肉欲企画。

twitterやってます。

2008年09月05日

空の向こう、虹の果てに


 
男として生きていればそのほとんどの人がセルフフェラに挑戦するだろうし、またセルフフェラに挑戦してみて初めて男!みたいな部分、あると思う。

セルフフェラ。まずは語彙の説明から始めよう。それほどに難解な概念ではない。”セルフ”の”フェラ”――つまり、自分で自分にフェラをしてあげる、ということ。これを指して『頑張った自分へのご褒美フェラ』だなんて呼ぶ人もいるみたいだけれど、僕はやはり『セルフフェラ』という語感を大事にしたい。

そんなセルフフェラであるが、さて。女性の皆さんはこの語を聞いて、一体どんな印象を抱いただろうか。諦念?侮蔑?哀悼?悔恨?あるいは、絶望?どちらにしても、それほどポジティブな感情ではないだろう。自分で自分のオチンポを咥える――ある意味でとても変態じみた行為だ。日の当たる道を歩くこと認められざる魔行、『最低!』と軽蔑されても仕方のないことかもしれない。

けれど、僕は思う。変態がなんだ!って。気色の悪い行為だからどうした!って、そんなことを。なぜか?ここでもう一度僕の話の大前提を思い出して欲しい。

『ほとんど全ての男はセルフフェラに挑戦したことがある』

女性がセルフフェラにチャレンジする男たちに対し

『気持ち悪い!変態!』

と糾弾する自由は認める。ただ、その論調を貫き通すならば、世に生きるほとんど全ての男性が ”気持ち悪く” そして ”変態” だということになる。

ここで僕は言いたい。もし女性から見てセルフフェラを敢行する男が『変態』に見えるのだとして、その割合(セルフフェラにチャレンジするメンズのパーセンテージ)が9割を超えているのであれば、それは既に『変態』ではなく『常態』なのであり、セルフフェラは市民権を獲得している!と言っても良いのではないか。

旦那も息子も、お爺さんも。どんな出自であれ、どんな性格であれ、ひとたびチンポを伴って生まれた以上我々メンズはセルフフェラの呪縛から逃れることはできない。初めは純粋な好奇心から、次いで抑えきれない性的昂ぶりから……僕たちは自分のチンポを(ある意味で)第三者的に捉え始める。

(限界まで体を曲げれば、いけるかも――)

著名な登山家ジョージ・マロリーは『どうして山に登るのか?』との問いかけに対し

「Because it is there」(そこに山があるから)

との名言を残している。山がある、だから登る。シンプルで、かつこれ以上ないほど完璧な答えだ。もちろんこの場合、マロリー氏の残した言葉にある『it』すなわち”山”というのがチンポのメタファーであったことは言うまでもない。マロリー氏は僕のことを知らないが、僕はマロリー氏のことを ――wikipedia上で―― 知っている。信じて欲しい。

女性というのは妙に理論的なところがあるので、ややもすると

「どうして自分のオチンポを舐めたくなるの?手でも十分じゃないの?」

という疑問が飛んできかねない。だから僕はそんな声に対してこう答えたい。『Because Chinpo is there』(そこにチンポがあるから)。理屈じゃ、ないんだ。

自分のペニス山脈を見た時に抱く得体の知れぬ欲求、もしくは劣情。その心理的メカニズムを上手く説明するのは難しく、今の僕はその役割を担えそうにない。

しかしながら、青春時代のあの頃。己のチンポを眺めながら

『もしかしたら、届くかもしれない』

と夢想し、心躍らせ、猥雑な柔軟体操に励んだ僕らは、世界で一番ピュアな下心を抱いていた。誰にも迷惑をかけず、ただひたすら自己(セルフ)で処理(フェラ)する。それは正に"永久機関"の実現ではないだろうか。

けれども、永久機関は生半に成立しない。幾人もの大丈夫たちがセルフフェラに挑戦し、挙句そのあまりにも厚い壁の前に散っていった……それは歴史が物語る真実だ。入念な準備を行い、鍛錬に鍛錬を重ね、乾坤一擲の一撃を放つ――が、しかし。マラの頂に到達できなかった。それは長い時間の中で編纂された、男たちの敗戦譜なのである

僕たちは虹を見ていたのかもしれない。自分たちのチンポの中に、実体を持たない虹の姿を。虹、それは光が悪戯に屈折した時に生じる一種の幻影だ。遠くから見れば、あたかもそれは空中に現出した架け橋の如く我が目に映る。

「あの虹を掴もう」

昔日、どれほどの人間がそんな思いを胸に抱いたのだろうか。あるいはそれは過去の話ではなく、現代でも虹をその手に願う者がいることだろう。あれだけ鮮明なまま空中に浮かんでいるのだから、きっと虹に辿りつくことができるのではないか?そんな純粋な思い、僕にも理解できる。

