肉欲企画。

twitterやってます。

2005年08月31日

ever lasting lie

(本日の日記は下劣な表現をふんだんに盛り込む予定です。未成年の方、下世話な話が嫌いな方、および出家した尼さん、などは見ないようにブラウザの『戻る』を押したほうがいいかもよ!)








今街を歩いていたら『性病科』という看板を掲げた建物に若い男性の入っていくのが見えました。


ああいった場所に赴く方というのは、えーと、何て言えばいいのかな、両の脚の間におわします棒状の突起物、うん、そうだね、ビートルズに倣ってペニーレインとでも言いますか、まあペニーレインに何らかの異常を来たしたが為それを完治せむ、という並々ならぬ心意気で駆け込むのであろうと思います。


して、なぜに当該ペニーレインが異常を訴えたのかといえばそれはおそらく、まあ、なんでしょうね、営み、というか、夜伽、というか、まぐわい、とでも言えばいいのか、そうですね、ここは偉大なる大リーガーに倣ってマグワイヤ、とでも呼称しておきますか、まあつまりペニーレインがベットインした後にマグワイヤして、そのマグワイヤの際に相手方に何らかの疾患があったためにペニーレインは状態異常を訴える、ドラクエで言うとバブルスライムに攻撃を受けて毒をくらったような状態、に、なるというのが一般的です。つまりセックスのせいで性病になるとかそういう感じ?(もはや投げやり)


でも一概にはそうとは言えないことも有り得り、非マグワイヤであってもペニーがアウトブレイクする可能性は十分にあるわけで、単純にそのような機関に行った、という一点のみに着目して

「あっアイツは性病なんだ」

「最低」

「節操ない」

「もはや死ね」

「短小」

「早漏」

「バブルガムブラザーズ」


と言った誹謗中傷罵詈雑言を吐きつけるのはいささか早急、お買い物は阪急、と言うことになります。



なぜ僕が彼を擁護するのかと言えば、それは実体験に起因するからです。僕もかつて非マグワイヤでペニーの変調を持ったからです。


「セックスしてねえのに性病?どうせアクロバティックなオナニーでもしたんだろこの下衆野郎」


とか考えたアナタにはガッカリ。その想像力のなさに愕然。乙女パスタに感動。


とにかくですね、僕としてはひたすら健全に、健全オブザワールド、健全オブジョイトイみたいな生活を送っていたのに、唐突に僕のペニーは赤くなったことがありました。皮、いわゆるスキンが通常の3倍くらいになったことがありました。赤いヤツはやはり凄い。


慌てふためいた僕はとりあえず母親に対して


「オカン!ペニーがえらいことになってん」


と、まあ実際は関西弁ではありませんでしたけれども、訴えたのでした。


するとまあ母親は当意即妙に


「スコルバでもかけときーや」


と、今考えるとなぜか水虫の薬を差し出してきて、しかし僕も藁にもすがりたい気持ちだったのでオカンに深く感謝しておもむろにスコルバをペニーにスコルバしたんです。





まあなんて言うか…一般的に出産の痛みは『鼻にスイカを入れたような』痛み、などと形容されるようですが、僕がスコルバした時は、そうですね、アヌスにスペースシャトルを捩じ込まれたような快感、ではなく激痛、が走り、思わずHGよろしく


フォーーーーゥ!!


と叫んだものな。ぶっちゃけ涅槃が見えたよ。りゃ水虫の薬をペニーかけたらアカンわ。あきまへんわ。


エンデバーエンデバー野口さーん、と泣きながらスコルバを洗い落とし、これはもう駄目かも分からん…と思った僕はタウンページを繰って皮膚科泌尿器科性病科をロックオン。ものすごい勢いで駆け込んだ、という過去があったのですね。長くなりましたが。


その時は結局どこぞからかペニーに雑菌が入り込んだが為の疾患ということが判明し、いわゆる化膿のような状態だっただけなのですが、そのようなケースでも性病科に赴くことは十分に有り得るよ、ということを僕は言いたかった。ちなみに赤いヤツの痛みより何より、性病科の先生が100%おじいちゃんで、そんな老人にペニーをいいように弄ばれたという事実の方が遥かに辛かったよぶっちゃけ。


そういうわけでこの若い男性もそういった事情であるかもしれないことは多分に有り得る話…なのでしょうが、近付いてよく見るとこの男はオシャレヘアーで服装は軽薄、ピアスの穴から脳味噌をドルドルと垂れ流してしまったが如きアホな様相だったので、これはまあ、性病って断定してもええんちゃうかな。独断と偏見で。節操のない男だぜ。
posted by 肉欲さん at 18:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年08月19日

