肉欲企画。

twitterやってます。

2008年08月25日

風俗の地平を探して

 
 
新しいタイプの風俗を考案したい――

このテーマ、当ブログの中でも何度か取り扱ったことがある。風俗という言葉を耳にすると『何だか汚らわしい……』と眉をしかめる方もいらっしゃるかもしれないが、ひとつの”仕事”、あるいは”文化”として性風俗のことを考えることは、意外と興味深い面もあると言えよう。

一般的な売買取引というものを考える時、そこでは『需要』と『供給』という概念が強い影響を及ぼす。自分にとって不要なものを購入する人間はほとんどおらず、我々は心から『欲しい!』と思うものにこそ身銭を切る。

風俗も同じことだろう。『ヌキたい!』と思うジャンルの風俗に我々は銭を支払い、店側から然るべきサービスを受ける。女子高生が好きな方はイメージクラブへ、年上の女性を好む方は熟女ヘルスへ、ふくよかな体型の女性を愛でる方はデブ専クラブへ……と、僕たちメンズに内包される罪深い欲望(≒需要)には、様々な種類がある。

抽象的な意味で僕たちの内部に需要(≒性欲)が存在することは確かだとしても、一体いかなる需要があるのか?という部分を正確に分析することは難しい。女性からすれば不可解に思われるかもしれないが、我々メンズは『ただ射精できれば良い』という生き物ではない。視覚・嗅覚・触覚・聴覚・味覚・・・この”五感”をフル活用させつつ射精に至りたいのである。射精という一点のみで全てを考えれば”こと”は明確であるが、先述した通り『五感』というマインドを盛り込んで考えるからこそ、我々の抱える『需要』の姿が見えにくくなってくる。

例えば、デブ専ヘルスというものがある。これはつまり『選りすぐりのふくよかガールがステキなあなたとベッドでドス恋』というタイプの性風俗であるが、お分かりの通り割合にマニアックなジャンルだ。そして、この手の店で満たされる需要とは一体何であるか?簡略に示すと以下のようになる。

@『ふくよかな方の裸体が見たい』・・・視覚
A『ふくよかな方の体に触れたい』・・・触覚
B『ふくよかな方の臭いを嗅ぎたい』・・・嗅覚
C『ふくよかな方の汗を味わいたい』・・・味覚

4点。これに射精感が加わり、切ないカルマは計5点。これらがデブ専ヘルスで満たされる需要だ。@、Aが特に大きな需要となるだろうが、BやCもマニアの方からすれば捨て置けないポイントであろう。これらの刺激が複合的にメンズを襲い、彼らの脳内興奮度を加速度的に高め、ジョイフルな射精へと誘う。

(追記:コメント欄にて『デブ専はタポタポと脂肪が波打つ音も楽しみます』との指摘がありました。これにて五感の完全形成が果たされた運びです)

繰り返しになるが、オナニーによる射精であれデブ専ヘルスでの射精であれ、射精は射精だ。そこに相違はない。ただ、その”プロセス”が大いに異なるのであり、私たちメンズはその”プロセスの違い”にこそ価値を見出すのである。即ちそれが”需要”へと繋がっていくのだ。

その”需要”の正体とは何か。そこにおける解は決して一つではない。人の数だけ欲求は存在し、その在り方も様々だ。最大公約数的に男の性欲を論じることは簡単であるが、僕らが求めているのは抽象的かつ妥当な結論なんかじゃない。欲しいのはもっとヒリヒリした、生臭いリアル。

先日僕は某所にて風俗店の店長を勤めている方とお酒を飲む機会があった。様々な話をしたが、最も熱い議論となったのは、やはり『何か目新しい風俗店はないか?』というもの。僕たちは英知を振り絞りながら、様々な意見をぶつけ合う。

「僕としてはブログでも書いた通り、ジブリ風俗『三鷹の下の森』がクると思うんですけどねぇー」

不可能です。ハッキリ言って訴えられかねないレベル」

僕の秀逸なアイデアが法の壁に阻害された格好である。苦しくて切ないが、これが日本の現実だ。夢と理想だけではやっていけないのである。様々な案を暖めていただけに、これは本当に辛辣な結果だ。全ては無為に終わってしまったが、誰かの何かの救いになるかもしれない……というか細い望みに賭け、以下僕が長い時間をかけて育んできた妙案の数々を列挙したい。

■ムスカコース
某名作映画『天空の城なんちゃら』に出てくるキャラクター、ロムスカ・なんたら・かんたら・ラピュタさんことムスカ氏のアイデンティティを忠実にトレースしながらプレイに及ぶコース。お客さんの発することのできるセリフの種類は、ある程度限られてくる。

