肉欲企画。

twitterやってます。

2008年06月24日

本当に大切なものは目に見えない

 
 
一身上の都合で友人の結婚式に出席してきた。彼と僕とは高校生の時分に狂った勢いでおっぱいパブへと通うくらいハートフルな仲だったのだけど、そんな彼が結婚するというのだから僕の感慨もひとしお。

結婚式に出席している女性たちの格好は男と比べてとても派手だ。きっとそういうのが女心なんだろう。男の立場としては彼女たちの結婚式に掛ける気合、意気込み、みたいなものに驚かされてしまう。

ただ、単純に疑問なことがある。成人式にしても、結婚式にしても。女性たちはあんな感じでガチガチに着飾ることに関し、面倒臭さは感じないのだろうか。女性の皆さんは心から好きでやってるんだろうか。心の中では、皆もっと楽をしたがっているのではないだろうか――僕は、ふとそんなことを思った。

それに関連して思い出すことがある。僕が高校生の頃のことだ。当時の僕はウヴなシャイボーイで、女性という存在は総じて天使なのだと信じていた。女性の尿はエビアンよりもミネラルで、女性の屁からはペパーミントのフレグランスが漂い、女性の放つウンコの中からは時どき砂金が発掘される。それが僕の中に存在した女性像。

しかしその純情なる女性像は、仲の良い女友達から女子高の話を聞いた瞬間に瓦解する。その友人は地元でもそれなりに偏差値の高い女子高に通っていた。そこの生徒の尿は富士の雪解け水よりも甘露で、屁からはアヘンの香りが漂い、生産されるコウンの中には光るダイヤモンドが隠れている。そう確信していた。

友人はその日、場末のマックで僕に対してこう語る。

「女子高の女の子って本当にヒドイよ。暑い時なんてブラは丸出し状態、屁はガンガンに放たれ、授業中にスネ毛とか処理とか超余裕、トイレの汚物コーナーは阿鼻叫喚の無間地獄でタンポンとかナプキンとか溢れ返ってる。ウンコの中に砂金はなく、そのウンコからはウンコよりもウンコのような臭いがする。それがアタシたちのリアル」

屁が鳴り響き、ナプキンが舞い飛び、ウンコがキラースメルを放出するその光景。一部のコアな方々には大ウケかもしれない。が、当時のウヴ過ぎた僕には絶望そのもののメッセージだった。もちろん、多少誇張された部分もあったのだろう。そして同時に、誇張されていない部分も。

翌日、僕は通っていた高校に赴いてクラスメイトたちの姿を眺める。目の前のクラスメイトたちは、友人が語った女子高生徒たちの様子とはあまりにも隔たりがあった。可憐で、そして清楚だった。

(一体、真実はどこに)

もしかして、と僕は考える。目の前にいる彼女たち、この姿こそがウソにまみれたものなのではないかと。

暑い時には服をベロリと脱ぎ捨て、屁意を催したらダイレクトに屁を放ち、ナプキンは適当に放り散らかし、陰毛を素手で抜き散らかす。でもアタシたちは皆のために仕方なく我慢しているの――そんな仮定も決して有り得ないことではないだろう。

そうであれば、女性たちは随分と己の欲求を押し殺して日々を送っていることになる。もちろん、社会生活を営む上で必要欠くべからざる『社会性』みたいなものを備えることは必要だ。ただ世の中には無意味な慣習・因習というものも確かに存在する。

結婚式にはドレス、あるいは着物で参加すべきだ――というシステム。本当にそれは必要なシステムなのだろうか?女性の立場としても、本心から着物やドレスを着たがっているのだろうか?

着物やドレスを着るという考え方の根底にあるのは

『着物やドレスに身を包めば綺麗に見えるから』

的な思想だろう。つまり、初めに

『綺麗に見られたい!』

という女性らしいマインドが存在し、その後に

『綺麗といえば、やっぱりドレス!』

という結論が導かれている訳である。だが、僕はその論調に対して敢えて『ノー』を言いたい。

綺麗に見られたいという願望は、突き詰めて言えば"もっと私を見て欲しい"ということでもある。つまりこの問題の根底に根ざしているのは『どれだけ華麗かつ扇情的な衣装に身を包み、世間の興味・歓心を買うか』ということでほぼ間違いない。そしてその場合、女性が己の着るべき衣服をドレスや着物に限定する必要はない。全くない。もっと自由でいい。