大地賛歌

学校に行かなければならなかったのですが、定期が切れていた為に僕が選んだ選択、それは陸路。いわゆる徒歩。電車であれば学校迄は片道190円。所要時間12分。歩く場合の所要時間、およそ一時間半。


「この人は相変わらずとんでもない馬鹿だな…!」


という声が聞こえてきそうですが、守銭奴たる僕は190円でも惜しいのです。惜しくてたまらないのです。だから歩く、アタシ。


それに歩けば運動不足の解消につながるし、季節の風情も感じられる。加えて190円のキャッシュフロー。考えればイイコトづくめ。

まあひ弱な現代人たる皆さんは、電車やら自動車やらローラースルーゴーゴーやらといった文明の利器を濫用したあげく虚弱死、哀れな末期を迎えるんでしょうけど、僕なんかはその点発想が違いますからね。歩き。健康的かつ経済的利益をもたらす方策を模索。ぶっちゃけ自分が天才であると確信したよ。


とまあそんなのは虚妄であって、この炎天下を一時間半も歩き詰めるなんてのは間違いなく暴挙、下手したら自殺志願者じゃねえの?って事実に開始二分で気付いた。なんだよこの暑さ…。空気読めよ…太陽さん…?!


このままでは死ぬ、と確信した僕はコンビニに駆け込み、飲料を確保した。これが現代を生き抜く術。人類の叡智。そう、これは生存戦争なのだ!(ウーロン茶1リットル208円)(208円)(208円)


燦々と降り注ぐ太陽の下をテクテクと歩く。


感じよう、大地の息吹を!
(一面な広がるアスファルトを凝視しながら)

受け止めよう、自然の風を!(バスに排気ガス吹き掛けられた)

季節の声に耳を傾けよう!
(セミ)(セミ)(セミ)





砕け散れ、地球。




もはや自我を繋ぎ止めるのはこのウーロン茶しかない。ウマウマと茶を飲みながら、錬獄のような大都会を、僕はフラフラになりながら進んだ。


しかしながら新宿御苑を超えた辺りで、頭痛、目まい、立ちくらみ、と死を告げるビッグ3が揃い踏みし、これはいよいよダメかも分からんね、そろそろ電車に乗った方がいいかも知れんね、と思って財布を開いたところ百円しか、100%百円しかないの。この時僕は思ったね。これは死ぬ、と…。アナルセックスも経験せずに死ぬ、と…。


まあアナルはどうでもよろしいんですが、本格的に頭痛が痛くなってきて、流石にやばいぜ、僕が死んだら誰か泣くのかな、パトラッシュ、パトラッシュ、と心まで弱くなってきた。


するとそこにスーパーマーケットがドパーンと現れたので、天の助けとはこのことだぜ…!とばかりに入店。


す、涼しい…!クーラーがこんなに涼しいなんて…!クーラーってすごい…。うち、クーラーに操を捧げてもええよ…?


とかってクーラーを賛美しながらスーパーをグルグルと回って、ナスとか大根とかゴーヤとかを見回りながら、「まあっ…。この卑猥なベジタブル族が。恥を知りなさい」と毒づきながら、僕はスーパーを後にした。


それでまあ後は大過もなく大学に着いたのですが、お目当てにしていたパソコンルームは盆休みだか育児休暇だかで100%閉鎖してた。やっぱり砕け散れ、地球。


仕方ないので電車に乗って家に帰り、リーサルウェポンの漫画喫茶を発動させようとしたらこれまた盆休みだかぼんちおさむだかで100%閉鎖。僕以外皆死ねばいいのに。

posted by 肉欲さん at 01:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年08月16日

日記とか書けるかクソが

愛した女が祖母だった―――



「咥えろ」


冷たい声で言い放った富市は、サキコの髪をグッと掴んだ。




…という書き出しから始まる歴史的官能小説「アタシはタワシ〜最後のDV〜」を遂に脱稿、さあミクシにモリモリアップしよう、と思ったのですが寸でのところで思い止まった。危ないところだった…あと一歩で僕の性格、素姓、果ては性癖、あるいは性向、かつ性感帯、ひいては寿命などが白日の下に晒されるところでした。


しかしなぜ僕がそんな奇天烈な小説を発表しようかと思ったのか、それは日々の生活の貧困によるものです。やはりこのブログ、本来であれば日記を書く場所であるところじゃあ日記って何?ねえ日記って何なの?