1 『君は床に伏せていたまえ』

⇒積極的なプレイを望まれる男性が発することのできるセリフ。この言葉を発すると、女の子は怯えながらベッドに突っ伏す。もちろん本心で怯えているわけではないのであるが、あたかもそれを演技に見せないのがプロのプロたる所以。

「強引にことに及んでいる俺、マジカッコイイ」

的なプレイに及んでみては如何。

2 『こいつは凄まじい破壊力を持つロボットの兵隊だよ』

⇒大人のホビー・トイ(具体的には、バイブ)を用いたプレイをする際に発することのできるセリフ。勿論バイブレーターは兵隊などではないが、"無機物を擬人化して会話を紡ぐことのできる独創的な男性"……といった点を嬢にアピールし、プレイの幅を一層広げることが主眼。もちろん、そのトイを嬢に試すのではなくご自身の菊に向かって突き立てることも可能なので、そちらも併せて試されてみては如何。

3 『見せてあげようラピュタの雷を。』

⇒当方による血の滲むようなリサーチによれば「射精時に何も言わないオスってマジ死んで欲しい」というのが若い女性の抱く共通認識。だけれども、我々男の子というのはいささかシャイなお年頃。破廉恥にも『イ、イクッ!』なんてことは、言えそうにないのです。そんな時に使って欲しいのがこのセリフ。団鬼六の例を待たずとも、我々大和民族は古来から性的なものについて隠語を用いることを好む性質ですが(ex.蜜壷、熱く濡れそぼった花芯、など)、その点からすれば迸る精液のことを『ラピュタの雷』と称したとして、一体何が問題だと言うんですかね。

4 『ラピュタは滅びぬ!何度でも蘇るさ!』

⇒先述した通り、”ラピュタ”というのはチンポのメタファーであるところ、これが”何度でも蘇る!”ということは、まあ即ちそういうことさね。ねえ、もう一回、いいかな……という問いかけを力強くしたものがこのセリフである。ただ、こうまで言っておきながら中折れした場合はかなり恥ずかしいので、万全の体力を以て臨むべきではないか。何度でも…というリリックを重視するならば、最低でも三回転はこなす決意は必要となろう。

5 『君も男なら聞き分けたまえ!』

⇒風俗のプレイ時間とて、無限のものではない。楽しい時間はすぐに去ってしまう……というのは旧来からの真理であり、それは風俗においても例外じゃない。もっとこの娘とプレイをしたい!という切ない思いを抱いても、終了時間は刻々と迫り来る。そして部屋に鳴り響く、ことの終わりの告げるTEL。そんな時にあなたは「延長だ!君も男なら聞き分けたまえ!」とシャウトすれば万事OK。第2ラウンドの開始です。もしくは「あ、延長お願いします」と素直に頼んでも吉兆。

この他にもバイオリンを奏でつつ蜜壷から雫を垂れ流すが如きプレイに及ぶ『性癖桜ヶ丘コース』、ほのぼのとした細君を演じながら、実は内側に性獣を飼いならしている熟女とのプレイを堪能する『ホーホケキョ、隣りの山田君ちの人妻コース』、高校生の頃に思いを寄せていた同級生と再会し、燃えるような情念と共に海辺で青姦をカマす『海がきこえるような場所でファックしちゃう私たちってマジ背徳的コース』などがあるわけですが、今となっては全て夢・まぼろしの類。誰ぞ僕の野望を引き継いではくれまいか。

冗談はさて置き、僕たちは割と真剣に風俗トークを展開した。一体現代の世に求められているものは、何か?それはあまりにも茫漠とし過ぎており、あたかも雲を掴むような話である。が、何事もチャレンジする前から結論を下すべきではない。僕たちは新感覚の風俗を発見するべく、無駄に熱い議論に取り組むのであった。

■ 江戸ヘルス『大奥』

僕たちが着物を着なくなってから久しいが、それでも『ハレ』の日には着物に袖を通す方は少なくない。生活には密着していないものの、文化的には未だ隆盛の極みにある奇異な存在、それが着物。それを『プレイ』の場面に持ち込んだら、あるいは――それが僕からの提案だ。

内容はごくシンプル。少し広めの和室の部屋、お客さんは紋付袴を粋に着こなす。と、すぐさま登場する華美なる女性、あなたの側室だ。ここから先は基本的に通常の風俗と同じ手順となるので詳細は省くが、取り急ぎ江戸ヘルス『大奥』だけでしか味わえないサービスというものをご紹介しておきたい。