では一体どんな衣装が扇情的かつ華美なのか?アンタはさっきからドレスとかどうでもいいって言うけど、代替案はあるの?という声もあるだろう。大丈夫、そこは僕に任せて欲しい。男の心の機微は男に聞いてくれれば間違いない。ここで僕は一つのURLをゲットした。タイトルは『2007年アダルトビデオランキング』。これは非常に客観的なソースであり、統計学上も極めて価値の高いものと言えるだろう。

まずは第25位からの発表だ。第25位にランクインしたのは『めぞん明歩 第2話』。タイトルからもお分かりの通り、アパートの管理人さんをメインに据えた秀作である。これは一般的にはあまり知られていないことであるが、男というのはその9割以上がアパートの管理人さんが好きである。愛している、と言ってもいいかもしれない。また、管理人さんが同時に未亡人であったとすれば、それは極めて満点に近い答案。参考にしていただきたい。

次、第21位。『奥様欲情日記 まっ昼間から裸にエプロンなんて・・・ あ〜あ奥さん ムチムチの太モモまでタレてるよ』。タイトルに多少ノイズが入っているためエッセンスが分かりにくくなっているが、この文脈で注目すべきは

『まっ昼間』
『裸』
『エプロン』

という三要素でキメ。この三点、業界では "sin" "cos" "tan" と呼ばれており、心の三角関数を演出する上で極めてマストな概念である。覚えておいて損はない。また、結婚式の会場にエプロン姿で現れることにより、新婦に対して

「トモ、専業主婦頑張ってね!」

というメッセージを送れるのも、この段落でのミソである。ちなみにトモ、というのは先日出席した新婦さんの実名であることもお伝えしておく。

第17位。『ザ・面接 VOL.90 女はいつも濡れたいの』。この件に関しては今更多言を要するまでもない。従前から僕が述べている通り、リクルートスーツの汎用性は異常!という理論に則ったものだ。就活・面接とくればリクルートスーツであるが、そんな多忙を極める折でも友人の結婚式に参加しました!という甲斐甲斐しさを見せ付ける寸法。あなたはきっと周りの人から

「奉仕的なあの子ってとてもステキ!」

という評価を漏れなくいただける可能性も無くはないと言えなくもないだろう。

第11位。『ザ・面接 VOL.88 ホントは恐い女の底無し』。面接シリーズ続々のランクイン。改めてリクルートスーツの破壊力が証明された格好である。ちなみに、いくらリクルートスーツといってもそれはスカートタイプのモノであってこそ価値の生ずるものであり、パンツルックのリクルートスーツは本当に無価値であるとの事実をどうかお忘れなきよう。

第10位。『女教師狩りinあいだゆあ』。続いて第4位。『美人音楽教師 夏目ナナ』。教師に対する熱い需要がキリリと証明された運びです。さておき、教師らしい格好って一体どんなもの?という皆さんからの疑問は当然予想されるところ。ただ、こればかりは様々な女教師像が想像されるため一言には論じ難いところですが、やはりステレオタイプに

『白シャツ+黒縁メガネ+あの何か警棒みたいなヤツ』

という三点セットで攻められてみては如何。新郎新婦のご尊父らも

「娘の知り合いに教師がいるとは好ましい」

と、心からお喜びになることも無くはないと断定することも強ち乱暴とも言えないような気がしないでもありませんね。

そして栄えある第1位!並み居る強豪を抑え、栄冠を勝ち取ったAVタイトル、それは『隣りのパイズリお姉さん 竹内あい』。つまりこのAVが我々に何を教えているのかと言えば、それは即ち "態度で語るな体で語れ" というヒリつくほどリアルな人生訓であり、やっぱパイズリお姉さんが隣りにいたら興奮しちゃうよ。何というか、これが『向かいの〜』というタイトルだったら僕たちも

「何だ、向かいか……」

とテンションが一気にガタ落ちになるだろう。"向かい"ではなく、あくまで"隣り"。こう、何ていうか

(壁に耳を当てたらお姉さんの喘ぎが聞こえてくるんじゃないかな・・)

みたいなドキドキ感というか、

(回覧板届けたら、ちょっとはお話できちゃうのかな・・・)