「いや…日々の出来事を記すみたいな」


それをちゃんと言える?ねえ、それが本当ならアタシの目を見て喋ってよ?!喋れないんじゃないの?!なによこの意気地なし…!!早漏…!!



…というやり取りの末、杉田かおる夫妻は離婚に至った話はとみに有名です。それだけ日記を書くという行為は難しい。


というのもですね、まあ僕は本日、美容院に行ったわけなのですが、聞きたい?そんな話。


「マジ今日は美容院でさぁ、いきなり洗髪、いわゆるシャンプー?みたいなことされて、かと思ったら鋭利な刃物、いわゆるハサミ?英語でシザー、で髪という名のヘアーを、こう、チョキチョキと」


もう、身の毛もよだつつまらなさ。で、あれか。最後は写真をプリッとアップして

「こんなんなりました☆」

とかもうね、それはもうね、噴飯ものですよ。誰が男のビフォーアフターを見たいものかよ。


そうなるとやっぱ、エロ小説書くしかないじゃない。ねえ?分かるよねこのロジカルな展開。


あっ、でもあれかもしれんね。「明日は〜します!」みたいな日記を書いて、翌日に答合わせ的に日記を書くみたいな試みはいけるかもしれんね。これは画期的。コロンブスの卵的発想。



8月17日 水曜日



朝七時起床。清々しい朝。小鳥が鳴いている。

おはようジョン(セントバーナード7歳)。ハハ舐めちゃダメだよ。くすぐったいから。


よし、散歩に行こうジョン!海まで競争だ!タッタッタッ…ってどわー!何これ!油田じゃん!ゲヘゲヘヘ!これで富豪でんなぁジョンはん!よしゃ!ウチ帰ってこれからの傾向と対策をたてまひょ!


キキーッ!ドンッ!


ジョン!ジョーーン!!


(ジョン逝去)


こうなったら…裁判だ…!


こうして僕の訴訟は、始まった。





さあ、明日が楽しみだ。油田カモン。
posted by 肉欲さん at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年08月14日

僕の人生こんなもん

最近はペネロペとランチしたり宝石アドバイザーとして有閑マダムと交流したり菅野美穂とオイルプレイを嗜んだり、と、何かと多忙な生活を送っていたが為少々更新が滞ってしまいました。

決して面倒であったとか漫画喫茶に入り浸っていたとか酒に浸っていたとか自慰行為に邁進していたとかそういう訳ではないことはご理解いただきたいものですね!


そういえば今日は東京湾花火大会だとかいうナウいイベントがズドンと催されておりました。


通常の僕であれば


『花火なんて関係ねえんだよクソども。花火なんかに踊らされる輩は一刻を争って死ね死ねさあ死ね!!アナフィラキーショックで死ねよ!!ムガール!!』


と、死因まで指定した呪詛を撒き散らす日記を更新しているところなのですが、本日はそのような慣習、定型、言わばマンネリズム、を打破したい、そのように俺、本気で決意。


長くなりましたがまあ、つまりは、東京湾花火大会に…行った…というか…ええと…電車に乗ってたら…いつの間にか東京湾にいた…というか…ええと…先方の提案に対しては…前向きに善処したり…鋭意検討の上…クールビズして…ああ…ああ……。



はいはーい、行きましたー、自分ー、東京湾花火大会にー、行きましたー。行きましたー行きましたー、ワクワクしながら行きましたー。



はい!ということでして、この夏初めての夏らしいイベント、


『夏だ!祭りだ!チキ☆チキ♪東京湾花火大会★』


が行われました!(僕の中で!)


ということで本日は早くから起床し、釣りバカ日誌を観賞したりハンドルネーム占いをしたりうどんを茹でたりトイレに行ったりと、来るべき花火大会に向けての準備に余念がありませんでしたぶっちゃけ。多分日本一ストイックだったんちゃうかな。


それでまあ、ふんふん言いながら月島に着いたんですが、何ていうんですかね、多いから歩きにくいんですよね。ペア、というかつがい、いや男女?というか…カッ…プル…という名のサノバビッチどもが多くてよー!死ねよ!こんなとこでチンタラ歩いてねえでセックスしてろよ!どうせこの後もすんなら前倒しで!こんなとこにいないで!頼むよ!


と、月島の中心で声にならない叫びを上げたところで僕はあまりにも無力だった。カップルは帰らない。無批判に会場に向かっていく。


馬鹿な…!お前ら花火見たあとまた花火かよ…!贅沢すぎんぞコラ…?!このブルジョワジーども…!