・ 風流を忘れないインテリア

プレイルームには”ししおどし”が設置されている。例の『竹がカポーンと鳴るやつ』である。このギミックが設えられていることにより、

「ああ、俺は普段と違うことをしているのだ…」

という認識が一層強くなるのがミソ。『コスプレAV』を謳っておきながら女優が音の早さでコスプレ衣装を脱ぎ捨てるが如き腐ったAVが跋扈する現代において、この演出は少々心憎い。裸になれば人間皆同じであるのは確かだけれど、それでもそこに”ししおどし”があるとすれば?”ししおどし”のリズムに合わせて手コキが施されるとすれば?その問いかけに対する答、皆さんならもうお分かりですよね。

・ 二人のプレイを盛り上げる情熱的なBGM

プレイ中は無音を好む方もおられますが、たまには音楽を愛でながらのクンニ行為もオツなもの。もちろんそこは『江戸ヘルス』、通り一編の有線などでお茶を濁したりはしません。

当店が提案したいのは、ズバリ『鼓(つづみ)』と『三味線』の二つ。当初は二人きりでプレイを楽しむことになるのですが、チンコの高鳴りに合わせて次第にこの二つの楽器が激しいリズムを刻み始めます。もちろんその演奏は当店のボーイによる生(ライブ)の演奏でお届け。

「でも、店員さんに見られてたら集中できないよ…」

ご安心あれ。プレイを楽しむ二人を邪魔するような野暮な真似は当店としても本懐ではありません。最初はプレイルームの地下に身を隠しつつ、チンコの高鳴りを感じ取った時点で地階から床がせり上がり、当店の演者による情感的な演奏が開始するという寸法です。具体的には歌舞伎における”奈落”のような仕組みを想像して頂ければ便宜的か。

あなたの射精感に合わせ、プレイルームの右から左から徐々にその姿を露にする粋な男たち。その手からは伝統芸能的な囃子が聞こえてくるようでもあり……どうです、想像するだけでもワクワクしてきたでしょう?

「あー、気持ちいい……」 ポン ポポンポン
「チュパチュパ」 チャンチャカ チャカチャン
「アッー!すっごい、すっごくいい!」 ポンポポン!ポポポンポンポポ!!ポポン!(イヨッ!
「チュパ!ジュパーッ!!」 ジャカジャンジャジャ!ジャンジャカジャンジャン!(ハッ!
「あーもうダメ!イクよ!!」 ポポポジャジャポポンジャカジャンポポン!(殿様ノ オナーリィー!!)←finish!!

イメージできたでしょうか。これが私たちが提案したいプレイ内容の概括。今までどこにも存在せず、それでいて胸のトキメキを喚起するような素晴らしいシステムではあるまいか……と自負しております。

また、年に一度の大感謝祭も忘れたくないところ。この日のプレイ料金は一回につき100万円、と少々割高なのですが、それに見合うサービスをお届けする気概よ。

具体的に何があるのか。まず、お客さんの射精時に花火が上がるよね。

イ、イクッ!⇒ドーン!(タマヤ!

というこの流れですが、人に感動を与えられる射精って中々ないと思いますよ。それだけ考えても、100万円というプライスは如何にも安い。また、普段であれば鼓奏者と三味線奏者しか殿(=あなたです)の射精を見守ることができないところ、この日ばかりは従業員総出で殿(=あなたです)の御スペルマを見送ることができるのも、このコースの強み。殿(=あなたのことですよ!)の射精感の高まりに合わせ、勢いよく開かれていく襖。そして最後の襖が開かれると同時に、殿はお果てに。周りから次々と上がる賞賛の声、そして声。

『天晴れ!』
『大義にござる!』
『殿、万歳!』
『殿の火縄銃には敵いませぬぞ!』

そんな声を聞きながら、あなたはサイコーの賢者タイムをお迎えになるわけで。

当然それだけでは終わらない。店の外では当たり前のように瓦版がバラ撒かれます。その内容、お察しの通り『殿 射精』の3文字のみ。個人情報保護を念頭に置いた格好です。あなたが風俗に行っていることがバレでもしたら大変なことですからね。

以上、全て込み込みで100万円の大感謝祭。それを高いと感じるか安いと感じるかは個人差があるでしょうが、大切な人の大切な日を演出するには最適の一策ではあるまいか。あなたのためだけの花火が上がって100万円(下の花火含む)、これは安い。

という内容のプレゼンを件の店長さんにカマしたところ

「採算が合いません」

との言葉で以て却下されてしまいました。全体的に世知辛い世の中ではありますが、確かに人件費やその他諸々のことを考慮すると、少々苦い事業計画であったのやもしれません。でもあんたたちなら分かってくれただろ?"僕が本当に言いたかったこと"…ってヤツを。