けれどそれは悲しい空論だ。つまるところ僕らは虹をこの手に掴むこと能わない。何十年たっても、何百年たっても、である。

白石一文という作家の著作に『すぐそばの彼方』という作品がある。すぐそばにあるはずの大切なものが、ひどく遠くに感じられる……そんな切ない”すぐそばの彼方”は、僕らの日常のそこかしこに潜んでいる。

チンポも然りなのかもしれない。距離の近さ故に見えた束の間の幻影。すぐそばにあると思ったチンポは、いつでもあんなにも遠くて、苦しくて。

手を伸ばしても掴めない、虹。腰を限界まで曲げても届かない、チンポ。だから虹とチンポは本当に似ていると思うし、両者の間に違いなど存在しない。同じなのである、虹もセルフフェラも。どれだけ望んでも届かない…という一点において。

向こう見ずなセルフフェラに挑戦する僕らのことを『バカだね』と笑ってくれてもいい。だけど、僕らは決して変態なんかじゃない。ただ分別が足りなかった、それだけのことだ。

虹を歩きたい!と本気で願う少年のことを、あなたは笑うことができるのだろうか?幼き頃の無知は決して罪ではない。チンポに口が届くのではないか?と幼き日に我々が思ったとしても、それは決して罪ではないのである。

セルフフェラを試したい!その気持ちに敢えて名前を付けるとすれば、それは『欲望』なんかより遥かに崇高な概念 ――”夢”あるいは”理想”と呼ばれるそれ―― ではなかろうか。僕はそう思っている。

虹は掴めない。チンポに口は届かない。夢見る時を過ぎた大人はそのことを自覚し、虹を諦め夢想を嗤い、そっとチンポにサヨナラを告げる。

ただ――それでも僕は、願う。あるいは、祈る。虹に手が届く人の、届いた人の存在を。同じくしてチンポに届く人の、届いた人の存在を。

『ラピュタはあったんだ!』

往年の名作の中で、パズーと呼ばれた少年は叫んだ。父の追い求めた夢を受け継ぎ、少年は真っ直ぐに空を目指した。そしてついに見つけた天空の城――ラピュタは、あった。だからもしかすると、虹の先に行く術もどこかにあるのかもしれない。そしてそこに足を踏み入れた人だって、いるのかもしれない。虹の向こう、お伽の国に。

夢を諦めなかった人、そしてチンポに届いた人。口を媒介にしてチンポの”向こう側”に足を踏み入れてしまった人。絶対に存在しない、とは言えないだろう。チンポの先にある楽園――魂の彼岸、悦楽の最果て。

セルフフェラを実現したメンズはきっと存在し得る。ただ僕たちは、その境地に足を踏み込んだ人間のことを認識できないのだ。なぜなら彼らは『あちら側』に踏み込んだ選ばれし者、僕らとは”違ってしまった”人達なのだから。彼らは仙人、ないし如来じみた存在へと昇華してしまったからだ。そんな彼らと俗世で出会おうとしても、それこそ無理な話。彼らと僕らとでは、魂の次元が異なる。

おそらく、仙人たちは今も隔絶された世界の中、孤独にそして孤高に己のオチンポをフェレイシオしていることだろう。それが仙人の仙人たる所以だ。まっとうな社会にはいられない、いたくない……虹の先、チンポの頂に足を踏み入れてしまった者たちが出した結論だ。

僕はセルフフェラを為し得なかった。ひとえに僕が俗人、凡人であったがための帰結である。大人となってしまった今はセルフフェラへの執着、ないしチャレンジ精神などが失われてしまった。僕の手に在るのは夢の残滓か……あるいは、青春時代への感傷だけである。

心に夢を、口にチンポを。自分はもう終わってしまった人間。けれど、僕よりも年若い人には ――セルフフェラ的な意味で―― 無限のチャンスがある。可能性がある。もし人生が挑戦の連続であるのだとすれば、どうだろう?この秋、セルフフェラにもう一度だけ挑戦するというのは。

失敗してもいい、腰を痛めてもいい。何度でもぶつかっていけばいい。そしてその先にセルフフェラが成功したとすれば――僕は笑顔でこう言うだろう。マジでキチガイじみてるからやめろ、と。自分で自分のイチモツをフェラして楽しいわけがねーよ。常識で考えましょう。