だなんて目付きを、隣りのおじさん(推定30歳、秋葉原、童貞)がしておりました。怖い世の中です。


とりあえず僕は缶ビールを四本とからあげ君だなんて添加物マキシムなつまみを購入して会場にインしました。


そそくさとビールを飲み、さあこい、やれこい、花火こい、と、暮れなずむ空を睨んでいたところ、きた!

きた!

きた!



雨がきた!(雷と共に!)





帰った(花火見ないで)



もんじゃ食べた(月島だし)



雨やんでた(もんじゃ屋出たら)




僕の人生は大体こんなもん。付き添ってくれた友人と、少し、泣いた。




○ 花火 ― 僕ら ×
posted by 肉欲さん at 00:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年08月07日

巡り会い宇宙

先月の七日に


「今日は七夕じゃのう…」


と、日本刀を握り締めて空を見上げていたら友人に


「ア?!七夕は来月だしこの蛆虫野郎。だからお前はオリモノ以下なんだよ」


と非常に心温まる言葉を賜った記憶があります。


なぜ日本刀を握り締めていたか、と言いますとそれはもちろん織り姫と肉彦、じゃなくてオマ彦、ではなくて彦☆星を殺す為…。


なぜ僕がこうも奴等を憎むのか?その疑問を解く答…それは、ある日僕が魔法の白い粉(いわゆる覚醒剤)をブリバリにキメていた時のこと。


それはとても寒い日でした。僕は地下街の片隅で、震えながらでも恍惚とした表情で覚醒剤がもたらす快楽にひたっていました。

するとどこからともかく声が…声が聞こえたのです。



「ちょっと彦ちゃん、また下界の愚民たちがお願いしてるんですけど(笑)マジウケる(笑)」(ギシギシ)


「あいつらも懲りねえよな(笑)叶うわけねえのに(爆)あ、やっべ出そう!短冊取って!」(ギシギシ!!)


「あいよー」(ヌプリ)


「あ、イク…」(ドピュリ)



という声がね!

その時僕は確信しました。奴等肉彦とヤリマンにとっちゃあ所詮


短冊=ティッシュ


でしかないのだ、と…。



それから僕は必死に勉強した。頑張って、NASAに入って、今こうして宇宙にいる。奴等を殺す為にね…母さん、見ててね…奴等を…きっと殺して見せるよ…!!






中野アナ「…以上宇宙から野口さんのメッセージでした!」


軽部「同じ日本人として頑張って欲しいですね」


大塚「次です。『菊間アナ、名前を菊門に変えて再出発!』」
posted by 肉欲さん at 11:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 妄想 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年08月03日

オッスオラ紀宮!

やあ皆さんどうも久しぶり!肉欲オパンポン太郎だよー!なんだか本当に久しぶりだねー。そういえばここを更新するのはいつぶりかな?え?なに?約二か月ぶりだってー??!!ワーオ!!ロングタイム?ノー?シー!!!!



外人のノリになって逃げ切ろうと思ったんですがどうにも無理でした。すみません。とにかくお久し振りです。

なぜ突如更新するのか…それは話すと長くなります…でも敢えて言うなら新しい携帯がインターネットし放題だからかな。(21文字)



そういう訳で皆さん、夏、夏ですよ。夏、いわゆるサマー。蝉が狂い鳴くサマー。花火が乱れ飛ぶサマー。オパンポンがジュンジュンに濡れるサマー。ペニスが猛り狂うサマー。夏は色んな側面を持ちます。僕が初めてキャバクラに行ったのも高二の夏でした。


ま、僕がオッパイパブに行った話はどうでもええんですが、夏はやはりアクティブに動かないとあきまへんのや。


そこで思い出したのが、そう、忌まわしき獣姦レビュー。あの、脳ミソが腐りきったとしか思えない狂った企画ですが、今考えるとあの時の僕はワクワクしていた。言葉にならないときめきみたいなのを感じていた。


そう!夏と言えばワクワク、心弾むときめきが大事なのです。




そういう訳でこの夏、僕はポルノ映画を見に行こうと思います。もちろん佐野くんと。



楽しみです。ワクワクしてきました。ちなみに参加者は割と真剣に募ってます。


じゃ、皆さんよい夏を!海とか行ってるカップルは太陽に焼け焦げて速やかに死ぬといいよ!音楽
posted by 肉欲さん at 09:10 | Comment(10) | TrackBack(4) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

メールフォーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。