肉欲企画。

twitterやってます。

2014年03月31日

日記

 
目が覚めて喉が渇いているんだけどそれが凄く不快なんだけどやっぱり身を起こす気にはなれなくて俺はスマホを開く。そこには何もない。俺は何もしていないからだ。当たり前のことだ。そして俺は何かを見る。何かを見ながら何も見ない。たぶんそうだ。そうとしか言えない。だって俺は起きてからのことを1日以上先から思い出せない。なんだってそうだ。そういうことがあったという認識しかできない。俺は頭が痛くなる。お腹が空く。ご飯を食べる。インターネットを見る。漫画を読む。眠くなる。眠くなるんだ。だって眠いんだ。何もしたくないんだよ。本当は何かしなくちゃいけないんだ。部屋はとっ散らかってる。税金だって払わなくちゃいけない。だけど眠たいんだ。それって仕方のないことだろう?俺は寝る。寝る、というか横になる。ちっとも眠気なんて訪れない。頭は曖昧としている。2時だ。もちろん昼だよ。眠たい。眼はギンギンとしている。眼窩がチカチカしている。ムカつく。人はなんで死ぬのか?余計なことばっかり考えやがってこのクソ頭は。さっさと寝ろ。あ、何か頭の方から勝手に言葉を話し始めた。いい符牒だ寝られる符牒だそのままでいけ「ギャース」隣のクソガキが叫びやがった寝られやしない。殺したい勿論、殺せない。嗚呼、寝たいなああああああああ

俺はスーパーにいた、買い物をしていた時間は午後4時だったバイトの時間は5時半だった、俺はカートを押していた目の前には同級生がいた、俺はたぶん、その時17歳だった、俺は彼女と眼が合った、俺は彼女から隠れたああああああ

起きたら17時だった。間に合うだろう、俺は居酒屋に向かった。もちろん普通に働いた。客はバカしかいなかったし従業員もアホ揃いだったし、30歳にもなって時給でしか働けない俺も、まあ、アホだと思った。俺はトリスを買って飲んで店長に対してバイトへの不満を愚痴ったが俺は当然自分もバイトであることを認識していた。矛盾を無視する術なんてとうについていたがそれを飲み下すには酒が必要だなんてのは誰にも共通だとは思わない。俺は家に帰る、やはり酒を持って。だからまた酒を飲む。

飲むことに意味はない。

飲んでいる俺に意味がある、それだけでしかない。
posted by 肉欲さん at 03:33 | Comment(10) | TrackBack(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

メールフォーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。