人気ブログランキング

posted by 肉欲さん at 21:00 | Comment(56) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
1げと
アンケートにも投票したが、もう一度言う・・・ねぇよ!!
Posted by at 2008年09月05日 21:36
肉さんの、咥えたい、です。。。
Posted by at 2008年09月05日 21:37
ねぇよ!!!wwww
常識で考えましょうw
Posted by at 2008年09月05日 21:42
糸井〇重里が…
Posted by at 2008年09月05日 21:51
こんだけ力説してるところすまないけど、
現時点であるよ!とねえよ!が同数でめちゃくちゃワロタ。
Posted by at 2008年09月05日 22:22
ショートバスという映画にセルフフェラ?らしきシーンがあります。
さすが俳優の柔軟性はちがうぜ!
Posted by at 2008年09月05日 22:27
私は見ましたよ、虹の向こう…

肉さんは"自分からチンポへ向かっていこう"
と考えませんでしたか?
私は"チンポにお口へ来て貰う"ことで成功しました、セルフフェラ

つまりまんぐりがえしの体制でチンポをくわえてみてください
もう一度夢を追いかけてみてください
応援しています
Posted by at 2008年09月05日 22:27
ついに出してきたかこの話題を・・・
だがねーよwww
Posted by at 2008年09月05日 22:44
声を大にして言いたい。
ねーよwwwww

でもアンケートはねぇよ劣勢・・・!
Posted by メジロ at 2008年09月05日 22:57
男友達はセルフ顔射なら経験したって言ってました。
Posted by at 2008年09月05日 23:06
お前ら素直になれよ。
一瞬ぐらい…先っちょぐらいは挑戦したことあるはずだ!
Posted by at 2008年09月05日 23:10
>セルフフェラに挑戦してみて初めて男!みたいな部分、あると思う。
ないと思う。なのに、あるの割合が想定外に多くて、少し驚いた。素朴に思ったのですが、咥えてもらえばいいんじゃないですか?風俗でもなんでも行って。
Posted by kddi at 2008年09月06日 00:45
中学校のトイレで達成したヤツがいました。 人に見られながら…
Posted by at 2008年09月06日 00:59
ランダム過去ログ停止?俺みてたんだけどな…
Posted by ぴーや at 2008年09月06日 01:24
肉さん、好きだぜ。

でもあんた、その論理的思考を下ネタじゃなくそろそろ現実世界に活用すべきじゃないでしょうか?笑
Posted by at 2008年09月06日 01:27
いい言葉がたくさんででいるが内容がwww
Posted by at 2008年09月06日 02:23
いや、普通に自己フェラチャレンジあるもんだろwww

その昔、深夜に糸井重里とキムタクとオーケンとその他女性合わせて6.7人くらいでコタツ囲んで話すだけの番組があったが、糸井はセルフフェラが出来るという発言をし、中学生の俺を羨望の眼差しで見させたものだが「でも気持ちよくない」という結論をだしたという放送コードギリギリの番組があり、キムタクもチャレンジしたとか言ってた覚えがあるぞ。キムタクも興奮な話なんだから、極々一般的なのが自己フェラだ。オーケンは病んだ時の話しかせずに、プロデューサーから煙たがられてたが、それも含めて面白い番組だったw
Posted by at 2008年09月06日 03:34
柔軟さとチンコの長さを兼ね備えるエリートでなければあちらへは行けない。

短小は大人しく手を使うしかないんです。
Posted by at 2008年09月06日 09:38
マリリンマンソンはセルフフェラに挑むために自分の肋骨を手術で数本抜いたのは事実
Posted by スカー at 2008年09月06日 10:07
友人にセルフフェラによってロングになった人がいますよ。
長さが欲しいならいいのかもしれない。
Posted by Sim at 2008年09月06日 10:30
いや、自分でする位なら、その辺の女捕まえて、してもらったが良くないすか?w
妥協も大事すよw

つぅわけで、ねぇよでwサーセンwww
Posted by ブローカー at 2008年09月06日 11:59
ありでしょ?
でも、最後までは逝けないんだなぁ〜・・・
Posted by take蔵 at 2008年09月06日 13:43
体は前に曲げるんですか?
それとも後ろに曲げるんですか?
Posted by 0 at 2008年09月06日 14:40
シグルイのちゅぱ衛門…
Posted by l at 2008年09月06日 16:16
できますけど、気持ち良くないです
フェラの真髄、あるいは本質は「咥えられてる」「しゃぶられてる」という奉仕される事にあるわけで、単に触覚からの快感を得たいのであればローションオナニーの完勝です
Posted by at 2008年09月06日 17:08
『it』が『山』なんじゃないかしら…と思った初秋の夜…