みたいなワクワク感っていうか、そういう『未来への夢、希望の光』チックなものが、この『隣り』という言葉の中に潜んでる。ですので、これを読んでいる女性の方々におかれましては、是非"隣り感"、そして"パイズリ感"を巧みに演出していただければ眼福です。

第25位からザックリとランキングをさらってみたのですが如何でしたでしょうか。その他にも

『顔にもかけたくて! みひろ』

という作品、ないし

『中出し人妻不倫旅行 淫猥旅情4時間』

と、社会風刺の利いた作品も数多くもありました。が、結婚式とはあまりにも関係がないため泣く泣く割愛。結論からいえば

『アパートの管理人である女教師が面接帰りに隣でパイズリ感 〜エプロンに包まれて昼間〜』

というのが男の子から放たれる生々しいホンネ。結婚式にこの装いで出席すれば、今以上に注目を集めることは確約されています。もう何の考えもなしにドレスや和服に身を包むことは止めよう。僕たちは次のステージに向かうのです。

ちなみに結婚式の三次会はカラオケで催されたのですが、周りがイグザイルや羊水発言をカマした女性歌手の歌を唄いまくっていたところ、最近のJ-POPシーンに全く明るくない僕は何を狂ったのか『日本ブレイク工業』を絶唱した。割とマジでドン引きされました。何がイグザイルか。皆さんも俄然気をつけて下さい。





人気ブログランキング
posted by 肉欲さん at 23:52 | Comment(35) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
おかえりなさい。
Posted by at 2008年06月24日 23:54
おかえりなさい。
連投だったら申し訳ない。

だが、リクルートスーツのパンツルックを馬鹿にしたのは許さない。許せない。
Posted by at 2008年06月25日 00:01
2get!?

おかえりなさい
更新待ってました^^
Posted by 017 at 2008年06月25日 00:04
ブレイク工業は無いわwww
…カラオケでは愛だの恋だの歌ってないといけないのは何でなんだぜ?
影山ヒロノブ歌ったくらいで引かないでくれよ…

ともあれ、結婚はめでたいですね。
Posted by at 2008年06月25日 00:19
おかえりなさい、肉さん。更新、ずっと心待ちにしてました。関係ありませんが夏目ナナと俺は同じ高校出身です。Googleで検索してたら我が母校が廃校になって近隣の高校と合併したとの情報を得、少子化が確実に進んでいるのを実感しましたよ。
Posted by at 2008年06月25日 00:22
結婚式で
「日本ブレイク工業」
を絶唱したアグレッシブな肉欲氏のために
今日も呑みます
Posted by at 2008年06月25日 00:33
日本ブレイク工業てwwww

歌いきった肉さんに拍手!笑
Posted by at 2008年06月25日 00:37
見られたい!

ではなく、見られてしまうからそういう格好をしてるだけ。

誰もが外見やおしとやかな態度で判断しないんなら、
どこでだってブリブリこきますよ女は
Posted by at 2008年06月25日 01:19
警棒とかwww打神鞭っていうんだよ^^
Posted by サバトinファンネル at 2008年06月25日 01:39
ペイズリーて卑猥ですよね。わかります。
Posted by at 2008年06月25日 01:55
待て肉欲よ、早まるな。
パンツルックがいかに高尚なるものかまだ理解していないようだね。
Posted by ペコ太 at 2008年06月25日 02:04
そりゃその席で歌えば引かれるわwww
ブレイク工業てwwwwww
Posted by at 2008年06月25日 02:35
結婚式お疲れ様です。
てか隣り感とかパイズリ感とか……もはや服の話じゃねぇwww
Posted by at 2008年06月25日 04:01
やっぱこの人、いい声してるわ
何で歌手にならなかったんだろ
Posted by 奈々氏 at 2008年06月25日 05:52
女兄弟がいない人は、女性に夢みがちな傾向が強い気がします(>_<)
Posted by at 2008年06月25日 07:20
見られる場所ならどんなに着飾るのも楽しくって苦じゃない。逆に見せる相手がいない場所ではどれだけ汚くなれるかが勝負。
Posted by at 2008年06月25日 07:43
まぁ、名前にいみは無いです
えっと、食事はバイキングでしたか?
意味がわからなかったらすみません
Posted by ひらふや at 2008年06月25日 08:58
ブレイク>そんな席で歌える肉氏をアルイミ尊敬いたしますWW(^ー^)
Posted by いかちゃん at 2008年06月25日 10:35
結婚式のお客様がトイレから戻られた際に、超ミニのドレスの後ろの裾がパンツのゴムにはさまってたんですよね-。「お客様、お後ろが…」
言おうか迷ってやめました。笑
Posted by マノ at 2008年06月25日 12:41
妻によると、化粧したり着飾ったりするのは男に見せる為でなく、他の女性の視線が気になるからだそうです。
いまいち意味が分りませんが。
Posted by ヒゲ at 2008年06月25日 13:59
これで明日の結婚式の服装は決まりだね(・_-)―☆
ってか日本ブレイク工業
懐かし〜〜!!
Posted by ルカルカ at 2008年06月25日 14:01
肉さんは変わりませんねwww悪い意味で
Posted by at 2008年06月25日 15:31
横レス失礼します
>ヒゲさん
それすごくわかるかも!
女ってのは基本的に他の女に勝ちたいもの。「負けた」って思わせたいんですよね。
こーわい!
Posted by JD at 2008年06月25日 17:24
日本ブレイク工業www

