肉欲企画。

twitterやってます。

2015年11月02日

日記

肉欲さんはこう言います。

「俺のことを忘れるなよ」

肉欲さんはこう言います。

「俺がいて、お前がいたんだ」

僕は精神を患っていました。病名はありませんが、自覚症状としてはあります。病院に行ったことはありません。しかし、何か、普通ではなかったと思うことは多々あります。そして肉欲という人格は生まれました。

肉欲さんはお酒を飲むと出てきます。
彼は粗暴で強く、純粋でわがままです。
頭がパーなのに、弁は立ちました。

彼は強気で、孤独で、享楽的でした。
楽しいことと美味しいものが、何より好きでした。
人に嫌われることを厭いませんでした。

僕は日々を曖昧に生きていました。
何もない日々を、何もないものとして、ただ生きていました。
そしてそれは、本当に無意味なものでした。

こんなものは仮のものだ。
今の自分は本当の僕ではない。

僕は昼から酒を飲むようになりました。
肉欲さんは、僕の大半を占めるようになりました。
いつだか僕は、僕の名前よりも肉欲の名前で呼ばれることの多くなりました。

今日起きたら、どんな酒を飲もうか。
肉欲さんは、何を言うだろうか。

僕は酒ばかりを飲んでいました。
なんせ、飲まないと肉欲さんは出てこないのだから。
酒を飲んだとき、初めて言葉も想いも、形にできるのだから。

そのうち、体にガタがきました。
何をせずとも脂汗をかき、心臓が早く脈打つ。
情緒は不安定になり、一日中うろんな状態で過ごす。

肉欲さんは、でも、そのたびに元気になりました。
水を得た魚のように言葉を紡ぎ続けました。
僕は翌朝、それを見て、絶望します。
こんなこと、書いた覚えもないのに。と。

それでも僕は、肉欲さんの書く言葉が好きでした。
僕は僕なりに、肉欲さんの一番の読者だったからです。

酒を飲まないと現れない肉欲さん。
僕の中にいて、それでも確実に僕ではない、肉欲さん。

最近、肉欲さんはもう、現れません。
僕は随分と長い間、肉欲さんに役割を投げていたように思います。
肉欲さんはきっと、遠くで笑っていることでしょう。

肉欲企画というブログを立ち上げて、11年になります。
そのとき、僕は肉欲さんで、肉欲さんは僕でした。
でもいつの日からか、それは違ってしまったのです。

僕は僕であり、肉欲さんは肉欲さんになってしまった。

メンヘラの戯言と笑ってくれて構いません。
僕にはもう、書く事が何もないのです。
酒を飲んでも肉欲さんは出てきません。
僕が読みたかった彼の文章は、今となっては。
どこからも生まれてこないのです。

僕は健康になりました。
離脱症状もなくなり、酒を飲んでも少しで済みます。
たくさん飲むときもありますが、毎日ではないです。
父親の後を継ぐため、来年には実家に帰ります。

でも、肉欲さんはもういません。
僕の中のどこを探しても、彼はもういません。

涙が止まらないのです。

さようなら、と。
さようならと言わなくてはならないのでしょう。
肉欲さんにさようなら、と。

肉欲企画はこれにて一度終わります。
また肉欲さんが戻ってくることがあれば、その時は。

どうぞ、よろしくお願いします。

肉欲 改め 望月拝
posted by 肉欲さん at 23:12 | Comment(108) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

メールフォーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。