ちなみにこの後に "腋毛ヘルス【涅槃】" や "くのいちヘルス【隠密】" などのプレイスタイルも提案してみましたが、残念なことに軒並み却下されてしまいました。本当に無念でござる。でもあんたたちなら分かってくれるんだろ?"僕が本当に伝えたかったこと"…ってヤツを、ハートの部分でさ。

人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 20:23 | Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
エイズ風俗とかどうでしょうか

【肉欲より】

マジキチ
Posted by   at 2008年08月25日 20:33
デブ専はタポタポと脂肪が波打つ音も楽しみます。
Posted by at 2008年08月25日 20:42
やってる最中にお母さんが突然ドアを開ける中学生コースはどうでしょうか?
Posted by at 2008年08月25日 21:17
無茶苦茶おもしろかった

やっぱ俺肉さん好きだわ
Posted by at 2008年08月25日 22:20
天才ですね、サイコーにおもしろい。
Posted by at 2008年08月25日 22:28
くのいちヘルスについてkwsk
Posted by at 2008年08月25日 22:35
くのいちヘルスはあった
すぐ店閉めちゃったけど
Posted by at 2008年08月25日 23:11
今日も楽しく読ませて頂きました(>_<)v♪
一度頭の中を拝見させて頂きたいです(笑)

mixiも見たよっ!!
おもしろかったぁ☆
マイミクが1000人超えてて、ビックリした!!
(*0*)

登録してもらおうと思ったんにぃ〜☆
Posted by ☆ひぃ☆ at 2008年08月25日 23:46
本当にふいた。面白いです。。肉さん大好き!
Posted by at 2008年08月25日 23:50
古典芸能を勉強していた身としては
江戸ヘルスの音楽の中に大皮(カーンと木をぶつけたような音のする、鼓のバーターみたいなもの)も入れて頂きたいです。
突くたびにカーーンカーンってwwww
Posted by 飛緒 at 2008年08月26日 01:29
即刻、宮崎氏から訴えられるのであります。
でも、楽しくて仕方ない自分がいるであります。
Posted by スケッチ at 2008年08月26日 02:17
そんなヘルスなら正直働いてみたいと思うw
Posted by at 2008年08月26日 02:36
性病を患っている女の子に
「だ、だめ!病気が移っちゃうよ!」
って言われながらやりたいんですが
Posted by 集まれ at 2008年08月26日 03:28
希代の変態ですね
Posted by at 2008年08月26日 09:07
やべぇ、無茶苦茶ふいたっ!!(笑

つづみと三味線のところが秀逸すぎる!


Posted by   at 2008年08月26日 17:38
ロックですね!
Posted by at 2008年08月26日 19:41
「選りすぐりのふくよかガールがステキなあなたとベッドでドス恋」に吹いたww
とどのつまり肉さんはD撰なんだろうか。
Posted by ぶなしめじ at 2008年08月26日 20:38
ハニカミプランヘルスとか!
Posted by at 2008年08月26日 20:42
ドス恋 とかマジ面白すぎです!


ちょうど1年程前からこのブログ拝見してますが、未だに存在していることが不思議でしょうがありませんw
ジブリとか小学館とか、あんなに著作権やら何やらにうるさいのにこういうのはOKなんですかね???

いったいいつまでこのブログが続くのかいろんな意味で非常に興味があります。。。
Posted by ♂ at 2008年08月26日 20:56
じゃあ僕は「猿の惑星」を題材に店を作ります!
Posted by at 2008年08月26日 22:02
ドス恋と殿様で吹いた(笑)

肉君天才だ!
Posted by ちー at 2008年08月27日 01:23
もののけ姫〜物の怪と共に〜コースはないんですかね?

あとはオンユアマンココースとか。
Posted by ぴーやー at 2008年08月27日 02:16
ジブリを冒涜しすぎです。我慢にも限界があります。僕泣きますよ。
Posted by なかだひ at 2008年08月27日 02:45
特撮ヘルスとかどーでしょう
客がヒーローに扮して女幹部を凌辱したり、悪役に扮して**ピンクを犯したり、時には異形の怪人を責めたり責められたり…
いけそうな気がするんですが、コスチュームに金がかかりすぎるか?
Posted by むべ at 2008年08月27日 04:14
江戸ヘルスwww
でも大奥ならどちらかというと“殿様”よりも“上様”ではないでしょうか……と無粋なコメントをして逃げるw
Posted by at 2008年08月27日 10:20
その風俗店に対する思い入れがいつか社会貢献に繋がればいいなぁ…
Posted by 馬謖 at 2008年08月27日 21:08
肉さんの文章は好きやねぇ(´▽`)
Posted by at 2008年08月31日 19:38
法改正を目指して闘って欲しいです!
Posted by at 2008年08月31日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。