Posted by 毛有る歪 at 2009年01月30日 18:59
どうしていつも初めはシリアスっぽいのにこう、ドンガラガッシャンシャン的な転げ方をするんでしょうか。しかも魅力的な転げ方。羨ましいなあ。

まあ、Cが良いような。形が崩れないし。
取り敢えず乳輪が大きいのは大嫌いです。
Posted by スグル at 2009年01月30日 21:37
最近Cばっかり…FやAが恋しい気分…
Posted by at 2009年01月30日 22:34
〜AB貧乳
C(D)中乳
E〜巨乳
Posted by at 2009年01月30日 23:13
アルファベットにするとA以下って肉さんの射程距離内ですか?
Posted by at 2009年01月30日 23:58
性欲・性癖は周期的に変化すると思います。これってトリビアになりませんか?
Posted by at 2009年01月31日 00:36
乳の大きさが極端に左右ちがいます、私。
んで、生理前にやたら乳が張りまくってでかくなります。1カップはでかくなります。
貧乳だったり中乳だったり巨乳だったりします。

こんな女もいますよ、肉さん。
Posted by ぷりんぷりん at 2009年01月31日 00:55
ボ⇒ボ⇒ボ⇒貧⇒ボ⇒ボ⇒ボ⇒ボ⇒貧⇒ボ⇒ボ⇒ボ⇒……(ry

家にいるときはノーブラですが、垂れるのが心配です。

Posted by at 2009年01月31日 07:07
なんか『これをこうしてあれして・・・ドーーーーン!!!』みたいな文章で、ホント天才っすね。
Posted by at 2009年02月01日 05:39
未だにD以上と付き合った事の無い僕は、想像上の巨乳に夢を詰め込み過ぎていたようです。
未開の地に金を夢見るよりは、今立っている土地の銀を掘り起こそうと思います。
つー訳でいっちょ彼女の乳(Cカプ)揉んできます。


陸上部所属の後輩(勿論俺にホの字)がタンクトップ一枚で乳チラ見せとかが好きです。
Posted by じ at 2009年02月01日 17:53
うーん…今までC以上とつきあったことないな…
でも最近はVも巨乳ものとか、
パイズリ、巨乳の騎乗位なんかのシーン大好きな自分に納得してしまう日記でしたなw
Posted by at 2009年02月01日 18:33
あんたすげーよwwww
Posted by at 2009年02月01日 22:23
みんなのコメに吹いたわww
Posted by 番台 at 2009年02月02日 18:37
ホントこのブログはコメも含めて良質。
Posted by ああああ at 2009年02月03日 21:42
男性は選択権があるのでうらやましい。
ブラのように、服装やパートナーの趣味嗜好によって乳が着脱可能になれば良いのに。
と、巨乳願望ありありの中乳なわたしは思うのです。
Posted by at 2009年02月04日 02:09
Hしたときに気持ちよかったり興奮したらドレでも良い
Posted by at 2009年02月04日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。