さすが肉さん、俺たちにできないことをすんなりとやってのける!
そこにシビれる憧れるッ!!
Posted by 岩男 at 2008年06月25日 18:00
日本ブレイク工業とかww懐いな
よく替え歌とかあって結構聞いてたな・・・
あとみひろはガチ
Posted by at 2008年06月25日 18:49
>あの何か警棒みたいなヤツ

これで叩いてほしいんだろ?ああ?
Posted by at 2008年06月25日 21:42
>僕たちは次のステージに向かうのです。
なんで肉欲さんが女子チームに入ってるのかビタいち理解できません
Posted by at 2008年06月25日 21:44
肉欲さんともあろうお方が、パンツルックの良さも分からないとは。
就活性の分際で高飛車な女どもをみると、社会の厳しさってものを教えてやりたくなるというか、オスの闘争本能を刺激されますね。
まあ僕大学生ですけどね^^
Posted by at 2008年06月25日 23:58
「かっ、課長、海岸沿いに青姦しているカップルを発見しました」

「何っ!」

「どうしましょう」

「よし、赤外線カメラ装着!」


「だ、だめです。全く歯がたちません!」

「ではやむを得ん、肉欲棒太郎出動だ!」


『肉欲棒太郎出動!』
Posted by プップ at 2008年06月26日 00:56
結婚式の二次会、三次会だと
愛だの恋を歌うのが当たり前だと
されているのに、そんな中でも
肉欲さんはチャレンジャーですね。
でも、そんな肉欲さんが好きです。
Posted by スケッチ at 2008年06月26日 04:10
パンツスタイルでこそのリクルートスーツだろうが…!
Posted by さの at 2008年06月26日 11:52
最後の最後に電車の中で吹いたからチンポ舐めて
Posted by at 2008年06月26日 18:34
最後の最後で耐え切れずに吹いたwww

今度のラジオでは日本ブレイク工業の熱唱お願いしますwww
Posted by メジロ at 2008年06月26日 20:52
女性には多分大なり小なりお姫様願望があると思うのです。
結婚式で着飾るのは、新婦のお姫様性をアップさせるためでもあるし(舞踏会風??)、友達の門出を少しでも現実離れした感じに祝ってあげるってつもりで、きらびやかに演出するのです。一生に一度(予定)の事なんだから、少しでもキレイな思い出にしてあげたいでしょ。あとは前出の通り、周りの女性との兼ね合いです。

じゃないとやってられんわ、あんなしちめんどくさい金ばっかかかる格好。ご参考までに。
Posted by at 2008年06月27日 10:06
女性が着飾るのは社会的自己実現欲求の達成だと考えられます。
「女性は着飾るもの」というのが根底のマナーという位置に依存しているのと同時に
自分の中にコンプライアンスを求め、自己実現は非常に強く強調されます。
雑誌を買ったりかわいいような話をするのはそのせいです。
ですが僕はそんな女性が大好きです。
だから今月号のキャンキャンも買いました。

グラビアアイドルよりも専属モデルのほうが僕はスキです
Posted by あきら at 2008年07月19日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

メールフォーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。