セルフクンニしようとする女傑ってのは寡聞にして聞いた事がないんですが、これが所謂男と女の間の深い溝ってやつなんでしょうか。
Posted by . at 2008年09月06日 22:41
女は乳首でトライしてる事実を知らない男の愚かさよ
Posted by at 2008年09月07日 00:26
なんと下衆なポエムwwww
Posted by at 2008年09月07日 02:28
なぜに引越し?阿肉
Posted by しうるい at 2008年09月07日 09:06
セルフフェラ出来た知人がいます(童貞)
Posted by めぇ at 2008年09月07日 12:37
他人から何と言われようと、挑戦しなきゃ男が廃る。
フェラロマンを求めて
Posted by at 2008年09月07日 14:02
あまいのぅ 男だって乳首トライぐらいするぜ
Posted by at 2008年09月07日 16:02
えっ、セルフクンニも女子すべてが通る道じゃないの??
Posted by at 2008年09月07日 19:24
予想以上に識者の多いコメント欄ですこと…
Posted by 馬謖 at 2008年09月07日 19:54
彼に聞いたら「ねーよwww」って言われました
Posted by ゆぃ。 at 2008年09月07日 22:08
100人に1人の割合で出来るらしいですね。基本的にその1人が挑戦する確率が低いからセルフェラ出来る人超すくない、みたいなイメージになるだけで
Posted by at 2008年09月07日 22:54
できる。自分でしたほうが全然いい。つーひと居ましたがな…
Posted by at 2008年09月07日 22:59
みんなチャレンジまではしてると思ってた。
Posted by at 2008年09月07日 23:31
この案件は可能性を模索するタイプと、出来ない理由を考えるタイプの二種類に分けられると思います。
私の友人に聞いてみたところ「出来なかった」が100%で、「やったことねーよ」と言う人は皆無でした。それはそれで頼もしいですが・・・日本はどこへ行くのでしょうか・・?
Posted by q at 2008年09月07日 23:43
最近、この締め多いNE
Posted by at 2008年09月08日 00:36
英文おかしくないですか

Chinpo is there て
Posted by あの at 2008年09月08日 03:59
外人サイズならできると思いますよ♪てか、外人がしてるのをビデオで見た事があります。
腰を普通に曲げても口とチンポの距離は20cm程度ですし。
Posted by ☆ at 2008年09月08日 06:05
久しぶりにワラタ。ニクソンのサゲは野茂のフォークより落差あるね。

『あっぱれ交尾之介』って漫画昔あったな。希代のキチガイ天久聖一氏の漫画。
Posted by at 2008年09月08日 15:39
Dカップ以上なら乳首を自分で舐められると聞いて試みてみました
首が痛くて気持ちいいどころではなかったです
舐めたけど
3分くらい舐めたけど
Posted by at 2008年09月09日 19:12
ほとんど全ての男はセルフフェラに挑戦したことがあるように、ほとんどの男はアイスキャンディでフェラの練習したことあると思うんです
ソースは俺
Posted by at 2008年09月09日 21:15
中2の時に成功しました!でも、手の方が断然気持ちいいっすよwww
Posted by ラピュタを見た at 2008年09月09日 23:52
セルフでって、初めて聞いた!
Posted by 女子 at 2008年09月10日 12:31
挑戦したら腰の骨が折れました!
Posted by at 2008年09月10日 22:37
オートフェラ
Posted by 兄弟 at 2008年09月11日 11:20
今世紀最後の鬼才
Posted by at 2008年09月13日 12:08
僕の初セルフフェラは小学生5年性の時でした≧≦
Posted by タフォニ at 2008年09月13日 12:52
ちゅぱえもん
Posted by at 2008年09月15日 18:14
「そこに山があるから」
と答えはしたが
本人はただ単に存在のみを定義し
「山がそこにあるだろう」
ってな感じで言ったらしい。
日本人記者がそれを加工したそうですよ。
Posted by at 2008年09月21日 23:59
セルフフェラしたの僕だけじゃなくて安心した
Posted by ゲロちゅー at 2008年10月21日 11:16
ねえよバカが
そんな事するのは一握りの障害者のみだよ
Posted by at 2014年09月05日 11:18
ちなみに可能ですよセルフフェラは冷や汗ただし全く気持ちが良くないですよ…自分で自分の乳触っても感じないのと一緒…フェラてゆっても舌先でチロチロするくらいでしたが冷や汗まず服を脱ぎます、お風呂に入ります、お風呂では身体は柔らかくなります、次に湯船から足を出します、あとは起き上がる要領で足を近づけ顔を折り畳む様に一気に倒します振り子の要領で反動の遠心力を使い口に先端が届きます(゚_゚)(。_。)ちなみに勃起時12センチの悲しいsizeですが届きます…5秒間位ならチロチロできます…もっと巨根なら多分余裕でくわえれるかと
Posted by シオン at 2015年05月17日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。